SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ:映画レビュー(ジャンル別) > ヒーロー

3
スーサイド・スクワッドのハーレイ・クインみたいに、
DCコミックシリーズは女性キャラを売り出す方向なのかな?


1.アクション、CG
アクションシーンが凄くカッコイイ。
スピード感、躍動感のある超人アクション、
スローモーションを使った魅せる演出。
テーマ曲も合わせてとてもカッコイイです。
スーパーヒロインと兵隊との戦いも珍しかったので、
とても楽しむことが出来ました。
だけども個人的にはあのドラゴンボールみたいな
VFXアクションはどうも好きになれません。


2.キャラクター
スーパーヒロイン、ワンダーウーマンの
魅力たっぷりよみたいな映画です。
世間知らずなお嬢様っぷり、真っ直ぐな正義感、
超人的な能力、そして成長ドラマ。
つかんで離さないような魅力にあふれてました。


3.物語
バットマンvsスーパーマンの時もそうだったけど長い!
全体的なシーンをテンポよくギュッとすれば、
二時間に収まっただろ!おしり痛くなっちゃったよ!
長ければ良いってもんじゃないよ全く!
・・・とはいうものの今回は比較的時間の長さを感じにくいと思います。
テンポは遅いけどね。


4.まとめ
ワンダーウーマンという新しいヒロインの魅力たっぷりの映画。
アクションシーンの演出が凄くカッコイイので、
これを見れただけで良かったなと思いました。
ドラゴンボールみたいなアクションは好みとして、
話が長いのはどうにかしてほしいです。

4
初代映画版から大好きなスパイダーマンが帰ってきました。
アベンジャーズと関わる今作どうなるか、
楽しみに待っていました。



1.新しいところ、スパイダーマンらしいところ
「これまでとは違う新しいスパイダーマン」
というところと、
「これぞスパイダーマン」というところが、
絶妙にバランスよく取られてました。

今までとは違う始まり方、新しい登場人物、
スパイダーマンの能力などなど、
新鮮に楽しめるところはさまざまでした。
笑える楽しいシーンがたくさんあり、
今までのスパイダーマンの中で一番明るい作品だと思います。
個人的には前までのピーターパーカーの性格は暗くて、
スーツを着て陽気になる様に違和感ありました。
今回のピーターパーカーは陽気で明るく、
スパイダーマンになっても言動に違和感がなくてピッタリでした。

新しい一面を見せつつも、
これぞスパイダーマンだと思わせるところはちゃんと描かれています。
あまり詳しくは書けませんが、
ピーターがヒーローとして人間として成長していく様、
正体を隠しながら学業や私生活と両立させていく様など、
これぞスパイダーマンです。
逆に初代映画版スパイダーマンが凄かったんだなって思わせてくれます。



2.まとめ
とても楽しい映画でした。
今まで暗くてシリアスだったスパイダーマンとは違います。
しかし初代スパイダーマンを彷彿とさせる面白さが詰まっており、
とてもバランスよくて凄いです。
アベンジャーズ絡みで新しく新鮮な要素もあって、
今までのシリーズを見てた人も退屈しません。
「アベンジャーズ色に上手に染まってみたけど、
 全て染まり切っていないスパイダーマンらしい映画」でした。
従来からのスパイダーマンファン、アベンジャーズファン、
誰でも楽しめる完成度の高い映画だと思いました。

4
ヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリン。
てことは後から他の誰かがウルヴァリンをやる可能性あるってこと?
そもそもまだX-MENシリーズは続くの?


1.キャスト、演技
最後のウルヴァリンは例えるなら、
現役を離れ老いぼれてしまった孤独の元スター選手。
長年戦いの中でいき、その中で数々の大切な者を失って生きてきた。
そんなウルヴァリンの抱える孤独や寂しさが、
言わずとも演技として滲み出てきて、
深い人間ドラマを描き出しているんだなと思いました。
役者ヒュー・ジャックマンの演技力に驚かされました。
ヒーローではなく人間味のある「ローガン」で良かったです。
また、今回カギを握る少女ローラを演じた子が凄く可愛かったです。
将来絶対美人になるで。


