SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ:映画レビュー(ジャンル別) > コメディ

3
銀魂という作品は一部だけ知っていてて、
今回描かれる最初の頃の話は知らないという程度の知識で、
観に行きました。


1.キャスト、演技
あんな豪華キャストが、あんなことや、
こんなことまでするなんて・・・です。
小栗旬の銀さんっぷりはかなりのものでした。
カッコいいカットがたくさんあって、
銀さん役が小栗旬でよかったねと思いました。
個人的には長澤まさみのお妙さんが最高でした。
美貌、演技すべて最高でした。MVPです。
あと佐藤二郎が面白すぎます。
銀魂とかは関係なく佐藤二郎だけ佐藤二郎でした。


2.コメディ演出
あの大きなスクリーンで、あの豪華キャストで、
こんなに予算も使って、
コントみたいなおバカなコメディをやります。
映画とは思えない、ドラマでもやらない、
コントでもここまでやらない、
そんなぶっ飛んだことをやってくれてます。
しかしこれは、銀魂でやっていたこと、
銀魂ならこうするだろうと思われることを、
ただただ再現しているに違いありません。
映像を再現するのに使っているものの豪華さと、
やっていることの馬鹿馬鹿しさのギャップがたまりませんでした。

あとどうしても感じてしまうコスプレ感、
実写化としてのしょっぱさも、
銀魂という世界なら許せてしまうのがずるいです。
むしろそれを逆手にとって面白くしてるまであります。
これはずるいです。


3.まとめ
キャラクターも、コメディも、アクションも、人間ドラマも、
銀魂という作品を真正面から作り上げている気迫、
原作への愛を感じる映画でした。
ここまでやると清々しいです。
豪華な食材を全部ごちゃ混ぜにしたカレーのような作品でした。
あとUVERworldの主題歌で作品の熱量とカッコよさが三割増しになってました。
UVERworldに感謝ですね。続きを読む

4
映画館、若いカップルばっかりだったよ!
デートムービーだったのかよこれ!


1. 物語
テッド2というタイトル通り、続編です。
まず1を観てない人は1を観ましょう。 
そして少しネタバレになってしまうかもしれませんが、
物語の流れ的には1と同じです。 
同じように楽しめると言ってしまうと聞こえがいいですが、
新鮮味はあったのかなと疑問です。
ですが中身自体は新しいものとなっていますし、面白かったです。


2.コメディ
1が衝撃的だっただけに、
なかなかハードルが高かったでしょうか。
笑えましたが、大笑いとまではいかなかったかなと思いました。 
1でユニークだった日本版の意訳も少なかったです。
今話題になってるデリケートな現代社会要素を、
ストレートにブラックジョークにしてしまうのが多かったです。


3.人間ドラマ
1はテッドの主人公がメインでしたが、
2ではテッドが中心に話が進んでいきます。
基本的にふざけた内容ですが、
人間ドラマ的にはテーマが色々隠されてたのかなと思います。
意外と真面目なところも多かったです。


4.まとめ
こんな風に描くと1より面白くなかった残念みたいな印象の感想ですが、
基本的には面白かったです。
物語内容も前回とは全然違くて、
現代社会の問題とかテーマが見え隠れしてて面白かったです。
ただ前回がお下劣すぎて凄く笑えたため、
ギャップがあったのかなと思いました。 
ちょっと大人になったテッドだったかもしれませんね。 

3
公開初日(エイプリルフール)に行ったら、
映画館は春休み真っ最中で子供だらけ。
上映時間間近だってのにチケット売り場には長蛇の列(30くらい?)
間に合いそうになかったので一旦引き換えし、
別の時間帯でネット予約をしました。
そして改めて出発し、買い物した後昼飯食おうとしたら
フードコートが長蛇の列の満席。
渋々昼飯は抜いて映画館で観ながらポップコーン食べてました。
エイプリルフールなんてクソ食らえだー!!


1.キャスト陣
豪華キャストが話題ですが、よくあるハマリ役を演じてる方もいれば、
イメージと違った役を演じてる方もいて新鮮でした。
特に松坂桃李のクズ野郎っぷりがよかったです(笑)


2.物語
群像劇です。よくあるバラバラの物語が一つにつながる系です。
そこにうんと期待をしてましたが、それほどでもなかったかな?
確かにそれがなかったわけではないんですけどね。
それよりも個々のエピソードが良くできてて、
笑いと感動のハートフルな物語となっています。
良い話だなーっと思うだけでなく、
嘘が生んだミラクルな結果が面白いものとなってます。


3.まとめ
凄く短くなりましたが、何も考えずに楽しめる映画でした。
笑ってちょっと感動、物語もちょっと驚きの展開。
色んな登場人物が出てくるのでどれか面白いのが出てくるはずです。
映画館で観るのはちょっと?と思うかもしれませんが良い映画でした。
DVDで観るくらいがちょうどいいかな?

4
連休取れた\( 'ω')/ウオアアアアアアアアアアアア!!!!!
仕事の疲れも溜まってるのでおうちで映画鑑賞です(笑)


1. ポール
個人的に宇宙人であるポールが良かったなと思いました。
まずはCG。実写となじんでてとてもリアル。瞳もすごくきれい。
なのもそうなのですが、まるで人間のように生きて見えるのが凄い。
凄きもそうですが、
表情がこまやかですごく感情移入がしやすかったです。
モーションキャプチャーとか使ってるのかな?
違和感がなくてホントに生きてるように見えました。


2. 小ネタ
SFもののパロディや小ネタがちょいちょい仕込まれています。
映画が好きな人は思わず笑ってしまうようなところがあります。
逆にそういうネタを知らなくても普通に面白いので大丈夫ですよ。


3.物語、人間ドラマ
物語はドタバタコメディらしく、
予想のつかない展開になって飽きがこなかったです。
あと個人的によかったのが人間ドラマ。
ちょっと心温まるいいお話になってたのではないかと思いました。

4.まとめ
SFを知らない人でもかなり楽しめますが、
SF好きはもっと楽しめる映画だと思います。
内容もよくできてて楽しく面白いものになってるので、
色んな人が見れる作品だと思いました。面白かったです。 

4
友達と遊びに行くことになり、映画を見ようといことになりました。
何を見ようと選んでいて最初「青天の霹靂」 を見に行こうとしてたのですが、
評判がまあまあということもあり、
あえてこのあまり見る人がいなさそうな「薔薇色のブー子」 を見ることにしました。


1.キャスト
主演は指原莉乃。 彼女がホントに主人公です。
ちょっと演技が微妙なところもありますが、
体張ったりコメディ演技頑張ってました。
豪華キャストの無駄遣いっぷりも面白いです。
ユースケ・サンタマリア、鈴木福、 佐藤二郎、小嶋陽菜など、
見たことあるような人をじゃんじゃん使ってます。
内容に釣り合わないくらいの豪華さがまたいいですね。


2.コメディ
「変態仮面」 「俺はまだ本気出してないだけ」などのコメディ作品を得意として、
今乗りに乗っている福田雄一監督。
今回は多分どの作品をも超えるくらいのドタバタコメディです。
ホント漫画みたいな、コントみたいなコメディの連発で、
ずっと笑いっぱなしです。
芸能人イジリやパロディ要素もかなりあってホントくだたなくて笑いました。


3.人間ドラマ
しかしただのコメディで終わらないのがこの作品。
主人公の設定と成長物語、親子の絆なんてものが描かれてて、
ちょっといい感じでお話が終わります。
自分も変わる!頑張るぞ!っと元気をもらえる映画でした。
あと、主人公がいかにも指原莉乃らしいので入り込みやすかったです。 


4.まとめ
ホントくだらないコメディで笑える単純な映画ですので、
お気軽に見に行ってしまってください。
映画館で見に行っても満足できた面白い映画でした。
さすが福田監督ですね。なんて思っちゃいました。 

↑このページのトップヘ