SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

「衝撃に備えろ」亜人3

平日なのに劇場の人は多かったように見せました。
おばさんも結構いて驚きました。


1.キャスト
主演、佐藤健、綾野剛。
二人の身体能力がなければできなかった、
驚異的なアクションの数々でした。
特に綾野剛のキャラが強烈です。
ヒール役をやらせればピカイチですね。
しゃべり方が堤真一みたいで面白かったです笑。


2.アクション、CG
るろうに剣心のアクションスタッフが結集したということで、
凄まじいアクションの連続でした。
キレッキレのガンアクションが凄いのもそうですが、
亜人の設定を生かした独特の戦い方が面白い。
不死身を相手にどうやって戦うのか、
考えられたリアルな戦い方に惹きつけられました。

また亜人を表すCGも良い。
激しい実写のアクションシーンの中にキャラクターが溶け込み、
演者とぶつかり合いながら戦っているのです。
CGのみのシーンはカメラワークが自由に動きながら行われ、
それが実写シーンと境目のわからないくらいに繋がっています。
スタッフの技術の賜物です。


3.物語、人間ドラマ
逆にアクションだけの映画になってしまったと個人的には思いました。
深い人間ドラマをもたらすテーマを持った話なだけに、
心理描写や訴えかけるシーンが少なかったように感じました。
別にアクションだけ楽しめればいいじゃんってなら問題ないのですが、
折角のいい話なのにもったいない気がしました。
あと色々と突っ込みどころがあるところですが、
気にしちゃいけないところです。


4.まとめ
激しくも衝撃的で新しいアクション大作でした。
アクションが見たい人はかなりオススメ。
アクションだけでなくもっと物語的に楽しみたい人は、
そんなにオススメできない感じです。
あと綾野剛のヒールっぷりは最高でした。

「また明日」ぼくは明日、昨日のきみとデートする5

公開当時観に行こうか迷ってて観に行かなかった映画でした。


1.キャスト
福士蒼汰、小松菜奈主演。
小松菜奈こんなに可愛いかったっけ?
役のせいかな?演技も上手だし見直しました。
福士蒼汰は福士蒼汰でした。ある意味安定感があります。


2.物語
胸キュンの青春ラブストーリーが展開されながらも、
タイトルと序盤の話からして「これってこういうことだよな」
っと伏線に気が付きながら前半が過ぎ、
後半以降から明かさられる真実。
個人的には薄々わかっていたけど、
詳しくわかると「へぇ〜なるほど!」っと驚きがあったり。
でもこの今までにないような設定が、
凄く切なく泣ける物語になっていました。
わかっていても泣けるってのかな?ずるいです。


3.人間ドラマ
恋愛はどうするものか、デートはどうするものか。
そういうところから、この物語の発想が得られたのかなって思いました。
非現実的ながらも、どこか普通の恋愛ものにも感じられる物語でした。


4.まとめ
青春胸キュンなところで心を持っていかれ、
物語に引き寄せられ、ボロっと泣かせてくる映画でした。
映画として「ココは良くない、ココはダメだ」とか、
難癖をつける暇もなく気が付けば映画が終わっていました笑。
それほど完成度の高い映画だったんだと思います。
恋愛ものや青春ファンタジーが好きな人にはとてもお薦めです。
あと個人的には写真のようは淡い映像美が良かったです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