2.演出、世界観
荒野が続くメキシコの殺風景、アメカジな服装、
銃撃と接近戦しかないバイオレンスアクション。
ヒーロー映画であることを忘れてしまうほどの、
ドライでハードな大人の世界観です。
それら全てのものが、ウルヴァリンの最後を象徴し、
語らずとも人間ドラマを表現していました。


3.まとめ
映画にあるものすべてが、
ウルヴァリンの最後のために作られた。
これって映画作りにおいて大切なことだよねと思いました。
ですので完成度は抜群です。
そしてヒーロー映画ではないですね笑。
シリーズものではなく1本の大人向けの、
濃厚な人間ドラマとして楽しめました。

4
3D日本語吹き替えで観ました。


1.映像・3D
空間と重力、時間を超越した、見たことのない映像体験でした。
最初から最後まで、驚きの連続です。
建物や物が次々折りたたまれ、変形していく中、
キャラクターが動き回ったりするのですが、 
「これどうなってるの!?」 ってずっと思ってました笑
吹き替えが好きではないのですが、3Dで観に行くべきと聞いて3Dにしました。
大正解でした。是非3Dで観ましょう。


2.物語
哲学的でユニークで良かったと思います。
難解なところもあったし、突き詰めれば深い物語設定だったので、
「もっと知りたい!」っていうのが本音でした。
ジャンプ漫画みたいで面白かったです。


3.人間ドラマ
強烈な世界観だったので、
人間ドラマとしてはモヤモヤしたところもあったかなってのが本音です。
物語設定と登場人物の人間ドラマが、
リンクしていたところが良かったのですが、
抽象的というか哲学的というか、
煮え切らないところもあったかなって思います。
人物の葛藤や成長もちょっとわかりにくかったところも。
次に期待したいですね。


4.まとめ
映像と世界観だけでかなり楽しめる、
まさに「娯楽映画」という映画が久々に出てきました。
迫力の映像でドキドキしていたあの感覚が、
久々に味わえる映画で良かったです。
観るなら絶対映画館!あと3Dで!

3
1.キャスト、演技
ウィル・スミスがクールでカッコよかったです。
アクションのキレの良さ、役の幅の広さはさすがだなと思いました。
ハーレイ・クインの可愛さは前評判通りです。

あと気になったのがカタナを演じた福原かれん。
海外で活躍する方で日本に帰ることが少ないのか、
日本語が多い役柄なのにその日本語がカタコトです。 
アメリカ人は気にならないかもしれませんが、
日本人にはかなりの違和感。演技もどうなんだろうって感じです。
アクションは良かったですけどね。

「ダークナイト」で強烈な印象を残したジョーカー。
今回はやはりそのインパクト、演技には全然敵わないって感じです。
ただ今回は「悪のカリスマ」だけではないキャラなので、
差別化されててよかったかなって思いました。
言うなれば「クレイジーな彼氏」でした笑



2.アクション
激しい銃撃戦と肉体アクション、
そしてスーパーヒーローらしい派手なCGアクションもありで、
場面も多かったので楽しめました。
各キャラクターのアクションが個性的な動きをするので、
そこも良かったです。



3.物語
色々あった内容を切り取ったのか、
編集がちょっと雑な感じがしました。
ですが話のテンポがとても良くて、退屈させてくれません。
あっという間に映画が終わったと感じました。



4. 人間ドラマ、魅力
この映画はスーパーヒーロー映画ではないというのが一番の魅力です。
私利私欲で動く個性的な悪党たちが、どんな心情で戦っていくのか。 
その純粋な欲望のまま動く様、それがどう変化していくのか、
この映画の一番面白い所でした。
あまりにも純粋なキャラクターは、悪党なのに虜になりそうって感じ。
とても人間臭い物語になってたと思いました。


5.まとめ
前作「バットマンvsスーパーマン」が、
やたらと長くて辛気臭くて結局ドンパチして終わる映画でした。
今回は短くて楽しくて濃い映画です。
キャラクターたちの魅力がたくさん詰まった映画で、
自分の中の純粋な感情が溢れてきそうになってしまいます。
今までのヒーロー映画にはない、面白さのあった映画です。
ただちょっと期待外れな演技な人がいたり、
荒削りなところが気になったかなと思いました。
ま、細かいこと気にしないで観れる映画だからいいか笑

↑このページのトップヘ