SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

3
最初この映画が始まった時、
「最近Fateってのが流行ってるぽいから観に行ってみようかな」
って思いました。しかし今作のレビューを見てみると、
テレビアニメを見ていないと話についてこれないという意見が、
かなりありました。

今回はFate/stay nightというシリーズをにわか知識で紹介しながら
感想を書きたいと思っています。
全く知らない人の手助けになればと思います。
間違ってたらコメントで突っ込んでください。



1.Fate/stay nightに関して
Fate/stay nightは原作がゲームです。そして条件を満たすと、
今までとは違う別の展開の物語を進められるようになります。
物語の初めは一緒でも、ゲームの進め方によって物語の展開が分かれ、
違った結末を辿ることになります。
何度もプレイして条件を探しださなければ、辿り着けない物語もあるようです。
ゲームには主に「Fate」「Unlimited Blade Works」「Heven's Feel」
の物語があり、今回映像化されたのは3つ目「Heven's Feel」です。


この作品は何かの続編というわけではありません。
最初から物語は始まります。ですが詳しい用語や解説は省いてあります。
それは前作テレビアニメの「Fate」や
「Unlimited Blade Works」と重複する部分があるからです。
前の物語をクリアしていなければ次の新しい物語にはたどり着けないように、
この「Heven's Feel」もまた、前の物語「Fate」や
「Unlimited Blade Works」を見ないと楽しめないものとなっているのです。

そもそも1つの話を見ただけでは、
Fate/stay nightという世界観全てを把握することはできません。
「これはどういうことなんだろう」という疑問が生まれ、
その疑問は別の物語を見ることで判明するという作りになっているのです。
今回の「Heven's Feel」でも、
前作では描かれなかった真実が明らかになるということが見所でもあります。

ちなみに僕はテレビアニメ「Unlimited Blade Works」を見てから今作を観ました。
先ほど書いた通り多少理解が難しかったり疑問点は残りますが、
初めて観る人でも楽しめる作品作りになっているので、初めての人にはお薦めです。



2.劇場版としての見所
こっからが感想です。まずは映像美やアクションシーン。
とても細やかで美しい背景にはうっとりです。
前作UBWの時もそうですが、
時には実写を超えるような映像美は凄いですね。
アクションシーンでは縦横無尽にキャラクターが動き回り、
音響と大画面もあって大迫力のシーンとなっています。
見るなら是非劇場で。
そして劇場版でしかできなかった表現が、数々上げられています。
テレビアニメでは遠慮してできなかった表現を、
今作は遠慮なく描かれていてよりディープとなっています。
物語としての見所もありますが、
スケール感や世界観までより深く楽しめる作品になっていました。
色んなことが盛りだくさんでついていくのが少し大変でしたが、
とにかく早く続きが観たいです。続きを読む

3
シリーズ最終章。だよね確か。


ずばり「猿の惑星に続く物語」として観ると結構期待外れで、
「シーザーを主人公にした物語の最終章」としてみると、
満足して観れるものだと思います。

「そして猿の惑星になる」というキャッチコピーから、
「どんなふうにして猿の惑星になるのだろう」と
思って観てたら、そこを重視してるわけではなかったので、
変な期待を持ってガッタリした感じです。

物語としては「猿とは」「人間とは」「戦争とは」「平和とは」
みたいなテーマの総括で、考えさせられる場面がかなりありました。
大事なことは何なのかを、考えさせ諭される映画であったと思います。
ただ「猿の惑星シリーズ」自体としての物語的見所は、
そんなになかったように思えます。
数あるエピソードの1つみたいな感覚でした。

ということで物語的な過度な期待をせず、
シーザーと共に物語の世界へどっぷりハマって観ることをお薦めします。

↑このページのトップヘ