SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ:映画レビュー(ジャンル別) > サスペンス/ミステリー

3
藤原竜也のモノマネ芸人Gたかしが好きです。
今回の床はキンキンに冷えてませんでした。


1.演技
パニックシーンや取っ組み合いが多くて、
そのシーンの殺伐とした雰囲気がとても良かったです。
俳優の迫力の演技があってのもので、
演技合戦が見応えがありました。


2.物語
ノンストップサスペンスで、ハイテンポに展開していきます。
話の概要を知って観に行ってても、
後半は衝撃の連続で楽しめました。


3.人間ドラマ
法律では追えない問題を、
メディアの力がどこまで通用するのかが、
そこか一番魅力的で考えさせられました。
あと人の心の闇は恐ろしいなと思いました。
ネタバレ回避であまり書けなくてすみません。


4.まとめ
とても野心的な映画になっていましたが、
ハイテンポなゆえに心理描写に浅い部分があり、
悪い意味でもあっという間に終わった映画でした。
サスペンスエンターテイメントとしては良かったのですが、
深いテーマを持った作品なのでもっと掘り下げて重厚な感じの方が、
好きだったかもしれません。

4
評判が良かったので借りてみました。
DVDレンタルして映画観るのは久しぶり。


騙された!ってのが一番の感想です。
何か大逆転とか驚愕の真実とかなさそうに終わってたのに、
「え〜!」そして「え〜!!」でした笑

クライムサスペンスとしてのドキドキと、
青春ストーリーの醍醐味が上手く混ざり合ってました。
人物の成長と犯罪のエスカレートさが比例していくところが、
かなり魅力になってたと思います。
どちらを取っても本格的で、満足に面白かったです。 

凄く短い感想ですが、とても痛快な映画でした。
色んな映画を見てきてる人でも刺激的な映画になると思います。 

3
「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」 が面白かったので、
今回も観に行きました。


1.映像、スケール
サスペンスミステリー映画なのですが、映像でも満たしてくれます。
幻覚を観るシーンでのCGを駆使した再現度や恐怖感、
壮大なスケールで描かれるアクション映画ばりの捜索網、
古き良き美術館や美術品の美しさ。
一体何の映画を見ているんだろうと思うくらい、
観ていて面白いものばかりでした。
何を言っても人物を映し出すカメラワークが凄く良い。
テンポもスピード感もあって、飽きさせないものでした。


2.物語
ぶっちゃけると、この映画の面白さは最初や前半だと思いました。
「え?何?どういうこと?」 という展開が次々起こり、
グイグイ引き込まれていきます。
最初からノンストップサスペンスで緊張感もあります。
ですが良くも悪くも後半からはそれらの謎解きばかりで、
「あ〜そういうことね」 という感じ。
予想できる展開ばかりで残念でした。


3.まとめ
このシリーズはとても面白くて気に入っていて、
今回も面白かったのですが、
他シリーズと比べると一番下のように思えました。
映像やスケール、緊迫感やスピード感の完成度は高く、
大作映画としての見応えはたっぷりですが、やっぱり中身でしょうか。
好みに合わなかったと言えばそれまでですけどね。 

4
貞子vs伽椰子とどっちにしようか挙句こっちにしました。
にしても最近の映画館のラインナップ、ほとんどが邦画です。
予告編も全部邦画です。日本の洋画離れが深刻です。 


1.演出
リアルタイムで様々な出来事が起こっているという臨場感。
スピーディにたくさんの出来事が起こっている。
ということがとても上手に表現されています。
最初から最後までノンストップで、
時間が経つのを忘れるほどでした。
とてもテンポがよく、話もわかりやすい。
しかもちゃんと伏線が散りばめられている。
これが女優さんが撮った映画なの?っと驚くばかりです。

また、世界中で生中継されているということを表現する視聴者、
街の人々などのスケール感もばっちりでした。
お金かかってます。まさにマネーモンスター。なんつって。


2.物語
金融市場の話が出ているので、
金融って何?っていうレベルの全く知らない人はお薦めしません
(てか知らない人はまず見ないか) 
一般常識レベルにわかってれば、
あとはのめり込んで楽しめるはずです(笑)


3. 人間ドラマ
サスペンスエンターテイメントだけでなく、
色々な問題を含んだ作品でもあります。 
マネーゲームの非情さと、
人間の情がそれらしく上手く表現されてると感じました。


4.まとめ
スリリングなリアルタイムサスペンスで面白かったです。
文句の付け所もないし、完成度も高い映画だと感じました。
映画館で見るもよし、レンタルして見るもよしです。
ユニークな題材のサスペンス好きにはお薦めの映画です。

4
藤原竜也「なんでだ・・・どうして・・・!
 どうして僕だけがいないんだよぉぉおおおお!!
 んあああああああああああああああああああ!!!!! 」
・・・映画を観る前はこんなイメージでした(笑)
僕は原作やアニメも知らなかったのですが、
まさかのネタバレをされてしまい、犯人を知ったまま観に行きました。
リバイバルしたい。


1.キャスト演技
藤原竜也、有村架純の旬と実力のあるキャスティング。
藤原竜也の相変わらずな演技、
有村架純の純粋で可愛らしい演技。
それぞれも見所なのですが、
一番よかったのは鈴木梨央ちゃん。
中に大人が入ってるんじゃないかと思うくらいの、
上手な演技にビックリです。


2.物語
非常にテンポよく進みますが、
それと同時に人間ドラマも丁寧に描かれてます。
行先の読めないタイムスリップものの面白さと、
犯人探しのミステリーの面白さが混ざり合い引き込まれました。
ですが、どこかシリアス過ぎない暖かい雰囲気もあります。


3.人間ドラマ
ミステリーの中に主人公の成長ドラマが描かれてます。
心を開かない冴えない主人公が、どのように変わっていくのか。
変わっていく主人公を通じて、様々なメッセージが描かれてて、
心に響くところもありました。心温まるものとなってます。


4.まとめ
タイムスリップものとミステリー、
そして成長物語が上手く混ざりあった、
クオリティの高いエンターテイメント映画になってます。 
行先のわからない物語に驚き、暖かい人間ドラマに感動。 
ミステリー好きでも、ドラマ好きでも楽しめる映画になってます。
両方好きな人は観に行くことをお薦めします。
あと、ネタバレはしない方が良いです(笑) 

↑このページのトップヘ