SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

5
公開当時観に行こうか迷ってて観に行かなかった映画でした。


1.キャスト
福士蒼汰、小松菜奈主演。
小松菜奈こんなに可愛いかったっけ?
役のせいかな?演技も上手だし見直しました。
福士蒼汰は福士蒼汰でした。ある意味安定感があります。


2.物語
胸キュンの青春ラブストーリーが展開されながらも、
タイトルと序盤の話からして「これってこういうことだよな」
っと伏線に気が付きながら前半が過ぎ、
後半以降から明かさられる真実。
個人的には薄々わかっていたけど、
詳しくわかると「へぇ〜なるほど!」っと驚きがあったり。
でもこの今までにないような設定が、
凄く切なく泣ける物語になっていました。
わかっていても泣けるってのかな?ずるいです。


3.人間ドラマ
恋愛はどうするものか、デートはどうするものか。
そういうところから、この物語の発想が得られたのかなって思いました。
非現実的ながらも、どこか普通の恋愛ものにも感じられる物語でした。


4.まとめ
青春胸キュンなところで心を持っていかれ、
物語に引き寄せられ、ボロっと泣かせてくる映画でした。
映画として「ココは良くない、ココはダメだ」とか、
難癖をつける暇もなく気が付けば映画が終わっていました笑。
それほど完成度の高い映画だったんだと思います。
恋愛ものや青春ファンタジーが好きな人にはとてもお薦めです。
あと個人的には写真のようは淡い映像美が良かったです。

4
原作コミックが好きで単行本を読んでいます。


1.キャスト、演技
主人公の容姿の変わり方が上手でした。
髪型と眼鏡、服装でこんだけ変わるんだなぁと感心しました。
ヒロイン日代を演じた平祐奈の演技が凄くよかったです。
漫画以上に日代さんらしかったと思います。


2.物語
原作コミック、アニメ化がされた作品の実写化は、
風当たりの強い傾向にあります。
ですが今回はとても上手に出来上がってたと思います。
前半は比較的原作を忠実に守った展開をおこなれますが、
段々オリジナルが増えてきます。
原作にあった展開を上手に散りばめながら、
オリジナル展開に持っていくわけです。

ぶっちゃけオリジナル展開は不安要素たっぷりですが、
原作ではまだ描かれていない先の話を映画版は描いています。
ReLIFEの完結を見れるという点では見応えがありました。
世界観を崩さず、テーマや原作の良さを汲み取りながら、
上手にラストまで描かれてました。
個人的には実写版成功作だと思います。
やはり前半を原作に忠実に守ったのが大きかったんでしょうねぇ。


3.人間ドラマ
原作では様々なテーマが描かれており、
大人になった自分としては共感できる場面も多かったです。
今回はある程度絞りながらも、
原作の核となるテーマを中心に描き切っております。
大人も学生も楽しめる、心響くものになっていました。


4.まとめ
オリジナル展開が多くも実写版成功作と感じさせられる、
珍しい作品でした。
この映画を通じて実写化について考えてもらいたところです笑。
映画単体だけ見ても完成度高いと思います。
とても楽しい爽やかな青春映画です。

↑このページのトップヘ