SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

2018年7月20日までのまとめ

お久しぶりです。
おそらくリア友さえも見てくれてないとは思いますが、
自分の記録として残しておきます。
振り返るときにブログって物凄く便利なのよね。


1.仕事
部門が変わりました。
今の部門が飽きたというか、面白くなくなってしまったので、
部門の変更を願い出たらあっさり通ってしまいました。
正直部門が変わっても大変なものは大変です。
覚えることは山ほどあるし、でも全て教えてくれるわけではない。
てか全然教えてくれない笑。
全て現場で行き当たりばったりで、経験しながら覚えているような日々です。


2.転職活動
はい!転職活動してます!
6年間今のところで働いてて、29歳。転職活動ラストチャンスの歳です。
いつまで11時間労働、連休なしの生活をするのか。
行きたいイベントにも行けない、旅行にも行けない。
そして絵をもっと描きたいし、習いに行きたい。
ゆくゆくはイラストレイターになりたい。
そんな思いが芽生えて7月から転職活動してます。

転職エージェント2社、転職サイト1社で転職活動をしてて、
新卒の時とは違う活動に驚きました。
転職エージェントが、要望や適性に合わせて転職先を紹介してくれたり、
面接や退職交渉までいろいろアドバイスをくれるのです。
特に良いのがリクナビエージェント。とても親切で適切で助けられてます。
今2社面談を行い、1社面接をしました。面談した会社は1社お断りして、
1社は入社時期の返事をしないといけないです。
面接した1社は返事待ちです。

目指すはもちろん土日と連休が取れるホワイト企業!
祝日休みも欲しいけど、なかなかないです。
アフターファイブはお絵描き!
デッサン教室や講座を受けようとも考えてます。
市外県外も考えており、一人暮らしすることも考えてます。

今月7月の予定は土日以外転職活動で埋まっており、
お絵描きも遊ぶ暇もなく過ごしてます。早く決まるといいな〜。


3.趣味
お絵描きができてません。同人誌を出そうと思ってたのですが、
転職次第では厳しいかもしれません。まっこと残念が。

ランニング始めました。でも4回ぐらいしか走ってません。
だってこの猛暑だもの。昼間走ってたら死んじゃうよ。


4.まとめ
新しいことがたくさん。大変なことがたくさん。
息を抜きながら頑張ろうと思います。

実写映画BLEACHの感想(ネタばれ含む)3

超久々に映画レビュー書きます。
まずはネタバレ関係なしに率直な感想を言います。
ちなみに僕はBLEACH大好き人間です。
漫画全部持ってましたしアニメや劇場版も全部観ました。


1.アクション
アクションの迫力はすごいです。特にグランドフィッシャーとの対決は見所。
住宅地や市街地などの日常の風景の中、
巨大な悪霊と侍姿のヒーローが戦うのはとても臨場感がありました。
建物や車を破壊したり、縦横無尽に飛び回って戦うなど、
スケール感もアクションも本格的。素直にすごいと思いました。
CGだけでなく、剣劇アクションもたっぷりあるので、
アクションが好きな人はたまらないでしょう。


2.キャスト
福士蒼汰、杉咲花が役にハマってました。
特に一護=福士蒼汰が良かったです。ホントぴったりでした。
杉咲花も原作とはルックスが違いますが、
そこは演技でカバーしたなと思います。
早乙女太一の恋次は凄まじい暴れん坊っぷりでしたし、
吉沢亮の石田はツンデレだし、
MIYAVIの白哉はちょっと優しかったです。
個人的には江口洋介の黒崎一心がいい味出してました。
それと一部のキャストでルックスが原作と違う点については、
別に気にならなかったです。
正直そこが気になる人は観に行かない方が良いと思います。


3.物語
原作とは一部異なります。
ですが個人的には原作の設定を活かしながら、
上手にまとめたなと思いました。
なるほど、そういう解釈もあるのねっと。
ただやはり違うのが気に食わない人は観ない方が良いです。
そこが楽しめるかどうかはホント個人個人だと思います。
あと、多少の突っ込見所はあります。


4.コメディ
BLEACHの見所はアクションや人間ドラマだけではなく、
コメディ部分もその一つです。
ここもちゃんとツボを抑えており、
上手にコミカルな部分を大切にしていました。
個人的にはここが一番好感を持てた部分で、
原作を大事にしてるんだなと思えたところでうれしかったです。


5.人間ドラマ
ここもBLEACHの重要な部分であります。
今回は原作のテイストに加え、
死神と人間の絆についてより深く描かれています。
その設定がより人間ドラマを深く盛り上げたところなのかなと思いました。


6.まとめ
漫画の実写版としては、良かったと思います。
原作のイメージを大事にしながら、
とても上手に物語をまとめていたと思いました。
ただやはり物語やキャラのルックスなど、
原作とは異なる部分が気になってしまう人は、
どうしてもダメに感じてしまう映画だとは思いました。
僕としては全然ありなのですが、
それがプラス要素になるのかと聞かれれば、微妙かもしれません。
細かいところを抜きにして、映画版なら映画版として、
割り切って見れればBLEACHの面白さを楽しめると思いました。続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