SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ:映画レビュー(評価別) > ★★★

3
平日なのに劇場の人は多かったように見せました。
おばさんも結構いて驚きました。


1.キャスト
主演、佐藤健、綾野剛。
二人の身体能力がなければできなかった、
驚異的なアクションの数々でした。
特に綾野剛のキャラが強烈です。
ヒール役をやらせればピカイチですね。
しゃべり方が堤真一みたいで面白かったです笑。


2.アクション、CG
るろうに剣心のアクションスタッフが結集したということで、
凄まじいアクションの連続でした。
キレッキレのガンアクションが凄いのもそうですが、
亜人の設定を生かした独特の戦い方が面白い。
不死身を相手にどうやって戦うのか、
考えられたリアルな戦い方に惹きつけられました。

また亜人を表すCGも良い。
激しい実写のアクションシーンの中にキャラクターが溶け込み、
演者とぶつかり合いながら戦っているのです。
CGのみのシーンはカメラワークが自由に動きながら行われ、
それが実写シーンと境目のわからないくらいに繋がっています。
スタッフの技術の賜物です。


3.物語、人間ドラマ
逆にアクションだけの映画になってしまったと個人的には思いました。
深い人間ドラマをもたらすテーマを持った話なだけに、
心理描写や訴えかけるシーンが少なかったように感じました。
別にアクションだけ楽しめればいいじゃんってなら問題ないのですが、
折角のいい話なのにもったいない気がしました。
あと色々と突っ込みどころがあるところですが、
気にしちゃいけないところです。


4.まとめ
激しくも衝撃的で新しいアクション大作でした。
アクションが見たい人はかなりオススメ。
アクションだけでなくもっと物語的に楽しみたい人は、
そんなにオススメできない感じです。
あと綾野剛のヒールっぷりは最高でした。

3
クリストファー・ノーラン監督ということで、
期待して観に行きました。
観に来ているのがおじ様おば様が多くて驚きました。


1.映像
主人公たちの目線で描かれており、
姿かたちも現さない突然現れる敵に襲撃されながらも、
生き延びるというのが映画の全般です。
その映し出されない敵に怯え、
襲撃に耐えるというのがとても臨場感があります。
空撮での突き抜けるような映像回し、
海の上でのリアルな艦隊と襲撃シーン。
何よりどこからがCGで実写かわからない映像で、
「え?何これ全部本物!?」っと思うほどでした。
兵隊の数や船、海上でのシーンはホントお金かかってます。


2.物語・演出
細かいセリフはほとんどなし。
ただ主人公たちが行動していく様が描かれています。
逆を言えば説明も何もなく次々と展開していくので、
「え?何々?」と取り残されてしまう感はあります。
それもリアリティというのでしょうかね。
それと不安と緊張を煽る演出がこれでもかと盛り込まれ、
これにハマるとずーっとドキドキするということになります。
ただちょっと引いて見てしまうと、
騒がしいシーンの連続でクドいと感じます。
そうなるかどうかはホント観る人次第だと思いました。
あと音楽による盛り上げ方が強かったです。


3.まとめ
非常に臨場感と緊迫感の出ている映画なのですが、
それだけの映画とも言えちゃうので観る人を選びそうです。
この映画を通じでメッセージ性的なものを感じるところはありますが、
物語とかドラマを求めている人の期待には沿えそうにないかも。
僕はもう途中から引いて見てしまって
「クドいな。」なんて思ってました。
ドキドキするのが好きな人にはお薦めです。

3
スーサイド・スクワッドのハーレイ・クインみたいに、
DCコミックシリーズは女性キャラを売り出す方向なのかな?


1.アクション、CG
アクションシーンが凄くカッコイイ。
スピード感、躍動感のある超人アクション、
スローモーションを使った魅せる演出。
テーマ曲も合わせてとてもカッコイイです。
スーパーヒロインと兵隊との戦いも珍しかったので、
とても楽しむことが出来ました。
だけども個人的にはあのドラゴンボールみたいな
VFXアクションはどうも好きになれません。


2.キャラクター
スーパーヒロイン、ワンダーウーマンの
魅力たっぷりよみたいな映画です。
世間知らずなお嬢様っぷり、真っ直ぐな正義感、
超人的な能力、そして成長ドラマ。
つかんで離さないような魅力にあふれてました。


3.物語
バットマンvsスーパーマンの時もそうだったけど長い!
全体的なシーンをテンポよくギュッとすれば、
二時間に収まっただろ!おしり痛くなっちゃったよ!
長ければ良いってもんじゃないよ全く!
・・・とはいうものの今回は比較的時間の長さを感じにくいと思います。
テンポは遅いけどね。


