SUWAblog

Since2006/3/10

「親愛なるスパイダーマン」スパイダーマン ホームカミング4

初代映画版から大好きなスパイダーマンが帰ってきました。
アベンジャーズと関わる今作どうなるか、
楽しみに待っていました。



1.新しいところ、スパイダーマンらしいところ
「これまでとは違う新しいスパイダーマン」
というところと、
「これぞスパイダーマン」というところが、
絶妙にバランスよく取られてました。

今までとは違う始まり方、新しい登場人物、
スパイダーマンの能力などなど、
新鮮に楽しめるところはさまざまでした。
笑える楽しいシーンがたくさんあり、
今までのスパイダーマンの中で一番明るい作品だと思います。
個人的には前までのピーターパーカーの性格は暗くて、
スーツを着て陽気になる様に違和感ありました。
今回のピーターパーカーは陽気で明るく、
スパイダーマンになっても言動に違和感がなくてピッタリでした。

新しい一面を見せつつも、
これぞスパイダーマンだと思わせるところはちゃんと描かれています。
あまり詳しくは書けませんが、
ピーターがヒーローとして人間として成長していく様、
正体を隠しながら学業や私生活と両立させていく様など、
これぞスパイダーマンです。
逆に初代映画版スパイダーマンが凄かったんだなって思わせてくれます。



2.まとめ
とても楽しい映画でした。
今まで暗くてシリアスだったスパイダーマンとは違います。
しかし初代スパイダーマンを彷彿とさせる面白さが詰まっており、
とてもバランスよくて凄いです。
アベンジャーズ絡みで新しく新鮮な要素もあって、
今までのシリーズを見てた人も退屈しません。
「アベンジャーズ色に上手に染まってみたけど、
 全て染まり切っていないスパイダーマンらしい映画」でした。
従来からのスパイダーマンファン、アベンジャーズファン、
誰でも楽しめる完成度の高い映画だと思いました。

「俺がこの町を守りますよ」ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章3

実写化映画多すぎぃ!銀魂、東京喰種、そしてジョジョ。
もうお腹いっぱいです。次は普通の映画を観たい笑。

ちなみにジョジョは第一部から今回原作となった第四部の途中までを、
アニメで見てました。それを踏まえた感想を書きます。


1.キャスト、演技
キャストの演技に関してはみんな良かったと思います。
登場人物になりきってただけでなく、
ただ単純に演技が上手いと思いました。
伊勢谷友介だけ老けすぎじゃないかと思いますが・・・。


2.舞台、世界観
舞台となる町をスペインで撮影。
これには最初疑問でしたが、原作に登場する街並みにピッタリでした。
そのスペインの町の標識や文字も日本語に変更、
日本人たちを使って大掛かりに撮影されてます。
それだけでもなんかすごい笑。お金かかってるなぁって思います。
また部屋の様式や廃洋館の中など、セットもかなり凝っています。
これだけのものを日本映画として見れるのは珍しいので、
良いものが見れたなって思います。


3.映像、CG
形ある超能力として紹介されている「スタンド」のCG、
これもまた綺麗に再現されています。
もやのかかった演出も、個人的には良かったと思います。
また戦闘シーンもスピーディで迫力がありました。
実写化において一番心配されるところも、今回は大丈夫でした。


4.物語
まず、この原作の物語としての脚本は、
かなり綺麗にまとまっていたと思います。
それだけでなく今後の展開を予感させる場面が、
かなり散りばめられてて
「ここにここの伏線を入れるのかぁ!」なんて
原作を知っているものとしてはドキっとしました。

ただ、ジョジョという作品は複数の部で構成されているものであり、
物語を楽しむには前回の部まで知っている必要があります。
この映画はその繋がりがある程度切られて描かれており、
説明がないと「なんじゃこりゃ」と思うシーンがいくつかあります。
原作を知らない人が見るとどう思うんでしょうかね。
気になるところです。


5.人間ドラマ
一番意外に良いと思っていたのはここです。
アニメで見た限りですが、ジョジョという作品は娯楽作品です。
主人公が知恵と勇気で困難を乗り越え、
強敵を倒すところが醍醐味で、人間ドラマにグッとくる!
なんてことはそんなにないものだと感じてました。
ただ今回はそこへ焦点をあて、
とてもハートフルなドラマとして描かれています。
家族の絆について感じさせてくれる物語構成になっていて、
アニメ版以上に心に響くものがありました。
かなり意外だったのでここにやられてしまいました笑。


6.まとめ
ジョジョという作品を実写化する上での、
舞台、映像、物語構成はバッチリでした。
とても考えて映画が作られているように感じました。
ただ個人的に言わせてほしいのは、ちょっとシリアスです。
もっとジョジョらしい、
ポップでユーモラスな世界観のものが見たかったなと思いました。続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: