SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

タグ:アクション

4
待ちに待った続編!でも早かった気がする!笑


1.アクション
スケールアップしてアクション大作としてさらに凄味を増しました。
ノンストップアクションでキアヌが次々襲い掛かる敵を、
銃術と体術を駆使してバッタバッタと倒していきます。
爽快感抜群です。
前作はアクションのボリューム感に物足りなさを感じてましたが、
今回はその予想を超えるスケールで満腹でした。
キアヌって年いくつだっけ?
あのアクションを全て自分でやったのは本当にすごいです。


2.物語
続編という位置づけですが、
新たなキャラクターを迎えて新展開していくのが主なので、
この作品から見始めても楽しめると感じました。
ちゃんと主人公がどんなキャラクターか序盤にも描かれますし。
物語そのものとしては、よりアクションスパイ要素が強まり、
加速していく殺し屋の世界観って感じです。


3.人間ドラマ
前作のようなセンチメンタリックな部分はあまりなく、
目的のために全力を尽くすパワフルなジョン・ウィックでした。
前回みたいなのが良かったという人には残念ですが、
これも全然ありだと思いました。
規則と絆について考えさせられる面もかなりありました。


4.まとめ
スケールアップし力強い内容になって、
アクション大作としてかなり見応えがありました。
こんなキアヌが見たかった!が詰まってて満足でした。
人間ドラマ的な部分は抑え目で、
アクションエンターテイメントに仕上がってますが、
個人的には前作も今作も好きです。

5
評判が良かったので見てみました。
ブルーレイ綺麗。


スパイ映画なのに過激、ユーモラス、でも紳士!
昔の007をリスペクトしたような設定と、
個性的なキャラクター、過激なアクション描写が見もので、
刺激的な映画になっています。 
そんな内容なのにスパイたちが紳士でクールだから、
内容とのギャップがとてもカッコイイのです。
そして一人の主人公だけが活躍するだけではない、
驚きの物語展開もこれまでにないスパイ映画であると思わせてくれます。 

敵を次々にバタバタ倒していくアクションも、
後先分からない物語も、ユニークさに溢れた設定やジョークも、
この映画ならではの展開と人間ドラマも、全部面白かったです。
新たなスパイ映画の始まりだってのに、
なんで今まで見なかったんだろうって不思議なくらいです。
前書いたように、昔の007が好きな人にはお薦めです。
とても爽快痛快な映画でした。 

3
名古屋まで映画デジモンアドベンチャーtri.を観に行ったのですが、
当日券がすべて売り切れてしまってたので、この映画を観に行きました。
当日何かあってはいけないとチケット予約をしなかったのが、
甘かったようです。ですがこれも旅の思い出。
味噌カツが美味かったので良かったです(笑)


1.物語
まずバットマンやスーパーマンを知らなくても楽しめるかどうかですが、
大丈夫です。何も知らずにこの映画から入ってもわかります。
ですが「マン・オブ・スティール」 の続編らしいので、
余裕があれば見ておいた方が良いかもしれません。
僕は見たことなかったですが、十分わかりました。

物語自体としては、前半はやたら長く感じました。
最初から部分的に始まり、流れがよくわからない。
話がはっきりしないまま進行していく 感じがしました。
ですがそれは後半やクライマックスに向けての布石であり、
ああなるほど!っと合致がいくような展開となってたと思います。
前半耐えれば後半は面白い映画です(笑)


2. アクション
ダークナイト三部作とスーパーマンリターンズしか見たことなかったので、
バットマンやスーパーマンのアクションって地味なイメージしかありませんでした。
それこそ今ヒーロー映画の主流のアベンジャーズシリーズとは、
比べ物にならないだろうなって思ってました。
飛んでもありません。物凄いスケールと迫力です。
特にスーパーマンが他のヒーローとは別次元の強さなので、
そのスピードとスケールが凄いんです。
CG主流のアクションに飽き飽きしてたところがあったのですが、
スーパーマンがひっくり返してくれました。
映画館で観たので大迫力でした。
もちろんバットマンの生身のアクションも頑張ってます。
二人のバランス、それぞれ違うアクションの見所があって良かったです。


3.人間ドラマ
色々考えさせてくれそうなイメージでしたが、
結局は王道なアクションヒーローって感じです(笑)
頭空っぽにしてみてください(笑)