4.まとめ
ワンダーウーマンという新しいヒロインの魅力たっぷりの映画。
アクションシーンの演出が凄くカッコイイので、
これを見れただけで良かったなと思いました。
ドラゴンボールみたいなアクションは好みとして、
話が長いのはどうにかしてほしいです。

3
実写化映画多すぎぃ!銀魂、東京喰種、そしてジョジョ。
もうお腹いっぱいです。次は普通の映画を観たい笑。

ちなみにジョジョは第一部から今回原作となった第四部の途中までを、
アニメで見てました。それを踏まえた感想を書きます。


1.キャスト、演技
キャストの演技に関してはみんな良かったと思います。
登場人物になりきってただけでなく、
ただ単純に演技が上手いと思いました。
伊勢谷友介だけ老けすぎじゃないかと思いますが・・・。


2.舞台、世界観
舞台となる町をスペインで撮影。
これには最初疑問でしたが、原作に登場する街並みにピッタリでした。
そのスペインの町の標識や文字も日本語に変更、
日本人たちを使って大掛かりに撮影されてます。
それだけでもなんかすごい笑。お金かかってるなぁって思います。
また部屋の様式や廃洋館の中など、セットもかなり凝っています。
これだけのものを日本映画として見れるのは珍しいので、
良いものが見れたなって思います。


3.映像、CG
形ある超能力として紹介されている「スタンド」のCG、
これもまた綺麗に再現されています。
もやのかかった演出も、個人的には良かったと思います。
また戦闘シーンもスピーディで迫力がありました。
実写化において一番心配されるところも、今回は大丈夫でした。


4.物語
まず、この原作の物語としての脚本は、
かなり綺麗にまとまっていたと思います。
それだけでなく今後の展開を予感させる場面が、
かなり散りばめられてて
「ここにここの伏線を入れるのかぁ!」なんて
原作を知っているものとしてはドキっとしました。

ただ、ジョジョという作品は複数の部で構成されているものであり、
物語を楽しむには前回の部まで知っている必要があります。
この映画はその繋がりがある程度切られて描かれており、
説明がないと「なんじゃこりゃ」と思うシーンがいくつかあります。
原作を知らない人が見るとどう思うんでしょうかね。
気になるところです。


5.人間ドラマ
一番意外に良いと思っていたのはここです。
アニメで見た限りですが、ジョジョという作品は娯楽作品です。
主人公が知恵と勇気で困難を乗り越え、
強敵を倒すところが醍醐味で、人間ドラマにグッとくる!
なんてことはそんなにないものだと感じてました。
ただ今回はそこへ焦点をあて、
とてもハートフルなドラマとして描かれています。
家族の絆について感じさせてくれる物語構成になっていて、
アニメ版以上に心に響くものがありました。
かなり意外だったのでここにやられてしまいました笑。


6.まとめ
ジョジョという作品を実写化する上での、
舞台、映像、物語構成はバッチリでした。
とても考えて映画が作られているように感じました。
ただ個人的に言わせてほしいのは、ちょっとシリアスです。
もっとジョジョらしい、
ポップでユーモラスな世界観のものが見たかったなと思いました。続きを読む

3
原作コミック、アニメ共に観たことはなく、
なんとなくこんな作品なんだなぁ程度で観に行きました。
原作比較に捉われず新鮮な気持ちで書いていきます。


1.キャスト、演技
主演、窪田正孝。入り込んだ激しい演技でした。
大人しい時と、本性むき出しになった時の、
演技のギャップが凄いです。でもちょっとやりすぎ?笑
清水富美加のクールっぷりは清々しいもので、
もう彼女の演技が見られないのは残念です。
続編はないよなぁ。


2.アクション、CG
喰種の触手ともいえる赫子のCGは立派なものです。
実写や俳優の動きに違和感なく存在していて、
邦画のCGもここまで来たんだなって思いました。
それにワイヤーアクションを加え、
縦横無尽に動き回る独特のアクションになってました。
ですがクオリティが高かっただけに、
思った以上にシーンが少なかったと思いました。
もっとたっぷり楽しみたかったです。


3.物語
原作ものの宿命なのか、内容が要約された感じがして、
ちょっとさっぱりした印象を受けました。
原作にはもっと色々あっただろうに、
もっと描き出しても良かったんじゃないかと思います。
人間ドラマ的な部分は、
演技で魅せることを意識して丁寧に描かれていたと思いますが、
ここもまたなんか中途半端な感じを受けました。


4.まとめ
ヴィジュアル、CG、アクションは、
とても良いものを観れたなって思いました。
ただ物語的な旨味は薄味で、
映画館で見るものをしてはちょっと物足りないです。
もっとゴテゴテのてんこ盛りのものが見たかったです。
この物足りなさ、もしかして原作を誘っているのか!?
そういうことなのか!?

↑このページのトップヘ