SUWAblog

Since2006/3/10

「君には失望したよ」ローガン4

ヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリン。
てことは後から他の誰かがウルヴァリンをやる可能性あるってこと?
そもそもまだX-MENシリーズは続くの?


1.キャスト、演技
最後のウルヴァリンは例えるなら、
現役を離れ老いぼれてしまった孤独の元スター選手。
長年戦いの中でいき、その中で数々の大切な者を失って生きてきた。
そんなウルヴァリンの抱える孤独や寂しさが、
言わずとも演技として滲み出てきて、
深い人間ドラマを描き出しているんだなと思いました。
役者ヒュー・ジャックマンの演技力に驚かされました。
ヒーローではなく人間味のある「ローガン」で良かったです。
また、今回カギを握る少女ローラを演じた子が凄く可愛かったです。
将来絶対美人になるで。


2.演出、世界観
荒野が続くメキシコの殺風景、アメカジな服装、
銃撃と接近戦しかないバイオレンスアクション。
ヒーロー映画であることを忘れてしまうほどの、
ドライでハードな大人の世界観です。
それら全てのものが、ウルヴァリンの最後を象徴し、
語らずとも人間ドラマを表現していました。


3.まとめ
映画にあるものすべてが、
ウルヴァリンの最後のために作られた。
これって映画作りにおいて大切なことだよねと思いました。
ですので完成度は抜群です。
そしてヒーロー映画ではないですね笑。
シリーズものではなく1本の大人向けの、
濃厚な人間ドラマとして楽しめました。

「ちょっと今から仕事やめてくる」ちょっと今から仕事やめてくる3

長時間労働や過労自殺、ブラック企業などが問題になっている中、
出るべき作品だなと思って観ました。
ちょうど就職氷河期だった就活生が、今社会に出て、
色々発信して活躍しているのは素晴らしいことだなと思います。
・・・作者が同年代かは知りませんけど笑。


1.キャスト、演技。
今回のキーマンである役を演じた福士蒼汰。
上手とまではいきませんが役に染まってたし、
普段とは違う言葉遣いも頑張ってたかなと思いました。
工藤阿須賀は、ちょっとぽっちゃりな体形が、
ずっと気になってました笑。


2.物語
ブラック企業や仕事についてだけでなく、
生きることや人との絆について気づかせてくれる温かい物語でした。
出てくるブラック企業や仕事の描き方が絶妙で、
「イマドキの若者は仕事ができない根性なし」ではなかったし、
「ただ仕事を辞めればハッピーになる」という単純な話でないのが、
良かったと思うところでした。感情移入しやすかったです。
泣けるシーンあったし、ちょっとミステリアス要素もあるし、
あっという間の二時間でした。


3.まとめ
ドラマとしてはとても良かったし、
色んな人でも楽しめる要素が含まれてる映画でした。
ただ映画館で観に行くものとしては、
スケール的にちょっと寂しいところがあったかなと思いました。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: