SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

今回はたくさんありますよ!



1.仕事
自部門が好調な月でした。自分が頑張ったというより、
会社の戦略が上手くったというところですかね。
これから準備で忙しくなるので、
計画的に効率よく進めていきたいです。

転職については考えていますが、
具体的に職探しはしていないというところです。
そもそも自分は何がしたいの?というところから
考え直してみないといけないところです。



2.プライベート・趣味
やりたいことは今年中に全てやる。
そう決めていましたので、
今まで行ってみたかった同人誌即売会へ行ってきました。
歌姫庭園という即売会で、アイドルマスターに関する同人誌を求め、
東京ビッグサイトへ行ってきました。
DSC_0426
感想はというと、暑い!人がめっちゃおる!
中は冷房効いてないし飲み物もないし!
まぁそれはそれとして、同人誌即売会のリアルが見れて面白かったです。
人気がある人には長蛇の列ができてるし、
閑散としているところも少なくはありませんでした。
販売職に勤めている自分としては
「もっとこうしたらいいんじゃないか」
とかレイアウトについて色々考えてみてました笑。
Twitterで見かける人、好きなキャラを描いてる人のものを買い、
10冊買いました。約5000円です。うへぇ。
家に帰って読んだのですが、
それぞれの「好き」がギュッと詰まっていて愛おしく思えてきました。
いつかああいう場で自分も同人誌作って出してみたいものです。

まだ終わらない。帰りにお台場へ行ってきました。
東京には何度か訪れたことがありましたが、
お台場へは遠くて行けないことが多かったので、
今回ふらっとよってみました。
ちなみにお台場は品川よりにあるの知らなくて、
現地から結構近くて驚きました。一口で東京と言っても広い。
で!等身大ユニコーンガンダムが見れるのってお台場じゃね?
ということに気づき寄りました。駅に着くまでは知りませんでした。
DSC_0444DSC_0445
DSC_0446DSC_0449

そしてこの等身大ユニコーンがあるのはダイバーシティ東京。
その中にあるガンプラショップガンダムベースの様子。
DSC_0441
DSC_0440
DSC_0430
DSC_0439
DSC_0434DSC_0435
DSC_0438DSC_0431
これが入場料無料で撮影OKとかサービスしすぎでしょ。
知らずに寄ったところなのに、とてもいいものが見れました。

まだ終わらない。お台場に行っていない。行って来た写真も載せました。
DSC_0456
DSC_0458
DSC_0460DSC_0454

景色が良い。一人旅ってのは良いもんですなぁ。
今回の旅行でやりたいことが同時に3つ4つ消化できました。
初めての同人誌即売会もドキドキしましたが、行って良かったです。
やってみたいと思ったことは勇気を出してやってるもんです。
次はまた福岡にでも帰ろうかな。では今月はこの辺で。

3
平日なのに劇場の人は多かったように見せました。
おばさんも結構いて驚きました。


1.キャスト
主演、佐藤健、綾野剛。
二人の身体能力がなければできなかった、
驚異的なアクションの数々でした。
特に綾野剛のキャラが強烈です。
ヒール役をやらせればピカイチですね。
しゃべり方が堤真一みたいで面白かったです笑。


2.アクション、CG
るろうに剣心のアクションスタッフが結集したということで、
凄まじいアクションの連続でした。
キレッキレのガンアクションが凄いのもそうですが、
亜人の設定を生かした独特の戦い方が面白い。
不死身を相手にどうやって戦うのか、
考えられたリアルな戦い方に惹きつけられました。

また亜人を表すCGも良い。
激しい実写のアクションシーンの中にキャラクターが溶け込み、
演者とぶつかり合いながら戦っているのです。
CGのみのシーンはカメラワークが自由に動きながら行われ、
それが実写シーンと境目のわからないくらいに繋がっています。
スタッフの技術の賜物です。


3.物語、人間ドラマ
逆にアクションだけの映画になってしまったと個人的には思いました。
深い人間ドラマをもたらすテーマを持った話なだけに、
心理描写や訴えかけるシーンが少なかったように感じました。
別にアクションだけ楽しめればいいじゃんってなら問題ないのですが、
折角のいい話なのにもったいない気がしました。
あと色々と突っ込みどころがあるところですが、
気にしちゃいけないところです。


4.まとめ
激しくも衝撃的で新しいアクション大作でした。
アクションが見たい人はかなりオススメ。
アクションだけでなくもっと物語的に楽しみたい人は、
そんなにオススメできない感じです。
あと綾野剛のヒールっぷりは最高でした。

↑このページのトップヘ