一部から評判が悪い声が聞こえて不安でしたが、
気になるものは観に行こうと思いました。


1.キャスト、演技
菅田将暉は中学生らしい声質だったので、
とても似合ってたと思いました。
広瀬すずは声優経験もあったし、
とても上手だと思いました。
あと周りの声優が豪華らしかったようですが、
一部のベテランさんしか聞き取れませんでした。
スタッフロールで松たか子の文字が出た時は驚きました。


2.映像、演出
CGを使った巧みな映像美と、
息を呑むようなアニメらしい描写でした。
シャフトっぽいっていうのかな?
青春映画なのですが、
芸術作品を見てるような感覚にもなります。
辛口なところをいうと、
悪い意味でのCGっぽさが出て、
絵に馴染んでないようなシーンがあって気になりました。


3.物語
青春もののファンタジーって結構ありがち。
でもちゃんとした原作があり、それをアレンジをしてあるので、
アニメ映画らしい深みのある仕上がりになっています。
君の名は。と共通するところはかなりありますが、
仕上がりや演出は違います。
大人向けな感じなので、わからない人にはわからない演出です。


4.まとめ
前評判を当てにしなくてよかった。
アニメの良さをめいいっぱいやった映像美と、
大人向けで深みを与えるような描かれ方で、
芸術作品文学作品として良い映画でした。
通なアニメファン、映画ファンにはお薦めです。
そして君の名はみたいなノリで観に行くと大けがします笑。