SUWAblog

Since2006/3/10

青春

「青春はいつだって間違える」アオハライド3

公開当初から見たいとずっと思ってたけど、
観に行く勇気がなくて断念してた映画でした。


1.キャスト
本田翼、東出昌大、新川優愛、
千葉雄大、高畑充希などの注目若手俳優が出演。
凄く上手とも言えないけど、
とても役に似合ってて良かったと思いました。
本田翼がちょっと若くて可愛かったです。 


2.物語
これぞ青春と思われる要素がつぎ込まれていて、
全編胸キュンって感じです(笑)
恋愛のベタベタな演出で胸キュンというわけじゃなく、
青春映画でよくあるようなネタが多く含まれてました。
ああ、青春だなぁ。なんて思いながら見てました(笑)
話の流れとしては、前半はよくある青春もので、
後半から流れが変わって面白くなってきたかなって感じです。 


3.人間ドラマ
先ほど書いた通り、これぞ青春と呼ばれる要素がいっぱいあり、
それらを経験して主人公や他の人物たちが成長していく姿も描かれてます。
ラブストーリーといえばそうですが、
そうでないところもいっぱいあったとも思います。 
主人公を通して、人と向き合うこと、真の友情や恋愛とはなんぞや、
ということが描かれてたのではないでしょうか。


4.まとめ
個人的な感想になってしまいますが、
最近見た映画orangeと重なる要素がたくさんあり、
orangeと似てるなぁって思いながら見てました。
ですがやっぱり最後は違うところもあって、
結果面白かったと思いました。
映画自体は爽やかで見やすい映画だったと思うので、
気になる人には薦められる映画でした。 

「救うよ」orange-オレンジ-5

6本観ると1本タダで、ちょうど溜まってたので無料で観に行きました。
ちょうど終業式だったらしく、学生が凄く多かったです。
一人でもに行きましたが、
もう誰が観に行ってるかなんてどーでもよくなりましたね(笑) 
ちなみに原作コミックは全部読んでます。
感想は、良いマンガだとは思ってましたが、
そこそこかなという程度です。


1.キャスト
有名どころのメインキャストは土屋太鳳と山崎賢人くらい。
土屋太鳳はあの柔らかい雰囲気がキャラクターに似合ってました。
山崎賢人は、ホントカッコよくて見てる方が辛くなります(笑)
あとは知ってる人と言えば山崎紘奈、真野恵里菜、
鶴見慎吾くらいでしょうか。 


2.実写映画として
原作では描くのが難しかったところが、映画では描けてしまう。
そこが映画化するうえでの強みだと感じました。
長野県松本市の美しい風景が見所の一つです。
漫画の表紙に描かれてた松本の風景を、
登場人物たちが実写として映っているのは良いところだと思います。
その他学校行事やお祭りなども大きく描かれてて、
映像としての見応えはかなりあったと思います。


3. 物語
かなり原作に忠実だったと思います。
5巻もある原作をよくこんなに綺麗にまとめられたなって思いました。
やはり若干の変更点、描かれ方が違う、
描かれてない部分があるなどはありましたが、
そこは別に良い変更だったと思います。 
原作の味を損なわず実写化出来ていたと僕は思います。
(仕上がった内容に対して原作者が、
 実写版は見たくないとコメントしたらしいですが、
 僕はこの映画のどこがいけないのかわかりません。
 むしろ良くなってると思ったくらいです。)

あと物語自体はかなりわかりやすくなっていたと思います。
主人公の心の声が出てたり、
わかりやすい描写が場面に追加されたり、
偏差値が低そうな学生でもわかるような内容だったと思います
(おい表現が悪いぞ) 


4.人間ドラマ
原作本を読んでる僕から言わせてもらうと、恋愛映画ではありません。
SF青春ストーリーです。恋もあれど友情ありです。
ですので男が観に行って恥ずかしい映画ではありません。
内容はほぼ原作通りではあるのですが、
音楽や俳優の演技、演出が追加されたりなどをして、
より一層感動的になってました。
恋や友情、人の暖かさを感じられるような映画でした。
暖かい涙がポロリと出てしまいそうでした(笑)


5.まとめ
原作コミックの実写化なので、
原作を超えることはないだろうと思って観に行きました。
ですが僕は原作を超えたと思います。
原作を壊さずにとても見やすく、綺麗に上手にまとめ、
より感動的に仕上がってました。
原作じゃ泣かなかったのに、映画では泣きそうになりましたからね(笑)
ですので原作を読んでなくて興味がある人には、
映画の方を強く薦めたいです。
もちろん原作読んでから見ても楽しめますけどね。

僕個人としては、実写化してよかったと思ったと思う、
数少ない映画になりました。
他の人が手にかけてる映像にする、
映画化する意義が感じられた映画でした。

「可能性」ビリギャル5

有村架純目当てとか関係なくおもしろそうだったから観ました。
夜の平日に見に行ったはずなのに、
映画館はヤンチャメなオニーチャンオネーチャンばかりでした。怖ーい! 
まぁ主人公がギャルだからねぇ。


1.キャスト、演技
ギャル役が人気絶頂の有村架純。
似合うかなぁと思ってましたが、ギャルになってました。
とは言っても主人公の持つ人の良さというのがにじみ出てて、
ピッタリの役だったんじゃないかと思いました。
凄くまじめでポジティブな塾講師には伊藤淳史。
これもまた真面目でまっすぐな役がよく似合います(笑)
あと良かったのが母親役の吉田羊さん。
主役ばかりに目が行きそうですが、
母親としての役柄や演技にも注目してほしいところです。


2.物語、人間ドラマ
実話と基にした物語ですので、なんかもうスゲー王道で感動的な話ですよ。
話もありきたりなものですわ。
・・・そうとわかっていても、感動してしまいました。 
なんでこんなに王道なのに、話の展開とか大体読めてるのに、
感動したと思えるのかは、
やっぱり主人公の過去、取り巻く家族、友人、
教師たちを交えた物語だからでしょうか。
頑張る主人公を通じで周りがどう変化し、どう成長発展していくのか。
周りが主人公に対してどう接していって、それがどう変わっていくか。
頑張るだけじゃなくて、それを通じての絆や愛の物語が描かれてるから、
きっと感動で来たんじゃないかと思います。


3.まとめ
・・・なんか大事なこといっぱいしゃべっちゃった気がしますが(笑)
久々に理屈抜きで勇気と感動をくれた、すごく面白い映画でした。
頑張ることに大切さだけじゃなく、家族愛や友情もいろいろ描かれてて、
人間ドラマやメッセージもモリモリです。
主題歌のサンボマスターも最高です!(笑)
雑なレビューになってしまいましたが、
元気や勇気、自信、人間関係において大事なことなど、
いっぱいエネルギーをもらえる映画です。
お薦めですので是非ご覧になってください。

「ムっちゃん、行かねぇの?」宇宙兄弟3

年末年始といえば、忘年会、初詣、スキーや旅行、
そして家でダラダラDVD鑑賞!
いずれの年末年始らしいことできてないので、
せめて家でダラダラ映画でも見たいなと思い、
観ようと思ってみてなかった邦画をたくさん借りてきました。

宇宙兄弟は映画化が決まった時に気になって、
アニメを4〜5話くらいまで観てました。


1.映像
個人的に良かったと思うのが映像です。
JAXAやNASAなどの宇宙施設、
アメリカでのロケ、ロケット発射シーン、
月でのシーンなど、かなりお金をかけて再現されてます。
色も鮮やかで見てて気分が上がるような映像になってたと思います。
少し自然体な取り方や演技もよかったと思います。


2.物語
物語的に大事な宇宙飛行士へ目指す経緯や試験などは、
原作に忠実だと思いました。 
原作として大事なポイントはかなり押さえてたと思います。
話のテンポは少し遅めかもしれないけど、
とても丁寧に作られてたと思いました。


3. 人間ドラマ
少年の頃思い描いてた夢、純粋な心を取り戻してくれるような映画でした。
自分の思いにまっすぐに生きていたい。
そんなことを思わせてくれる映画でした。


4.まとめ
とても純粋で良い映画だと思いました。
こういう心も大事だなと思いながら見ててました。
映像の再現度もかなり良かったし見てても楽しめる映画と思います。 
ちょっと心が疲れた時に見ると元気と勇気をもらえそうな映画でした。 

「ごめんなさい」ホットロード5

夏休みというのは恐ろしいもので。
夜6時くらいに見に行ったんですが、
見に来てたお客のほどんどが10代の若者だったんですね。
女の子同士で見に行ってたり、カップルで見に行ってたり、
半分以上それで埋まってましたね。
その中にポツンと大学生みたいな見た目のおっさんが一人(笑)
寂しすぎて死にそうになりました(笑)
早く彼女ほしい!!


1. キャスト、演技
主演は朝ドラ「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈と、
3代目 J Soul Brothersのボーカル登坂広臣。
注目なのはこのフレッシュな二人の演技ですね。
能年玲奈は不良言葉がつたないものの、
主人公の孤独や寂しさをその表情で見事に演じれています。
登坂広臣も役者初めてとは思えないほど上手でした。
この二人の演技だけ見ているだけでも新鮮で面白かったです。


2. 映像
映像が綺麗な作品です。淡く爽やかな色使いで、
所々に現れる写真のような風景が綺麗。
暴走族が出てきても全然ごつくない(笑)
透き通って見えるような映像美と雰囲気に、
つい引き込まれてしまいました。


3.物語
原作が漫画なのですが最初から映画として、
用意してあるのかというくらいよくまとまってました
(原作を知らないから言えることなんだろうけど)
ゆっくりながらもテンポよく進んでいきます。
ただし、とても静かな映画ですし、尺も長いので、
途中で飽きそうになりました(笑)
面白くないわけじゃなかったんだけど、
時間の長さを感じてしまいました。


4. 人間ドラマ
青春ラブストーリーだと思って、
ホイホイ見に行ってしまう人が多いでしょう。
確かにそうなのですが、話の根本はそこではありません。
どちらかといえば少女の成長を描いた青春ドラマです。
キャラクター一人ひとりにリアリティが凄く感じられてて、
素行不良が題材なのに自然と感情移入できました。
表情を撮るシーンが多くある映画なのですが、
セリフも大事なところで入るので、
メッセージ性もわかりやすく伝わってきます。 
雰囲気だけよくてよくわからない映画にはなってないなと思いました(笑)


5.まとめ
演技もよくて映像が綺麗なので自然と入り込めた映画でした。
人間ドラマやメッセージ性が凄くいいので、
見に行って良かったなと思いました。
原作が傑作コミックと言われるのもよくわかります。
ただし時間の長さを感じやすいと思うので、
個人的にはDVDで見に行ったほうがいいと思います。
泣けたとまではいかなかったですが、  
重い内容でも爽やかでしっとりとした映画だったなと思いました。
気になる人はぜひ。 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: