SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

3
クリストファー・ノーラン監督ということで、
期待して観に行きました。
観に来ているのがおじ様おば様が多くて驚きました。


1.映像
主人公たちの目線で描かれており、
姿かたちも現さない突然現れる敵に襲撃されながらも、
生き延びるというのが映画の全般です。
その映し出されない敵に怯え、
襲撃に耐えるというのがとても臨場感があります。
空撮での突き抜けるような映像回し、
海の上でのリアルな艦隊と襲撃シーン。
何よりどこからがCGで実写かわからない映像で、
「え?何これ全部本物!?」っと思うほどでした。
兵隊の数や船、海上でのシーンはホントお金かかってます。


2.物語・演出
細かいセリフはほとんどなし。
ただ主人公たちが行動していく様が描かれています。
逆を言えば説明も何もなく次々と展開していくので、
「え?何々?」と取り残されてしまう感はあります。
それもリアリティというのでしょうかね。
それと不安と緊張を煽る演出がこれでもかと盛り込まれ、
これにハマるとずーっとドキドキするということになります。
ただちょっと引いて見てしまうと、
騒がしいシーンの連続でクドいと感じます。
そうなるかどうかはホント観る人次第だと思いました。
あと音楽による盛り上げ方が強かったです。


3.まとめ
非常に臨場感と緊迫感の出ている映画なのですが、
それだけの映画とも言えちゃうので観る人を選びそうです。
この映画を通じでメッセージ性的なものを感じるところはありますが、
物語とかドラマを求めている人の期待には沿えそうにないかも。
僕はもう途中から引いて見てしまって
「クドいな。」なんて思ってました。
ドキドキするのが好きな人にはお薦めです。

やっぱり日記書かないともやもやする。


1.仕事
仕事辞めようと考えた7月でしたが、
8月はちょっと思いとどまる出来事がいくつかありました。
周りが自分に対してどう思ってくれてるのかとか、
今後の働き方について話し合う機会があったりとかがあり、
自分にとっては色々考える材料になったと思いました。
今後どうしたいかじっくり考えたいと思います。



2.プライベート
友達とBBQに行きました。
川で泳いだりして夏らしいことができて良かったです。
誘われる機会が増えてきて、なんだろうこの感じ。
そしてちょっと別のいい話も舞い込んだりして、
良い出来事が向こうから舞い込んでいます。
これも断捨離のお陰?(また言ってる)
今までの足踏み状態だったプライベート面が、
動き出しています。良い波に乗りたいですね。



3.趣味
デレマスに凄い課金してしまった・・・。
お陰で欲しいキャラが手に入ったのですが、
なんでしょうこの「やってしまった感」。
禁酒したのに破っちゃったみたいな、
オナ禁してたのに破っちゃったこの感じ。

デレマス関連で個人で行われる面白そうなイベントがあり、
それに参加することとなりました。
この手のイベントに飛び込むのは初めてです。
こういうのって、ルールや暗黙の了解を破ると怖そう・・・。
なんて思いますが、楽しみたいと思います。

Twitterでお絵かきさんをフォローしてて、
その方の出している同人誌が気になっていたので、
それが売ってるお店へ足を運び、買ってきました。
自分もいつか出版したいとか、願望程度で思ってるので、
とても参考になりました。ホントに出すかはわからんよ?



4.まとめ
今年は「流れが変わった」と思える年ですね。
新しいことが次々起こって楽しみな日々です。
あまり深く考えることなく、
これからも心の声に従って行動していきたいと思います。

↑このページのトップヘ