SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ:映画レビュー(ジャンル別) > パニック

3
第一作目「シャークトパス」の次に観ました。
他のやつレンタルされてないんだもの・・・。

普通のパニックではないB級映画であることを認めたのか、
開き直ったのか、やりたい放題です。
コメディ映画のような頭のイカれたキャラクターが次々登場し、
笑わせてくれます。
怪獣たちが襲うシーンもB級コメディ満載演出で、
「これでこそ笑えるB級パニック映画!」 
という感じになってます。突っ込みどころは満載です。

ですが登場人物たちを面白おかしくしたせいで、
肝心の怪獣たちがあまり目立ってない?とか思いました。
怪獣同士の戦いが見所ですが、もうちょっと観たかったというのが本音です。

よりB級らしく、面白おかしく進化した映画で、
テンポも良くあっという間に見終わったという感じです。
硬派なパニック映画を狙いに行った第一作と本作。
好みが分かれそうですね。
映画としての面白さはこちらが上かなと思いました。 

3
ネットでこの映画を見つけて、見てみました。
たまに見たくなるこういうB級パニック。

・・・カテゴリ別に分けて書く必要もなしです(笑)
サメとタコが合体したシャークトパスが襲ってくる映画です。
予算がなかったのがシャークトパスのCGがショボい(笑)
そしてのどかで楽しい観光地の演出&ベタなBGM
→にぎわう観光客→サメが襲うのお決まりパターンが何度も何度も起こり、
色々と期待を裏切らない展開になってます(笑)
綺麗な水着のお姉さんもたくさん出てきますし、
まさにサメパニック映画です。

ですが、登場人物はふざけないし、
ちゃんとした物語、人間ドラマもあるところが見所です。
サメを捕まえる者たち、それに巻き込まれる者たち。
あれ?意外とちゃんとして観れるかも?
真面目にパニック映画やってるの?
とか思わせてくれます。

ですが、ちゃっちいB級パニック映画であるのは間違いないので、
大きな期待をせずに見ましょう。
僕としては、もっと笑える映画だと思ってました。
テンポももう少し早ければ良かったです。
あと海賊ラジオのお姉さんがきれいでそこが一番よかったです(笑) 

4
レヴェナントの次に観に行きました。


1. 主演、演技
大泉洋、有村架純、長澤まさみの旬と実力を持ったキャスティング。
2〜3年前の撮影だったので、有村架純が少し若くて可愛かったです(笑)
三人の演技はさすがでした。
長澤まさみはホント大人っぽくカッコイイ女優さんになりましたね。 


2.アクション、表現
日本映画なのにここまでやるかというくらいの、
アクションとグロテスク満載です。
R15指定なので、洋画顔負けのバイオレンス表現。
最初のシーンは結構怖かったです。
合成や特殊造形、撮影技術も凄いですね。
というのもそのスケールが大きいのです。
街の一部やモールを貸し切って行った大規模なアクションシーン。
カーチェイスもあるし、エキストラやスタントも本格的。 
かなりお金もかけてますし、スタッフも頑張ったんだろうと思います。
・・・詳しく書けないのが残念です(笑)


3.物語、人間ドラマ
冴えない男がパニックに巻き込まれて・・・ていうのはよくある話。
そこを変えるのがそれぞれのキャラクターや、独特のユーモアです。
こんな状況なのにこんなこと言うの?っていうところが、
クスっと笑えますし、人間味が出ています。
殺伐とした状況でも、人間の暖かさを少し大切に感じさせるのが、
良かった点であり、他の映画と違うところなのかなって思いました。


4.まとめ
洋画顔負けのアクションとスケール、
本格的なグロテスク表現で、驚く人はかなりいるでしょう。
GANTZや図書館戦争の監督さんなので、
そこはさすがだなって思いました。
その映像の迫力と恐怖だけでもかなり見ごたえがあります。
ですがどこかユーモアの効いて面白いところもあり、
日本らしさも持っているような映画です。 
GW映画も始まったばかりですが、
いきなりイチオシ映画が出たのではないかと思います。

4
海外版ポスターの迫力が凄かったので、
特に予備知識もなく映像も見ずに観に行きました。 


1.映像 
1800年代を再現した街並み、
船の造形はもちろんハリウッドならではなのですが、
凄かったのが航海シーンと鯨との戦いのシーンです。
CGと実写を上手く使い分けており、
鯨との戦いを違和感なく再現。
白鯨との初遭遇の緊迫感と迫力ある映像は、 
映画館で観に行ってよかったっと思えるところです。


2.物語
鯨との事故の真相を知る人物を、
小説家がコンタクトを取るところからスタート。
最初から古い時代設定なのに、
さらにそこから時代を遡って話が始まるのが個人的には面白かったです。 
小説「白鯨」の元となった実話が描かれており、
アドベンチャーとは言い難い厳しい現実の話でした。


3.人間ドラマ
物語の中に様々な要素が含まれてて、意外と見応えたっぷりです。
生まれの違う二人の人間関係、思惑のある上層部とのいざこざ、
家族のドラマ、冒険、自然への恐怖などなど、
必ずどこか印象に残る話があると思いました。
真っ直ぐに生きた男たちはカッコいいですね。


4.まとめ
古い時代を描いた映画なのに、
そんな感覚を感じない映画でした。
新鮮なところが多く、面白かったです。
特に鯨との戦いの緊迫感と迫力は良かったです。
ただ前半は良かったけど後半から尻つぼみだったかな?

3
ディープ・ブルーと聞いて、
海洋ドキュメンタリーと思った僕は負け組?(笑)
パニック映画です。

CGやセットがかなり本格的。
かなり細かく、大きく作りこまれていて大作映画なんだなと感じました。
流れ込んでくる大量の水や、CGで再現されたサメの動きもあり、
とてもリアルな映画でした。
またパニック映画らしい、場面を盛り上げる音楽も良かったです。
パニック映画はこうでなきゃ。

さて、ドキドキしたかというと、なかなかしました。
序盤はアクション大作並の迫力があり、
演技も熱がこもってたのでドキドキしました。
物語はただのサメ映画ではありませんでした。
SF的設定が作りこまれていて、
それが人間ドラマにも絡んでいて、
パニック映画とは思えないほど凝っていました。
個人的にはその人間ドラマが良かったですねぇ。
SF的設定から、
科学と宗教について考えさせられる要素も垣間見えました。

正直暇つぶし感覚で観ましたけど、
良質のパニック映画じゃないでしょうか。
パニック要素、物語、人間ドラマともに良くできてました。
特に物語があった序盤が良かったと思いました。
でも後半から段々迫力がなくてきたのがちょっと残念でした。

↑このページのトップヘ