SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

アクション

「全員殺す」ジョン・ウィック:チャプター24

待ちに待った続編!でも早かった気がする!笑


1.アクション
スケールアップしてアクション大作としてさらに凄味を増しました。
ノンストップアクションでキアヌが次々襲い掛かる敵を、
銃術と体術を駆使してバッタバッタと倒していきます。
爽快感抜群です。
前作はアクションのボリューム感に物足りなさを感じてましたが、
今回はその予想を超えるスケールで満腹でした。
キアヌって年いくつだっけ?
あのアクションを全て自分でやったのは本当にすごいです。


2.物語
続編という位置づけですが、
新たなキャラクターを迎えて新展開していくのが主なので、
この作品から見始めても楽しめると感じました。
ちゃんと主人公がどんなキャラクターか序盤にも描かれますし。
物語そのものとしては、よりアクションスパイ要素が強まり、
加速していく殺し屋の世界観って感じです。


3.人間ドラマ
前作のようなセンチメンタリックな部分はあまりなく、
目的のために全力を尽くすパワフルなジョン・ウィックでした。
前回みたいなのが良かったという人には残念ですが、
これも全然ありだと思いました。
規則と絆について考えさせられる面もかなりありました。


4.まとめ
スケールアップし力強い内容になって、
アクション大作としてかなり見応えがありました。
こんなキアヌが見たかった!が詰まってて満足でした。
人間ドラマ的な部分は抑え目で、
アクションエンターテイメントに仕上がってますが、
個人的には前作も今作も好きです。

「ここは地獄だ」キング・コング 髑髏島の巨神2

映画情報サイトや予告編で変に期待を煽られたのが良くなかった。
日本版ポスターはかなり好きだけどね。


短めに書きますけど、ただ怪獣が暴れるだけの映画です笑
物語は多少のひねりやテーマはありますが、 
よくある怪獣退治のそれと思ってもらえれば結構です。
あとは「モンスターバース」 と呼ばれる、
怪獣映画シリーズの次回作を期待する要素が含まれています。
レジェンダリーのゴジラを観た人にはお薦めしますが、
キング・ゴングという映画自体の面白さには期待しない方が良いです。
良くも悪くも、昔からよくある怪獣映画って感じです。 
僕としては別に観なくてもよかったなって思いました。 

「あれがゴジラか」シン・ゴジラ4

待ちに待ったゴジラの復活。
隣に座ってたヤツが笑う場面でもないのにクスクス笑ったり、
隣のツレとごにょごにょ話しながら観てたので、
放射熱線浴びせたくなりました。上映中私語厳禁!


1.映像
特撮映画の代名詞でもあるゴジラがフルCGに踏み切った。
これは一部の人にはガッカリだったかもしれませんが、大成功に思いました。
CG映画でありますが、カメラアングルは特撮怪獣映画の撮り方してます。
それが上手い事出来てますので、
ゴジラの巨大感、迫力、怪獣映画らしさが出ています。
そして何より、そのCGがショボくない。
日本映画でここまで大規模で細やかでリアルな映像が出来ることに感動しました。
近年のハリウッド版に負けない、それ超えるかもしれない。是非劇場で。 

それと肝心なゴジラですが、とにかく不気味で怖いです。
大人が観ても怖いと思うレベルなので、子供が観たら泣きます(笑)
当時第一作品目でゴジラを初めて観た人はこんな感覚だったんだろうなと、
勝手ながらに思えました。いや、それよりももっと無機質で恐ろしいかもしれません。


2. 物語
「もし現代の日本にゴジラが襲ってきたら」
を徹底的にリアルにシミュレーションして作られた映画です。
それが今までのゴジラ映画にはなかった、
政治的なリアルな大人の事情などなどありとても面白いです。
正直全部理解するのは不可能(笑) 多分させる気もないんでしょう(笑)
それほど緻密で大規模な物語になっています。
「もし本当にゴジラが襲ってきたら」なんて、
今まで妄想してたゴジラファンには堪らないでしょう。

ですが理解できてなくても、わかるところだけわかればいいです。
作戦の面白さやユニークさだけでなく、
緊迫感ある雰囲気だけでも楽しめる。
硬派な中身でもエンターテイメント的な面白さもある映画です。


3.メッセージ性
徹底的なリアルの内容の中で描かれるのは、
現代社会についてです。
様々な風刺もあり、考えさせられる部分が様々あります。
ここをあまり書いちゃうとネタバレになるので控えますが、
その問題に立ち向かう人々達の姿が描かれてます。
それが誇らしい、勇気をくれるものであったと感じました。


4.まとめ
ゴジラの迫力と恐怖、
リアルでテンポよく展開する現場の緊迫感とユニークさ、
現実社会とメッセージ性・・・とにかく濃厚で骨太な、
大人向けエンターテイメント映画です。 
ハリウッド版も良いのですが、シン・ゴジラこそ真ゴジラ。
こっちの方が全てにおいて上手だと思いました。

ただやはり大人向けなので、子供には向かないかなぁ(笑)
怖すぎるゴジラで泣いたり、
何言ってるかわからない内容で途中で寝てしまいそう(笑)
そういう意味では観る人を選びそうな映画かもしれません。

「やつらが来る」インデペンデンス・デイ:リサージェンス3

友達が観たいと言ってたので観に行く流れでした。


1. アクション
数々のディザスタームービーを撮り、
観る人を驚かせてきた監督さんなだけあって、 
今回もかなりの迫力です。 
大災害シーンの迫力もあれば、
SF映画のアクションシーンもあり。
両方を含んだ面白さがありました。


2.物語
前作を観ておいた方がお薦めです。
前作からの登場人物、
またはそれに関係した人物たちが主役のため、
それらがわかっているとより一層楽しめると思います。
そしてただ宇宙人が襲ってくるだけではない、
SF的な物語や設定が加えられていて、
物語でも十分楽しませてくれます。
よりSF映画らしくなってた印象です。 


3.まとめ
前作のような興奮、
昔ながらのエンターテイメントな面白さを感じた映画でした。
話を盛り上げる個性的な数多くのキャラクターや、
演説やセリフのカッコよさも前作同様です。
久々に王道の映画らしい映画を観たと思いました。
頭空っぽにして楽しめました。 

「マナーが作る、人間を。」キングスマン5

評判が良かったので見てみました。
ブルーレイ綺麗。


スパイ映画なのに過激、ユーモラス、でも紳士!
昔の007をリスペクトしたような設定と、
個性的なキャラクター、過激なアクション描写が見もので、
刺激的な映画になっています。 
そんな内容なのにスパイたちが紳士でクールだから、
内容とのギャップがとてもカッコイイのです。
そして一人の主人公だけが活躍するだけではない、
驚きの物語展開もこれまでにないスパイ映画であると思わせてくれます。 

敵を次々にバタバタ倒していくアクションも、
後先分からない物語も、ユニークさに溢れた設定やジョークも、
この映画ならではの展開と人間ドラマも、全部面白かったです。
新たなスパイ映画の始まりだってのに、
なんで今まで見なかったんだろうって不思議なくらいです。
前書いたように、昔の007が好きな人にはお薦めです。
とても爽快痛快な映画でした。 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