SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ:映画レビュー(評価別) > ★★★

3
実写化映画多すぎぃ!銀魂、東京喰種、そしてジョジョ。
もうお腹いっぱいです。次は普通の映画を観たい笑。

ちなみにジョジョは第一部から今回原作となった第四部の途中までを、
アニメで見てました。それを踏まえた感想を書きます。


1.キャスト、演技
キャストの演技に関してはみんな良かったと思います。
登場人物になりきってただけでなく、
ただ単純に演技が上手いと思いました。
伊勢谷友介だけ老けすぎじゃないかと思いますが・・・。


2.舞台、世界観
舞台となる町をスペインで撮影。
これには最初疑問でしたが、原作に登場する街並みにピッタリでした。
そのスペインの町の標識や文字も日本語に変更、
日本人たちを使って大掛かりに撮影されてます。
それだけでもなんかすごい笑。お金かかってるなぁって思います。
また部屋の様式や廃洋館の中など、セットもかなり凝っています。
これだけのものを日本映画として見れるのは珍しいので、
良いものが見れたなって思います。


3.映像、CG
形ある超能力として紹介されている「スタンド」のCG、
これもまた綺麗に再現されています。
もやのかかった演出も、個人的には良かったと思います。
また戦闘シーンもスピーディで迫力がありました。
実写化において一番心配されるところも、今回は大丈夫でした。


4.物語
まず、この原作の物語としての脚本は、
かなり綺麗にまとまっていたと思います。
それだけでなく今後の展開を予感させる場面が、
かなり散りばめられてて
「ここにここの伏線を入れるのかぁ!」なんて
原作を知っているものとしてはドキっとしました。

ただ、ジョジョという作品は複数の部で構成されているものであり、
物語を楽しむには前回の部まで知っている必要があります。
この映画はその繋がりがある程度切られて描かれており、
説明がないと「なんじゃこりゃ」と思うシーンがいくつかあります。
原作を知らない人が見るとどう思うんでしょうかね。
気になるところです。


5.人間ドラマ
一番意外に良いと思っていたのはここです。
アニメで見た限りですが、ジョジョという作品は娯楽作品です。
主人公が知恵と勇気で困難を乗り越え、
強敵を倒すところが醍醐味で、人間ドラマにグッとくる!
なんてことはそんなにないものだと感じてました。
ただ今回はそこへ焦点をあて、
とてもハートフルなドラマとして描かれています。
家族の絆について感じさせてくれる物語構成になっていて、
アニメ版以上に心に響くものがありました。
かなり意外だったのでここにやられてしまいました笑。


6.まとめ
ジョジョという作品を実写化する上での、
舞台、映像、物語構成はバッチリでした。
とても考えて映画が作られているように感じました。
ただ個人的に言わせてほしいのは、ちょっとシリアスです。
もっとジョジョらしい、
ポップでユーモラスな世界観のものが見たかったなと思いました。続きを読む

3
原作コミック、アニメ共に観たことはなく、
なんとなくこんな作品なんだなぁ程度で観に行きました。
原作比較に捉われず新鮮な気持ちで書いていきます。


1.キャスト、演技
主演、窪田正孝。入り込んだ激しい演技でした。
大人しい時と、本性むき出しになった時の、
演技のギャップが凄いです。でもちょっとやりすぎ?笑
清水富美加のクールっぷりは清々しいもので、
もう彼女の演技が見られないのは残念です。
続編はないよなぁ。


2.アクション、CG
喰種の触手ともいえる赫子のCGは立派なものです。
実写や俳優の動きに違和感なく存在していて、
邦画のCGもここまで来たんだなって思いました。
それにワイヤーアクションを加え、
縦横無尽に動き回る独特のアクションになってました。
ですがクオリティが高かっただけに、
思った以上にシーンが少なかったと思いました。
もっとたっぷり楽しみたかったです。


3.物語
原作ものの宿命なのか、内容が要約された感じがして、
ちょっとさっぱりした印象を受けました。
原作にはもっと色々あっただろうに、
もっと描き出しても良かったんじゃないかと思います。
人間ドラマ的な部分は、
演技で魅せることを意識して丁寧に描かれていたと思いますが、
ここもまたなんか中途半端な感じを受けました。


4.まとめ
ヴィジュアル、CG、アクションは、
とても良いものを観れたなって思いました。
ただ物語的な旨味は薄味で、
映画館で見るものをしてはちょっと物足りないです。
もっとゴテゴテのてんこ盛りのものが見たかったです。
この物足りなさ、もしかして原作を誘っているのか!?
そういうことなのか!?

