SUWAblog

Since2006/3/10

アクション

「やつらが来る」インデペンデンス・デイ:リサージェンス3

友達が観たいと言ってたので観に行く流れでした。


1. アクション
数々のディザスタームービーを撮り、
観る人を驚かせてきた監督さんなだけあって、 
今回もかなりの迫力です。 
大災害シーンの迫力もあれば、
SF映画のアクションシーンもあり。
両方を含んだ面白さがありました。


2.物語
前作を観ておいた方がお薦めです。
前作からの登場人物、
またはそれに関係した人物たちが主役のため、
それらがわかっているとより一層楽しめると思います。
そしてただ宇宙人が襲ってくるだけではない、
SF的な物語や設定が加えられていて、
物語でも十分楽しませてくれます。
よりSF映画らしくなってた印象です。 


3.まとめ
前作のような興奮、
昔ながらのエンターテイメントな面白さを感じた映画でした。
話を盛り上げる個性的な数多くのキャラクターや、
演説やセリフのカッコよさも前作同様です。
久々に王道の映画らしい映画を観たと思いました。
頭空っぽにして楽しめました。 

「マナーが作る、人間を。」キングスマン5

評判が良かったので見てみました。
ブルーレイ綺麗。


スパイ映画なのに過激、ユーモラス、でも紳士!
昔の007をリスペクトしたような設定と、
個性的なキャラクター、過激なアクション描写が見もので、
刺激的な映画になっています。 
そんな内容なのにスパイたちが紳士でクールだから、
内容とのギャップがとてもカッコイイのです。
そして一人の主人公だけが活躍するだけではない、
驚きの物語展開もこれまでにないスパイ映画であると思わせてくれます。 

敵を次々にバタバタ倒していくアクションも、
後先分からない物語も、ユニークさに溢れた設定やジョークも、
この映画ならではの展開と人間ドラマも、全部面白かったです。
新たなスパイ映画の始まりだってのに、
なんで今まで見なかったんだろうって不思議なくらいです。
前書いたように、昔の007が好きな人にはお薦めです。
とても爽快痛快な映画でした。 

「そばにいる」レヴェナント:蘇えりし者3

アイアムアヒーローとどっちを見ようか迷った挙句、
こちらを選択。 客層の年齢は高かったです。さすがR指定。


1.キャスト、演技
はっきり言ってしまうと、
主演のレオナルド・ディカプリオの極限のサバイバルを見る映画です(笑)
過酷の中の過酷。見ているのが辛いと思えるシーンの連続です。
ディカプリオかなり頑張ってます。必死。命がけ。
賞が取れなきゃやってられないでしょう(笑)
全てを体当たりで挑んだデカプリオの鬼気迫る演技に注目です。


2.物語
物語の中身は実にシンプル。しかし時間が長いです。
ディカプリオの必死の演技や場面がとても多く、
その反面物語がなかなか進みません。
ぶっちゃけ途中眠くて仕方なかったです(笑)
正直もう少し短くできなかったかなぁって思いました。


3.人間ドラマ
ディカプリオを見てて感じる
「なぜそこまでしてまで生きなければならないのか」 
がかなり重要かなって思いました。
人間同士だけでなく動物や自然との脅威とも戦い生き抜く物語で、
生きることの尊さを感じる作品です。


4.まとめ
ディカプリオの究極のサバイバルを見ることに、
この映画の全てが入ってると思います。
ですがそれが長いので、その緊迫感が長続きしなければ、
眠くもなるし、見るのも辛くなってくる映画です。 
映像美や撮影はとても綺麗で見事。
あとはお気に召すかどうかですね。見る人を選びそうです。 

「死者は生きている」007 スペクター3

朝見てきました。劇場内は中高年が多かったですね。
さすが長く続く人気シリーズですね。
逆に若い人はもう観なくなってるのかな?


