SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ:映画レビュー(ジャンル別) > ラブストーリー

5
公開当時観に行こうか迷ってて観に行かなかった映画でした。


1.キャスト
福士蒼汰、小松菜奈主演。
小松菜奈こんなに可愛いかったっけ?
役のせいかな?演技も上手だし見直しました。
福士蒼汰は福士蒼汰でした。ある意味安定感があります。


2.物語
胸キュンの青春ラブストーリーが展開されながらも、
タイトルと序盤の話からして「これってこういうことだよな」
っと伏線に気が付きながら前半が過ぎ、
後半以降から明かさられる真実。
個人的には薄々わかっていたけど、
詳しくわかると「へぇ〜なるほど!」っと驚きがあったり。
でもこの今までにないような設定が、
凄く切なく泣ける物語になっていました。
わかっていても泣けるってのかな?ずるいです。


3.人間ドラマ
恋愛はどうするものか、デートはどうするものか。
そういうところから、この物語の発想が得られたのかなって思いました。
非現実的ながらも、どこか普通の恋愛ものにも感じられる物語でした。


4.まとめ
青春胸キュンなところで心を持っていかれ、
物語に引き寄せられ、ボロっと泣かせてくる映画でした。
映画として「ココは良くない、ココはダメだ」とか、
難癖をつける暇もなく気が付けば映画が終わっていました笑。
それほど完成度の高い映画だったんだと思います。
恋愛ものや青春ファンタジーが好きな人にはとてもお薦めです。
あと個人的には写真のようは淡い映像美が良かったです。

3
好きだー!!
俺物語!!はアニメなら全話観ました。


1.キャスト
剛田猛男演じる鈴木亮平の再現度の高さにびっくり。
体格、演技、まさしく猛男でした。
もうちょっとコミカルな表情みたかったかなとは思いましたが、
そこは漫画アニメには敵わないところですよね。
大和はもうちょっと天然っぽい感じ欲しかったけど、
なかなか良かったです。
一番よかったのは砂かな!?


2.物語!!
ちょっとネタバレになりかねないかもしれませんが、
やはり多少のオリジナル要素もあります。
しかし脚本、セリフ、話運びが違えど、
原作へのリスペクトを感じる作品です。
俺物語!!の実写だ!っと思える、
期待を裏切らない内容になってました。 


3.人間ドラマ
こちらも多少の味付けはされ、
膨らませてより映画らしい展開にはしてありますが、原作通り。  
ちょっとよくありがちな感じにはなってたかな?


4.まとめ
多少の内容変更はあれど、原作へのリスペクトを忘れない、
原作が好きな人も楽しめる映画になってると思います。
何も考えずに笑えて楽しめました。
初めて観る人でも面白いはずです。 

4
何年の前から原作本がうちにあったけど、
読まずに放置してたら映画化されてしまったので観に行きました(笑)
しかも原作本を読まずに(笑)


1.キャスト
主演が前田敦子ということで「なんであっちゃんなんだよしょべぇ」
って思ってたのですが、役柄を見て「あぁ、だからか」 って思いました。
さすが元アイドルだなという役でした。
エラ骨削っといてよかったね(笑)

あと木村文乃演じる石丸美弥子の父役として、
片岡鶴太郎が出てきてましたが、
なんで鶴太郎でないといけなかったのか理解できないほど、
出番が少なかったです!別に重要な役でもないのに!(笑)


2.  物語
映画を見た後に原作を読んだのですが、
多分まっとうに再現してたら映像化できない内容です。
映像化するにあたって「ある設定」 と「異なるラスト」が追加されています。
これを映画だけ観に行った人が、
まだ観に行っていない原作読者へネタバレするのはダメです。
その他細かい変更点はありますが、基本的には原作に忠実ですので、
こんなの違う!っと期待を裏切るような中身にはなってないと思います。

物語内容としては、切ない純愛ラブストーリーで、
普通に観てても面白いです。
最初は伏線を探してたりとかしてたのですが、
あとからは単純に物語にのめりこんでました。
映像演出も恋愛ものとしてされているので、
何がミステリーなのかわからなくなってしまいます。ずるいです。 


3.まとめ
とても上手に映像化された映画だと思いました。
ミステリーもそうですが恋愛話としても面白かったです。
恋愛ものですが、別に友達同士とか家族とか、
一人で観に行っても恥ずかしくないので気軽に観に行くといいと思います。

3
凄く前から気になってた映画でした。


1.注目点
今回この映画を見ておもしろかったと思うのは、
主人公演じる吉高由里子のファッションです。
場面場面によって服装が違い、
それが人物の性格や心情、TPOなどを的確に表しているなと思いました。
またその主人公が飲んでる酒も場面によって変わっており、
主人公の気分を表しています。
こういう細かいところにも注目して見ると面白いかもしれませんね。


2.作風
映画自体としてはちょっとドタバタのラブコメです。
所々ぶっ飛んでて笑ってしまったシーンもいっぱいありました。
ですがリアリティが全然ないわけじゃなくて、
おさえてるところはおさえてるなって印象です。
物語の内容としては、イマドキにありそうな人物たちで、
自分と年も近いところもあるので、何かと共感しやすかったです。



3.まとめ
最近まとめるのが早い(笑) 
恋愛や遊びについてをドタバタコメディを真面目ながら楽しく描いてる作品です。
面白かった〜って感じで終わる作品ではありますが、
同世代ならわかるわかると思えるところもあるので、
気になる人は見てみてください。
個人的には今の自分が主人公に近いところもあるので、
ちょいちょい共感しながら見てました。頑張らねば(笑) 

4
久々にブログの管理画面立ち上げたら、
PV(アクセス数)とUU(訪問者数)が観れるようになってて驚きました。

この映画の凄いところは映像と音楽の演出です。
映像は映画であることを無視したような演出ばかりで驚くばかりでした。
時におかしく、時に美しく。
リアリティとか完全無視ですが、主人公の心情をよく表してました。
音楽ではメジャーアーティストからマニアックなバンドまで、
様々な音楽が流れてます。
これもまた登場人物の心理描写を描いたり、
映画を盛り上げてくれたりしてます。
音楽に詳しかったり好きな人は見ていて楽しいかも。

幸薄な主人公と性に関する物語が面白かったです。
ドギマギする草食系男子を見て笑いが止まらなかったです。
性に関する話題も触れられ、
恋に性に奮闘する主人公がおかしかったです。
男子ならこういう気持ちを、
一度は味わったことはあるんじゃないでしょうか?
ただし、そういう話題に縁のない人は見てて辛いかも・・・。

最初はおかしかった物語も段々シリアスになっていき、
主人公を応援したくなってしまいます。
モテキを通じて描かれる、本当の恋とは??

奇抜な映像と音楽の演出、
性に関するギャグなどでとても楽しかったです。
が、それだけの話じゃなく綺麗にまとまってます。
それが良いという人もいれば、
そのままおバカ映画で終わってほしい人もいると思いました。
僕はどちらかというと後者だったかな。でも面白かったです。
主人公みたいなイマドキの草食系に是非観てもらいたい映画です。
きっと共感できるし、勇気がもらえると思います。
女子はこの映画を観てどう思うんだろうなぁ・・・?

↑このページのトップヘ