クリストファー・ノーラン監督ということで、
期待して観に行きました。
観に来ているのがおじ様おば様が多くて驚きました。


1.映像
主人公たちの目線で描かれており、
姿かたちも現さない突然現れる敵に襲撃されながらも、
生き延びるというのが映画の全般です。
その映し出されない敵に怯え、
襲撃に耐えるというのがとても臨場感があります。
空撮での突き抜けるような映像回し、
海の上でのリアルな艦隊と襲撃シーン。
何よりどこからがCGで実写かわからない映像で、
「え?何これ全部本物!?」っと思うほどでした。
兵隊の数や船、海上でのシーンはホントお金かかってます。


2.物語・演出
細かいセリフはほとんどなし。
ただ主人公たちが行動していく様が描かれています。
逆を言えば説明も何もなく次々と展開していくので、
「え?何々?」と取り残されてしまう感はあります。
それもリアリティというのでしょうかね。
それと不安と緊張を煽る演出がこれでもかと盛り込まれ、
これにハマるとずーっとドキドキするということになります。
ただちょっと引いて見てしまうと、
騒がしいシーンの連続でクドいと感じます。
そうなるかどうかはホント観る人次第だと思いました。
あと音楽による盛り上げ方が強かったです。


3.まとめ
非常に臨場感と緊迫感の出ている映画なのですが、
それだけの映画とも言えちゃうので観る人を選びそうです。
この映画を通じでメッセージ性的なものを感じるところはありますが、
物語とかドラマを求めている人の期待には沿えそうにないかも。
僕はもう途中から引いて見てしまって
「クドいな。」なんて思ってました。
ドキドキするのが好きな人にはお薦めです。