SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ:映画レビュー(評価別) > ★★★

3
銀魂という作品は一部だけ知っていてて、
今回描かれる最初の頃の話は知らないという程度の知識で、
観に行きました。


1.キャスト、演技
あんな豪華キャストが、あんなことや、
こんなことまでするなんて・・・です。
小栗旬の銀さんっぷりはかなりのものでした。
カッコいいカットがたくさんあって、
銀さん役が小栗旬でよかったねと思いました。
個人的には長澤まさみのお妙さんが最高でした。
美貌、演技すべて最高でした。MVPです。
あと佐藤二郎が面白すぎます。
銀魂とかは関係なく佐藤二郎だけ佐藤二郎でした。


2.コメディ演出
あの大きなスクリーンで、あの豪華キャストで、
こんなに予算も使って、
コントみたいなおバカなコメディをやります。
映画とは思えない、ドラマでもやらない、
コントでもここまでやらない、
そんなぶっ飛んだことをやってくれてます。
しかしこれは、銀魂でやっていたこと、
銀魂ならこうするだろうと思われることを、
ただただ再現しているに違いありません。
映像を再現するのに使っているものの豪華さと、
やっていることの馬鹿馬鹿しさのギャップがたまりませんでした。

あとどうしても感じてしまうコスプレ感、
実写化としてのしょっぱさも、
銀魂という世界なら許せてしまうのがずるいです。
むしろそれを逆手にとって面白くしてるまであります。
これはずるいです。


3.まとめ
キャラクターも、コメディも、アクションも、人間ドラマも、
銀魂という作品を真正面から作り上げている気迫、
原作への愛を感じる映画でした。
ここまでやると清々しいです。
豪華な食材を全部ごちゃ混ぜにしたカレーのような作品でした。
あとUVERworldの主題歌で作品の熱量とカッコよさが三割増しになってました。
UVERworldに感謝ですね。続きを読む

3
藤原竜也のモノマネ芸人Gたかしが好きです。
今回の床はキンキンに冷えてませんでした。


1.演技
パニックシーンや取っ組み合いが多くて、
そのシーンの殺伐とした雰囲気がとても良かったです。
俳優の迫力の演技があってのもので、
演技合戦が見応えがありました。


2.物語
ノンストップサスペンスで、ハイテンポに展開していきます。
話の概要を知って観に行ってても、
後半は衝撃の連続で楽しめました。


3.人間ドラマ
法律では追えない問題を、
メディアの力がどこまで通用するのかが、
そこか一番魅力的で考えさせられました。
あと人の心の闇は恐ろしいなと思いました。
ネタバレ回避であまり書けなくてすみません。


4.まとめ
とても野心的な映画になっていましたが、
ハイテンポなゆえに心理描写に浅い部分があり、
悪い意味でもあっという間に終わった映画でした。
サスペンスエンターテイメントとしては良かったのですが、
深いテーマを持った作品なのでもっと掘り下げて重厚な感じの方が、
好きだったかもしれません。

3
偉く評判がいいので気になって見てみました。

まとめて書きますけど、普通かな?
映像と演出が綺麗でした。切り貼りしたような映像編集、
ドキュメンタリーでも撮っているような自然な描写。
音楽も静かで、全体的に澄み切った印象を持ちました。
ただ淡々と盛り上げる演出もなくサラサラと話が進んできます。
なので「え?終わり?」っと思っちゃいました。

人間ドラマやメッセージ的なものは、感じるところは色々ありました。
日本にも共通しているところがあるので、
主人公たちみたいに勇気を持って飛び出せる子たちが、
もっと増えればいいなと思いました。
親についてや教育の在り方や習慣についても色々考えさせられます。

ですが僕的にはただ淡々と過ぎていき、
気づけば終わっていた映画でした。
特に感情的に揺さぶられるところはなかったです。
ですのでドラマ系の映画好きの人にはオススメですが、
そうでない人には響かないかもと思いました。
感じ方は色々だと思いますが90分で終わる映画なので、
気になる人は見てみてください。短い映画は良いね笑。

3
長時間労働や過労自殺、ブラック企業などが問題になっている中、
出るべき作品だなと思って観ました。
ちょうど就職氷河期だった就活生が、今社会に出て、
色々発信して活躍しているのは素晴らしいことだなと思います。
・・・作者が同年代かは知りませんけど笑。


1.キャスト、演技。
今回のキーマンである役を演じた福士蒼汰。
上手とまではいきませんが役に染まってたし、
普段とは違う言葉遣いも頑張ってたかなと思いました。
工藤阿須賀は、ちょっとぽっちゃりな体形が、
ずっと気になってました笑。


2.物語
ブラック企業や仕事についてだけでなく、
生きることや人との絆について気づかせてくれる温かい物語でした。
出てくるブラック企業や仕事の描き方が絶妙で、
「イマドキの若者は仕事ができない根性なし」ではなかったし、
「ただ仕事を辞めればハッピーになる」という単純な話でないのが、
良かったと思うところでした。感情移入しやすかったです。
泣けるシーンあったし、ちょっとミステリアス要素もあるし、
あっという間の二時間でした。


3.まとめ
ドラマとしてはとても良かったし、
色んな人でも楽しめる要素が含まれてる映画でした。
ただ映画館で観に行くものとしては、
スケール的にちょっと寂しいところがあったかなと思いました。

3
映画って、見る時は何本でも見るし、
見なくなると全く見なくなる。不思議です。


1.演出
謎の飛行物体と人類が初めて接触するとどうなるか。
接触する時の注意だったり、
世の中がどんな動きをするのかまで細かく描かれており、
「本当にあったらこうなるだろうな」と面白かったです。
飛行物体の登場や初めての接触するシーンなどは、
そのデザインや音の演出などで、
得体のしれない不気味さや緊迫感がたっぷり伝わってきました。
見る人にとってはちょっと怖いかも。


2.人間ドラマ
在りそうでないような、なさそうで在りそうな。
曖昧な感じを受けました。
こういう結末でした、だから何?
メッセージというタイトルの割に、
何を言いたかったんだろうと思いました。


3.まとめ
謎の飛行物体が上陸したらどうなるのか。
近い将来こういうことが起きるかもしれない。
リアルシミュレーションな面白さがありました。
ですが人間ドラマがいまいちピンとこなかったです。
凄く評判のいい作品でしたが、
見る人には響くものがあるんでしょうね。

↑このページのトップヘ