3
銀魂という作品は一部だけ知っていてて、
今回描かれる最初の頃の話は知らないという程度の知識で、
観に行きました。


1.キャスト、演技
あんな豪華キャストが、あんなことや、
こんなことまでするなんて・・・です。
小栗旬の銀さんっぷりはかなりのものでした。
カッコいいカットがたくさんあって、
銀さん役が小栗旬でよかったねと思いました。
個人的には長澤まさみのお妙さんが最高でした。
美貌、演技すべて最高でした。MVPです。
あと佐藤二郎が面白すぎます。
銀魂とかは関係なく佐藤二郎だけ佐藤二郎でした。


2.コメディ演出
あの大きなスクリーンで、あの豪華キャストで、
こんなに予算も使って、
コントみたいなおバカなコメディをやります。
映画とは思えない、ドラマでもやらない、
コントでもここまでやらない、
そんなぶっ飛んだことをやってくれてます。
しかしこれは、銀魂でやっていたこと、
銀魂ならこうするだろうと思われることを、
ただただ再現しているに違いありません。
映像を再現するのに使っているものの豪華さと、
やっていることの馬鹿馬鹿しさのギャップがたまりませんでした。

あとどうしても感じてしまうコスプレ感、
実写化としてのしょっぱさも、
銀魂という世界なら許せてしまうのがずるいです。
むしろそれを逆手にとって面白くしてるまであります。
これはずるいです。


3.まとめ
キャラクターも、コメディも、アクションも、人間ドラマも、
銀魂という作品を真正面から作り上げている気迫、
原作への愛を感じる映画でした。
ここまでやると清々しいです。
豪華な食材を全部ごちゃ混ぜにしたカレーのような作品でした。
あとUVERworldの主題歌で作品の熱量とカッコよさが三割増しになってました。
UVERworldに感謝ですね。続きを読む

3
藤原竜也のモノマネ芸人Gたかしが好きです。
今回の床はキンキンに冷えてませんでした。


1.演技
パニックシーンや取っ組み合いが多くて、
そのシーンの殺伐とした雰囲気がとても良かったです。
俳優の迫力の演技があってのもので、
演技合戦が見応えがありました。


2.物語
ノンストップサスペンスで、ハイテンポに展開していきます。
話の概要を知って観に行ってても、
後半は衝撃の連続で楽しめました。


3.人間ドラマ
法律では追えない問題を、
メディアの力がどこまで通用するのかが、
そこか一番魅力的で考えさせられました。
あと人の心の闇は恐ろしいなと思いました。
ネタバレ回避であまり書けなくてすみません。


4.まとめ
とても野心的な映画になっていましたが、
ハイテンポなゆえに心理描写に浅い部分があり、
悪い意味でもあっという間に終わった映画でした。
サスペンスエンターテイメントとしては良かったのですが、
深いテーマを持った作品なのでもっと掘り下げて重厚な感じの方が、
好きだったかもしれません。

3
偉く評判がいいので気になって見てみました。

まとめて書きますけど、普通かな?
映像と演出が綺麗でした。切り貼りしたような映像編集、
ドキュメンタリーでも撮っているような自然な描写。
音楽も静かで、全体的に澄み切った印象を持ちました。
ただ淡々と盛り上げる演出もなくサラサラと話が進んできます。
なので「え?終わり?」っと思っちゃいました。

人間ドラマやメッセージ的なものは、感じるところは色々ありました。
日本にも共通しているところがあるので、
主人公たちみたいに勇気を持って飛び出せる子たちが、
もっと増えればいいなと思いました。
親についてや教育の在り方や習慣についても色々考えさせられます。

ですが僕的にはただ淡々と過ぎていき、
気づけば終わっていた映画でした。
特に感情的に揺さぶられるところはなかったです。
ですのでドラマ系の映画好きの人にはオススメですが、
そうでない人には響かないかもと思いました。
感じ方は色々だと思いますが90分で終わる映画なので、
気になる人は見てみてください。短い映画は良いね笑。

↑このページのトップヘ