SUWAblog

Since2006/3/10

ファンタジー

「眠れる森の美女」マレフィセント4

映画館で二本映画見に行ってきた!
さすがに疲れました(´Д`)ハァ…


1.映像
さすがディズニーとも言うべき映像美です。
妖精の国のCGの美しさと独特の造形美に圧倒されますね。
あとマレフィセントの細かい衣装もよかったです。
成長に合わせて服装や角の形が変わったり(笑) 
ディズニーには珍しいダークファンタジーということで、
暗い場面や黒を使った色使いなども見ることができて新鮮でした。


2.物語
実は眠れる森の美女は見たことがありませんねん(笑)
でも原作とは違う話になってるなってことは見ててわかりました。
原作の裏エピソード的な話じゃありません。別物語です。 
原作ではこんな役だったのに違う!そこがこの映画の見所の一つです。 
僕もこんな話になったとはとみてて驚きました(笑)


3. 人間ドラマ
マレフィセントが体験する出来事や気持ちの変化が、
細かく描かれてて凄く良かったです。
思わず感情移入してしまいました。
こんなにドラマチックな悪役も珍しいかと(笑)


4.まとめ
ディズニーなのにダークな世界観、
悪役が主人公として描かれてるのがすごく新鮮で面白かったです。 
正直思い描いていた内容とは違ってました。
映像も綺麗だし、切ない人間ドラマも心打たれるところがあります。
あまり見たことのない物語になってると思うので、気になる人はぜひ。

「使命を果たす」ノア 約束の舟4

予告編見てすごくおもしろそうだったので見てみました。


1. キャスト
主演はラッセル・クロウ。
「グラディエイター」 に続き、強さの中にも葛藤のある役が似合ってました。
僕が個人的によかったと思うのはエマ・ワトソン。
「ハリーポッター」 以外で見たことなかったのですが、
なかなか感情的でいい演技ができてました。
今後も色んな作品に出てほしいですね。可愛いし(笑)


2.映像美
この映画の見所は圧倒的な映像美。
箱舟に向かう動物たちの群れ、箱舟、大洪水。
これらのスケールの大きい映像がCGだなんて信じられない、
って思うほど精密に壮大に描かれてます。 
また時間の経過をコマ送りにしたり、
夢や回想をハイライト的に写したりなど、
独特の演出がされてたのも面白かったです。


3.物語
聖書とか神話とかわからない人でも大丈夫なように、
解説や説明はされてます。
けど僕にはいまいちピンと来なかった(笑)
でもなんとなく話は見てればわかるのでOKです。
あと子供たちが男か女かわからなかった(笑)
男女関係なく髪長いんだもの(笑) 


4. 人間ドラマ
ノアとその家族を中心に描かれてました。
父、母、子供たちの苦悩や葛藤がそれぞれしっかり描かれていて、
後半は特に見てて苦しかったなーって感じました。
みんなの言ってることがわかる。
どの人物にも感情移入できて見ることができました。
それらの人間模様の中に様々なテーマが組み込まれてるのが良かったです。


5.まとめ
とても完成度の高くていい映画でした。
期待してた内容とは大きく外れていたけれど、それはそれで良かったです。
特に家族の人間ドラマがかなり良かったと思いました。ラストは感動。
あと映像美はすごいので気になる人は映画館で見に行くことをお勧めしたいです。 

「早く人間になりたい」映画 妖怪人間ベム

ドラマシリーズを観てたので、今回も観に行ってしまいました。
平日の夜だったので、映画館人全然いませんでした(笑)


1.初めて観る人でもお薦め
ドラマ観たことないけど、気になる。
そんな人もいるかと思いますが、
この映画は初めて妖怪人間ベムを観る人でも、
話がわかるように作られてます。
これまでの物語や妖怪人間ベムには欠かせない要素などを、
回想や夢といった形で説明してくれてます。
そういった場面がいくつもあるので、
今まで観てきた人にとっては不要な場面に感じてしまうかも。

物語もかなり入り込みやすくなってます。
ある家族を中心とした話になっているので、
子供はもちろん、子供に連れられた親も楽しめる内容となってます。
特に子供中心の話も組まれてるので、
対象年齢である子どもにもとても観やすくなってると感じました。


2.劇場版として
アクションやCGがかなりパワーアップしてます。
アクションシーンはドラマの時よりかなり増えてます。
亀梨も杏も福くんも生身でワイヤーアクション頑張ってました(笑)
ドラマではほとんどなかった本格的なバトルもあるので、
劇場版としての見どころはたっぷりあります。
大掛かりなセットが組まれてる場面も色々あり、
スケールアップを感じました。


3.人間ドラマ
妖怪人間ベムといえばその濃厚で哲学的な人間ドラマ。
根本的なものは変わってませんが、
新キャラクターも加わって新たな要素が出てきており、
より深さと伝わりやすさが出たのかなと思いました。
人間と妖怪人間の対比がさらに出てきて、
それに葛藤する様が何とも言えないですね。
ドラマと変わらないじゃんと正直思いましたが、
さまざまなメッセージが散りばめられているので、
何回も観てかみしめるのが良いのかな?


4.気になったところ
世界観を壊さず、劇場版として昇華してよくできたと思いますが、
演出や話のテンポがドラマのころのまま。
やっぱりドラマの延長線上なんだなぁと思いました。
特に話のテンポがゆるく、
映画として作るならもっと場面を絞って、
テンポよく進めてほしかったと思います。
あとちょくちょく入ってくるドラマの解説が、
ドラマ視聴者の僕としてはうざったく感じました。
まぁこれは仕方ないか。


5.まとめ
ドラマの出来が良かっただけにかなり期待してましたが、
なかなか良かったです。アクションもたくさんあったし、
新たに加わった人間ドラマには考えさせられました。
でもやっぱりテンポの悪さが引っ掛かるところでした。
一見さんでも誰でも見れるように作られてたけど、
じっくりと描いていたドラマの方が好きだったかもしれません。
個人的にはドラマを観ていない人向けに感じたので、
興味のある人はみんな観に行った方が良いと思います。

「サンタ契約」サンタクローズ4

クリスマス映画を借りてきたシリーズ。
第一弾は「サンタクローズ」です。

これいつの映画だろう。
CGや特撮がなかなかすごかったと思います。
CGや特撮であることに違和感を感じません。
昔の映画だけどさすがハリウッドだと思いました。

ありえない話だから面白いと思いました。
設定が斬新だけでなく、
その設定を活かして今後続いていく物語も面白い。
よく出来たお話だと思います。

ファンタジーな設定で、
夢や子供心をテーマにしてる作品ですが、
僕は単に親子の物語であると思いました。
子どものことを信じてあげることの大切さ、
子どもために頑張ることの大切さを感じました。
その為にも、夢や子供心を忘れちゃいけないと思いました。

ファミリー向けな映画ですが、
大人に人にも観てもらいたい作品でした。
たまにはこういう映画を観て、
童心に返るのもいいんじゃないでしょうか。
僕も心が洗われました(笑)家族そろって是非どうぞ。

「帰りたいんですけど」しんぼる3

映画「さや侍」公開記念?っということでレンタルして観ました。
ちょうど旧作になってたから観るのにいい機会でした。

まず、シュールで笑えます。
摩訶不思議の世界で起こる出来事がシュールです。
なんかお笑いコントでも観てるような気分でした。
何かわからなくとも、頭空っぽにして楽しめました。

ラスト。深いなと思うと同時に、
ユニークなこと考えるなぁと思いました。
ちゃんと摩訶不思議のシュールな世界にも意味があって、
ラストはなるほどっと思いました。
監督が世界を意識してこの映画を撮ったと言ってた気がしましたが、
こういうことなのかっと納得です。
ただ内容としては大人向けかな?

大日本人が個人的に残念でしたが(ラストだけ)、
今回はうまく出来上がっていると思います。
面白い面白くない関係なく、才能ある人なんだなと思いました。
ただ観てて思ったのですが、
内容的に全国ロードショー系じゃないなと思いました(笑)
単館系、フランス映画っぽい臭いを感じました。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: