SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

カテゴリ: テレビドラマ

二重定義と連鎖を観たから、Yes or No?見逃したの悔しいなぁ〜
なんて思ってたらリビングのテレビで録画してたのすっかり忘れてました(笑)
連鎖を観た後この作品を見ました。
さらっと感想書きます。

ネット生配信による殺人、フェリージャック、
人質救出と、犯人とのリアルタイムなやり取りなど、
まさに劇場版顔負けだったと思いました。
サスペンス要素としては、特に誰が裏切り者とか味方が犯人だったとかはなく、
とても綺麗に話が進んだと思いました。
アンフェアっぽくはないですが、別になくても面白かったと思います。

人間ドラマ的には正義に独自に突っ走ってた望月が、
組織にいる意味を知って成長していく話になってました。
その一方社会という組織への恨みと正義感を持つ犯人と対比が出来てて、
なかなかうまいことできてたなと思いました。

まとめますと、今回はアンフェア要素の少ない内容であるにも関わらず、
サスペンスドラマとして面白かったなと思いました。
やっぱりこのシリーズ連ドラになりそうな感じします。
まぁ、最新作の連鎖で終わりっぽいですけどねぇ。
あと北乃きいが痩せてて可愛かったです。 

別にみるつもりなかったのですが、家族が録画してたので観てみました。
ちなみに僕はアンフェアシリーズは全部観てて、
ダブル・ミーニングは前作「Yes or No?」だけ見逃しています。
ドラマの感想なのですごく簡単に書きます。

何かしながらなんとなく観てたんですが、面白かったです。
少女連続誘拐事件、議員秘書変死事件、
そして望月が被害にあった10年前の少女誘拐事件が、
並行して動くストーリーでとてもアンフェアらしいと思いました。
今回の事件を通じて主人公の過去の事件も解決していくという処は、
本作「アンフェア the end」 とよく似ていてより最新のアンフェアに近い内容でした。
(ちなみに第一作目のダブル・ミーニング二重定義は、
 ただ裏切り要素があるだけのスペシャルドラマっぽい内容だったなというのが僕の感想でした) 
内容も最後まで犯人像が分からず、
思わぬ形でラスト一気に解決していくところは、とても面白かったです。 

また、望月や他の人物に関しても人間ドラマも忘れずに描かれており、
事件の進行を邪魔せず上手く混ぜ込んであってありました。
刑事として一人前になっていく望月の姿にも注目です。
てか北乃きい太った?

まとめると、脚本が凄く良く、キャストも豪華良かったので、
これにそれなりのスケール感やちょっとした緊迫感ある見せ場があれば、
映画としてもいける内容だったと思います。
僕としてはこれに調子に乗ってダブル・ミーニングで連ドラが始まりそうでなりません(笑)
アンフェア the endとつながる要素も含んであり、雪平登場もあるので、
the end観た人は見ておく内容でしょう。面白かったです。 続きを読む

またまたGTOがスペシャルドラマに帰ってきました!
正直二度もスペシャルをやるとは思ってませんでした。
ということで、オンエアでは見てません\(^o^)/


1.新キャスト
平岡祐太、元AAAの宇野実彩子、壇蜜、
大杉漣、EXILEのMATSUがスペシャル出演。
宇野実彩子は最近女優でよく出てますね。
梅ちゃん先生にも出てたし。
個人的には壇蜜が出てたのが意外でした。
普通に演技上手かったので壇蜜だってわからなかったです(笑)


2.キャラクター
女性陣の髪形と髪の色が若干変わってましたね。
神崎麗美と冬月に挟まれる鬼塚が羨ましい!俺と変われ!(笑)
そしてスギちゃん演じる袋田先生の勘違いが可愛かった(笑)
出番も多くてよかったですね。
そして葛城美姫が惚れっぽすぎです。
前回のスペシャルでも惚れてたでしょあんた。
平岡祐太演じる新キャラもなかなか良かったです。
渋谷や和久井みたいな「親に認められたい子ども」の、
大人ヴァージョンって感じでした。
個人的には未成年のガキンチョが悪事をやるよりは、
リアリティがあったと思います。


3.物語
今回は恋愛や家族の話が中心になってました。
前回のスペシャルがスケール大きかったので、
今回は小っちゃく感じました。まぁ十分面白かったですけどね。
一途な冴島、説教する龍二など、
鬼塚の親友二人の活躍も目立ってて新鮮に感じました。
個人的には内山田教頭の娘が誘拐されるのはかなり意外でした。
今まで内山田は話の主軸に絡んでなかったですから(笑)
そしてついに明かされた鬼塚の童貞。
原作とは違ってヤリチンかと思ってたけど、
そんなことはなくてなんかホッとしました。 
内容的には売春や肉体関係などきわどいネタが多かったですね。
それもGTOらしいから別にいいけど。


4.人間ドラマ
テーマは「居場所」でした。
居場所を作るのが大人だ。龍二さんは深いことをおっしゃる。
そして子供の居場所は親にある。親は子供の居場所を作る。
「居場所」の大切さを感じる内容でしたね。
個人的には平岡祐太演じる新キャラが、
鬼塚に説教食らうシーンが好きです。
この子たちの親はお前しかいない。
親に愛されない子供の気持ちはお前が一番わかってるはずだ。
このキャラでないと伝わらない、真実味あるメッセージだと思いました。


5.まとめ
今回は前回のスペシャルほどハチャメチャではなかったですが、
また新たなGTOの側面が見れたなと思いました。
そしてまたスペシャルやるんですか。しかも卒業スペシャル。
どんだけやるんですか。
世間の皆さんはGTOしか観るドラマないんですか(笑)
でも映画化とかしないでドラマの中で完結するみたいなので、
そこはとてもいいと思います。次回も首をながーくして待ってます!

ドラマGTO(2012)がスペシャルドラマになって帰ってきた!
というわけでオンエアで観ました。


1.キャスト
鬼塚の元カノ役で桐谷美鈴が登場。
あまりテレビで観なかったけど、
ダークブラウンのロン毛もええですな。


2.演出
物語の冒頭に、これまでの物語の場面が登場したのが良かったです。
あぁ、こんな話があったな〜っと思い出した後、
続きが観れるわけです。
エンディングもドラマの撮影風景が映っており、
面白いなと思いました。


3.物語
今回は壮大なネタバレはしませんよ。話が長かったですからね。
面白かったと思うところを抜粋!

いつもより恋愛要素がありました。
葛城美姫が新キャラの和久井に恋をするが、
和久井はアゲハのことが好きで、葛城は切ない片思いに。
神崎麗美は「さすが私の鬼塚先生」っと鬼塚にぞっこん。
冬月は鬼塚を好きになっているがツンデレで、
元カノである藤崎と鬼塚の仲が気になってしょうがない。
ていうか恋愛沙汰で笑顔になったりドギマギしてる顔はいいもんですなぁ。
女性キャスト陣のファンは嬉しかったのではないでしょうか。
僕は嬉しかったです!

今回の相手は、国です。
一応2年4組の転入生とも相手とするわけですが、
親である議員の刺客として現れますから特別という感じがします。
大門と渋谷の話に似てますね。
多分その話がベースになってるなと思いながら観てました。

鬼塚、龍二、冴島の三人が協力して活躍するとことも見どころでした。
暴走族姿になってバスジャック。
鬼塚のオールバックもカッコよかったです。


4.思ったこと
さて、こっからが感想です。 
問題のある生徒ではなく、愛情の欠けた親にもジャーマンを決めて、
スッキリした気分になれるのがGTOというドラマだと思っております。
どこか感覚のずれた子供や親が、今の教育問題となってるところもありますし、
GTOはそんな問題に真正面から立ち向かい、解決していく。
ようするに、世間の問題やうっぷんを晴らしてくれるドラマだったわけですよ!
そしてその矛先は国へと向かったわけです。

今回は世の中に対する不満や政治不信を、
GTOが発散させるという形になったと思います。
自分本位や世間体で政治を行うから、
教育がゆがんで問題になっていく。
そんなことを言いたかったんじゃないかと思います。
施設を解体して親元に帰す制度が登場しましたが、
表向きは良くても子どものことは何も考えてない。
そんな表向きだけは良いという政治を風刺してるのかなと思いました。
それをいつものように強引に進めるヤバイ輩と、
鬼塚はいつものように大暴れして解決する。見ててスッキリしました。

今回の新キャラ、和久井はかわいそうだなと思いました。
菊池や渋谷と似たようなキャラでしたが、
和久井は本当に親から愛情をもらってると思って育ってるから、
あながち和久井のやってることはわからないわけではないんですよね。 
実際に親に利用されて育てられた子供っているんでしょうか。


5.まとめ
教師という枠を超えてヤバイ状況に追い込まれながらも、
鬼塚の破天荒なやり方でズバッと解決。
ベタだけどメリハリの利いた、爽快な娯楽ドラマでした。
生徒がおかしくなったとき、親がおかしくなったとき、
世間や国がおかしくなったとき、
またGTOがやってくるのかなと思いました。
映画化とかするのかな?

最終回は拡大SP!
今期のドラマはこのGTOが一番視聴率が良かったみたいですね。
みんなこれしか観るものないのかよ!


1.登場人物
今回のメインキャラは大門校長、菊池、渋谷です。
渋谷は大門が選んだ新しい息子。
血はつながってないようです。


2.物語(ネタバレ)
2年4組に新しく監視員として渋谷がやってきた。
生徒にもポイント制が導入され、
偏差値向上を妨げになる行為を行うと減点されることとなった。
そして大門校長は偏差値向上の為、文化祭の中止を命じる。
それに反対する生徒たちを鬼塚は夜中に集める。
徹夜で文化祭の準備を進め、朝には文化祭を開催してしまった。
怒る大門に対し、
タブレット端末を床に投げ捨てて反対する生徒。
そして生徒をクズ呼ばわりする大門に内山田教頭は激怒。
他の教師たちも大門に反対をする。

生徒たちによって文化祭が開催されたが、
渋谷は母の邪魔をした鬼塚を許せないでいた。
渋谷はぶら下がっていた文化祭の看板のひもを切り、
鬼塚と菊池はその下敷きになる。
鬼塚は菊池をかばい、そのことが影響して病気が悪化してしまう。

菊池は大門のやっていることが間違いと気づき、
学園の管理システムの情報を世間へ公表する。
そのことに怒った渋谷は菊池を脚をナイフで切り付け、
ならず者たちを呼んで文化祭の破壊を命じる。

男女関係なく生徒たちに、
問答無用で暴力をふるう渋谷とならず者たち。
生徒たちは傷だらけになり、
文化祭の飾りはぐちゃぐちゃにされてしまう。
2年4組の思い出の写真を飾りつけたモニュメントも、
渋谷によって切り裂かれてしまう。
そこへ鬼塚が駆けつけならず者たちと戦うが、
限界が来て倒れてしまう。
その鬼塚を囲み、必死で守る生徒たち。
渋谷たちは逃げ去るが、鬼塚の体は限界に達していた。
吐血し病院に搬送されるがこん睡状態となる。

渋谷は校長室に立てこもり、
理事長と大門と共に手りゅう弾で自殺を図ろうとする。
しかし、奇跡的に復活した鬼塚がバイクで校長室に飛び込み、
手りゅう弾を窓へ捨てて間一髪阻止する。
鬼塚は大門へ、息子に愛を教えてあげられるのは親だけと熱く語り、
大門は自分の過ちに気づき涙する。

最後は鬼塚が生徒と教師に見送られながら、
校門を後にしてエンド。
退院して鬼塚が帰ってくるのを待つ生徒と教師たちだった。

っとまぁこれがざっくりとしたネタバレです!
長かったかな?


3.感じたこと
渋谷が超絶マザコンで最悪でしたな。
母さんのためなら何でもする、母さんの邪魔をする奴は許さない。
菊池をナイフで切り付け、女子生徒の顔も平気で殴る。
あのゆがんだ人格は、シリーズ中最凶じゃないでしょうか。

乱闘シーンもかなり過激で壮絶でした。
2年4組のメンバーが殴られ蹴られ、バットで叩かれる姿は、
見てられませんでした。
演技であることを忘れるほど壮絶な場面でした。

僕が好きなシーンは内山田教頭がぶち切れ、
他の教師たちが大門に反対するシーンです。
第1話で生徒をクズと呼び、
鬼塚にバックドロップを食らった内山田。
そんな内山田が、
同じく生徒をクズと呼んだ大門に激怒したシーンは、
かなり良かったと思います。あの内山田だからこそよかったんです。
自分たちのことしか考えてなかった教師たちが反抗した時も、
とても立派に思えました。
鬼塚の魂が知らぬ間に届いている。そう感じました。

今回の話はかなりぶっ飛んでましたな。
リアリティなんてあったもんじゃない(笑)
漫画のような、どストレートな王道ストーリーでした(原作は漫画ですが)。
ありえねぇ!っと思いながらも、スカッとする内容でした。
ベタでしたがなかなか面白かったです。


4.このドラマ全体の感想
面白かったですよ。良かったと思ったところは、
原作を意識した登場人物や物語の構成です。
AKIRAが演じる鬼塚はルックスからしゃべり方まで、
原作の鬼塚にそっくり。
原作の話を短くまとめて一話ごとに進行していくのも良かったです。
毎週飽きずに楽しみに見ていました。

やたらと「ダチ」を強調するところが印象に残ってます。
人の絆や友情を大事にすることに重点を置いてあり、
時代を感じるなと思いました。
鬼塚の、人情や気持ちを大事にする様に、
心打つものがあったと思います。

今ある学園ドラマの元祖となるようなGTO。
今回はかなり王道だと感じました。
リアリティなんか全然なくて突っ込みどころ満載ですが、
ここまですがすがしく王道だと、
観ている方は気持ちいいものです。
ベタでしたが、毎回楽しく観させてもらいました。
人や心を大事していきたいと思えてくる作品でした。

↑このページのトップヘ