1.アクション
スパイアクション映画であることを抑えつつ、
スケールいっぱいの豪華なアクションになってたと思います。
壮大なイベントの中の追跡、
スペシャルカーを使った一度きりのカーチェイス、 
建物の大崩落シーンなどなど。
ド派手さは欠けてもお金のかかってる、
豪華で見ごたえある場面がたくさんあったと思いました。


2.物語
前作を見てなくても一応楽しめますが、
シリーズ作品をおさらいして観に行った方が楽しめるでしょう。 
自分もシリーズ全部見てたのですが、
後から調べて「あ〜この人ってこうだったのね」なんて知ったこともあり(笑)
以前の作品について触れる部分もあるので、見ておくのもいいでしょう。
色々覚えていた方が楽しめることは間違いないかと思います。
物語自体はそれを踏まえた、集大成になっています。


3. 人間ドラマ
今回もボンドという男一人に迫った内容。
これまで様々な局面に出くわしながらスパイ活動してきたボンドだが、
それがどうなるのか。
僕個人としては今までの中でシリーズの中で、
一番好きな終わり方をしてくれた作品でした。良いラストでした。


4.まとめ
ダニエル・クレイグの007集大成と言える内容でした。
今まで見てきてこれを観ないわけはないという感じです。
アクションの見応えというより、ストーリーや人間ドラマ重視です。
ファンの期待に応えてくれる映画だと感じました。 

「その時がきた」ラスト・ナイツ4

映画館おじいちゃんばっかりだったよ!
とあるおじいちゃんは荒い咳何度もしたり、
途中席を立ったり、映画終わった後劇場スタッフともめてたりで、
もう!おじいちゃん! 


1.キャスト
主演クライヴ・オーエン、モーガン・フリーマン。
日本人からは伊原剛志が出演。
みなさん威厳ある演技で良かったと思います。
モーガン・フリーマンの存在感はさすがです。
伊原剛志も負けてはなかったと思いますよ。


2.アクション、映像
紀里谷和明監督と言えば「CASSHERN」 「GOEMON」のような、
才色兼備の豪華絢爛なセットとCG映像、
ワイヤーアクションなどを駆使した超人的なアクションが特徴でした。

今回は真逆です。
画面は一色で統一している従来の物とは一緒。
ただ色は彩色を抑えたモノトーンチックになっています。
画面としては紀里谷監督っぽいのですが、
色があまりない感じになってます。 

続いてアクション。超人的なアクションはかなり控えてあり、
生のソードアクションにこだわり。
色も控えめなので画としては地味かもしれませんが、
大勢と剣を交えて戦うので迫力もなかなかです。 
セットも豪華なのでCGに頼らずとも、
見ごたえある映像になっていたと思います。 


3.物語
忠臣蔵をモチーフにしていると言いますが、
途中からそんなことは思わなくなります。
人間ドラマもそうだし、作戦の面白さや、
先の分からない展開の仕方などかなり完成度が高いです。
知っている物語のはずなのに、そんなことを忘れさせてしまう。
ぶっちゃけ紀里谷監督の話って、
勢いだけでリアリティに欠けてたり強引だったりするので、
丁寧に作りこまれた物語だったので驚きました。
もちろん書いたのは本人じゃないんですけどね。


4.人間ドラマ
忠臣蔵の武士道を騎士道に置き換えてあります。
しかし騎士道騎士道うるさい物語でもありません。 
誰の心にも眠っている「正義」、「忠誠」、
「名誉」 「掟」の物語だったと思います。
見ていてとても気高く、誇り高い気持ちが露わになってきます。
主人公たち騎士の忠誠心、正義、名誉。
それとは裏腹に皇帝を重んじるべきという掟。
それらが天秤にかけられるのが、面白かったかなと思いました。


5.まとめ
これまでの紀里谷監督作品とは違い、
とても落ち着きのある品格漂う作品です。
内容の深い人間ドラマ、完成度もかなり高いと言えます。
紀里谷監督が撮った作品だとは思えない出来に、
ビックリすると思います。
紀里谷監督作品が嫌いな人も是非見てみるといい作品だと思います。
っていうか初登場12位ってどういうこと?ヤバくない? 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: