SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

SF

「過去を葬る」スター・ウォーズ/最後のジェダイ3

公開を無茶苦茶楽しみにしてました。


●過去を葬った新しいスター・ウォーズ

前作「フォースの覚醒」ではJJエイブラムス監督が、
見事にスター・ウォーズの世界観を復活させ、
新たな登場人物による新たな物語の布石まで用意させました。
ですが今作は、その前作で作り上げた丁寧な世界観、
こうなるであろうという展開の布石まで見事にぶち壊し、
新たなスター・ウォーズを描きました。

そもそもスター・ウォーズという作品はその人気の高さから、
いつしか神格化されていったように思えます。
特に4〜6のオリジナルが素晴らしい評価と人気。
後に1〜3も描かれましたが、評価が分かれるところもあり、
やはり4〜6は最高であるとさらに神格化されたように思えます。
そしてその神話に乗っ取ったのが「フォースの覚醒」だったわけです。
「フォースの覚醒」でもその神話の続きを残し、
次の作品へわざわざ繋げようとしたのです。
ですが今作「最後のジェダイ」は、その神話を拒否!
過去は葬り去り、新たな神話を作り上げようとしたのです!

ここまでは聞こえはいいのですが、
ぶっちゃけ前作で用意していた伏線や布石をぶっ壊しただけようにしか思えません。
ファンであればあるほど、この展開は許せるものではないのです。
明らかにここはこういう展開にさせるために謎で残しておいた部分なのに、
それをこんなことにしてしまうなんて。
ガッカリする人もいたでしょう。
自分もぶっちゃけ「渡されたバトンを受け取らずに走り去っただけ」だと思いました。


●「帝国の逆襲」へのオマージュ
だけどもちょっと待ってください。
前作「フォースの覚醒」が「新たなる希望」のオマージュなら、
今作「最後のジェダイ」は「帝国の逆襲」のオマージュなのでは。

よく考えればその通りなのです。
シリアスでダークで危機に満ちた世界観、
そして「私はお前の父親だ」の衝撃的事実は、
恐らく当時見た人は「こんなことになるとは思わなかった」と感じたでしょう。
それと同じ感覚がこの「最後のジェダイ」にはあると思います。
そういった意味では「スター・ウォーズを描く」
ということには成功していると思うのです。
実際「帝国の逆襲」が好きなファンは、今作も絶賛している人が多いようです。


●ますます重要になるエピソード9
「最後のジェダイ」はこれまでのスター・ウォーズをぶち壊した問題作です。
ある種のマンネリや普遍性をぶち壊し、
新たな可能性を示唆した物語となっていました。
マンネリ化するシリーズものに対して一石を投じる、
監督の挑戦と熱意を感じる作品でありました。
この作品の存在そのものと、作品の中身のメッセージ性がリンクしてて、
面白いなと思います。最初は「えぇ〜!?」と思いましたが、
見方を変えればとてもスター・ウォーズしている作品だと思います。

果たしてこのぶち壊れたスター・ウォーズを、
次回作でいかに完結されるのか!とても楽しみです!次の監督は大変だなぁ〜笑続きを読む

「エイプは強い」猿の惑星:聖戦記3

シリーズ最終章。だよね確か。


ずばり「猿の惑星に続く物語」として観ると結構期待外れで、
「シーザーを主人公にした物語の最終章」としてみると、
満足して観れるものだと思います。

「そして猿の惑星になる」というキャッチコピーから、
「どんなふうにして猿の惑星になるのだろう」と
思って観てたら、そこを重視してるわけではなかったので、
変な期待を持ってガッタリした感じです。

物語としては「猿とは」「人間とは」「戦争とは」「平和とは」
みたいなテーマの総括で、考えさせられる場面がかなりありました。
大事なことは何なのかを、考えさせ諭される映画であったと思います。
ただ「猿の惑星シリーズ」自体としての物語的見所は、
そんなになかったように思えます。
数あるエピソードの1つみたいな感覚でした。

ということで物語的な過度な期待をせず、
シーザーと共に物語の世界へどっぷりハマって観ることをお薦めします。

「何故地球に来たのか?」メッセージ3

映画って、見る時は何本でも見るし、
見なくなると全く見なくなる。不思議です。


1.演出
謎の飛行物体と人類が初めて接触するとどうなるか。
接触する時の注意だったり、
世の中がどんな動きをするのかまで細かく描かれており、
「本当にあったらこうなるだろうな」と面白かったです。
飛行物体の登場や初めての接触するシーンなどは、
そのデザインや音の演出などで、
得体のしれない不気味さや緊迫感がたっぷり伝わってきました。
見る人にとってはちょっと怖いかも。


2.人間ドラマ
在りそうでないような、なさそうで在りそうな。
曖昧な感じを受けました。
こういう結末でした、だから何?
メッセージというタイトルの割に、
何を言いたかったんだろうと思いました。


3.まとめ
謎の飛行物体が上陸したらどうなるのか。
近い将来こういうことが起きるかもしれない。
リアルシミュレーションな面白さがありました。
ですが人間ドラマがいまいちピンとこなかったです。
凄く評判のいい作品でしたが、
見る人には響くものがあるんでしょうね。

「ショウ・タイム」ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス4

映画観るの月1くらいのペースになってる。


1.映像
宇宙が舞台となっていますが、
とても色鮮やかな映像美となっています。
とにかく綺麗だなと思いながら見てました。
SF映画を見てるより、ファンタジー映画を見ている感覚に近かったです。


2.物語
前作の内容をほぼ忘れたまま見ましたが、
なんとか思い出しながら見ることが出来ました笑。
前作よりもとにかく笑える作品になってました。
アメリカンジョークは日本人にとって当たりはずれあるのですが、
今回はかなり笑えた方でした。


3.人間ドラマ
前作に引き続き、エモーショナルな人間ドラマが繰り広げられてます。
それぞれにドラマがあり、
誰が一番というわけではないのが良かったです。
笑える映画だったのにぐっとくる内容も含まれてます。
前作にもあった、人との絆をより深く感じられる物語でした。


4.まとめ
よりパワーアップして期待を裏切らない内容となってました。
とにかく頭空っぽにして楽しく観れる作品でした。
あっさりとした感想ですが、面白かったです。

「私の中のゴースト」ゴースト・イン・ザ・シェル3

アニメ原作二つを見ていたので見に行かないわけはなかったです。
話はあまり覚えてませんでしたけど笑



1.キャスト、演技
少佐役スカーレット・ヨハンソン。色々物議をかもしましたが、
このキャスティングは見れば納得がいきました。
この映画を見てもスカヨハは似合わないという人は、
原作が大好きか、人種差別に過敏過剰な人だと思います。

荒牧役がビートたけしでしたが、こいつ警察の人間じゃないだろ笑
一人だけアウトレイジしちゃってるよって思いました笑


2.アクション、映像
原作をイメージしつつも、
ホログラム広告で大胆にアレンジされた街並み。
そこにお金がかかったのか、
アクションが尺も短かったように感じました。
折角のスカヨハなのにもっと見たかったです。


3.原作オマージュ
知ってる人は知っている原作オマージュがとても散りばめられて、
ファンならハッとさせられるシーンが数々ありました。
ただやりすぎるのもただのトレースだし、そこら辺難しいですよねぇ。


4.ストーリー、人間ドラマ
さすがハリウッド版です。とても分かりやすい。
みんなが楽しめるような内容となっています。
ただし、難題で深かった原作の良さが半減されてた気がします。
人間ドラマや心理描写は、
もっと深く掘り下げてもらいたかったです。


5.まとめ
監督が原作が大好きでオマージュも捧げているのはとてもよくわかります。
ですが大衆向けにしすぎて薄味で物足りない感じがしました。
一番気になったのは尺の短さです。2時間まであと20分残ってるから、
そこでもっとじっくり仕上げてもらえたら良かったんじゃないかと、
偉そうですが思いました。 
初見の人がどう感じたかはわかりませんが、
本当に攻殻機動隊を楽しみたいなら原作を見たほうが良いと思います。
映画単体として見ても、なんかやっぱり物足りない気がしました。 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