4. まとめ
とにかく長い前置きである前半を耐えてもらえれば、
あとは迫力のアクションと興奮の展開が待っています。
もっと短くまとめられれば、凄く面白い映画になったと思いました。
ヒーロー映画ファンにはお薦めです。
アベンジャーズに飽きてる人でもお薦めです(笑) 

2
アベンジャーズシリーズのヒーロー映画は、
「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」以外は全部観てます。
それも観とけば良かったと思うのは今更になってですが(笑)


1.アクション
エイキストラや撮影規模は前作よりかなり大きくなってて、
より臨場感が出てたかなと思います。
あとは撮影や特撮技術が凄いと相変わらず思います。
カメラワークがグルグル動いて、
スローになったりとかしてどうなってるんでしょう(笑)
大合戦もあれは一対一のバトルもあったりなど、
アクションシーンは見所かなりありました。


2. 物語
ぶっちゃけこの作品より前のアベンジャーズに関する作品は、
全部見ておいた方が良いです。
時系列の関係もあってかなり話が飛んでる印象がありました。
出だしから話が掴めないと置いてけぼりになってしまいます。
正直「は?え?どういうこと?そうなの?」
みたいに思ってて観てました(笑) 

あとシリーズ全部見てたとしても、
話がぶっ飛んでて「いつの間にこうなったの?」
っと突っ込みどころは満載でした。
だからよけい混乱してしまいます。
説明不足だったり時間が飛んでたりとかもう色々です。


3.キャラクター
映画アベンジャーズにしか登場していないキャラクターたちの、
人間ドラマが主に描かれてました。
知られざる事実や新たな展開もされていました。
新キャラクターや他作品の登場人物が出てきたりなど、
キャラクターとしての魅力は詰まってたなと思いました。
たださっき言った通り、アベンジャーズ関連作品で見逃してるのがあると、
「誰?こいつ」 ってなるのでご注意を(笑)


4. まとめ
まずアベンジャーズ関連作品観てないとキツイ。
観てても話が分かりにくいし突っ込みどころ満載というのが感想でした。
アクションシーンやキャラクターたちの物語が進展するなど、
色々と見所があったのですが、
やっぱりこの物語がガタガタだったと思います。
話が分かってなきゃCGでドンパチやってるだけの映画です(笑)

3
友達と見に行きました。1と2は鑑賞済みです。


1.キャスト
最初から超豪華でシリーズを重ねるごとに増していくキャスト。
今回の豪華キャスト集結は前作と比較にならない。
ウェズリー・スナイプス、メル・ギブソン、ハリソン・フォード。
しかも顔出しだけじゃなくてアクションシーンあり。
コアなアクションファン向けではなく、
世界的に有名な俳優の集結となりました。 
また、新たな若手キャストも加わり、メンバーに個性が表れました。
これまでにないバラエティに富んだキャストとなったと思います。


2.アクション
今回も全編にわたるノンストップアクション。
アクションシーンとしては銃撃戦がメイン。
格闘アクションもありですが、
そこまで長い尺を取ってるものは少なかった印象です。
今回のアクションで違うのが、
ちゃんと作戦が成り立ったうえで行われていること。
今までのようにただ銃をぶっ放してミサイルでドカーンじゃないです。
頭を使った作戦行動のうえでアクションが成り立っているので、
見ていてスマートです。
アクションシーン自体の派手さ、見せ場の作り方としては、
1や2の方が勝っていたかもしれません。
ですが違った面白さが表れたなって思います。


3. 物語
今回のエクスペンダブルズは物語がちゃんと成り立っています。
ストーリー内容も話のテンポもよく、 
アクションだけじゃない映画となっていました。
最大のピンチでチームがどうなっていくのかが、
見ていて面白かったところです。
物語だけじゃなく人間ドラマもかなり色濃くなっていて、
キャストそれぞれに物語があるのもミソでした。


4.まとめ
アクションだけでなく中身にもこだわり、
映画自体の完成度がかなり高くなった映画になったと思います。
色んな人が見ても楽しめる映画となっているでしょう。
ただし1や2のような凄いアクションシーンを期待してた、
コアなアクションファンは満足いかないかもしれません。
もちろん今回もすごいですけど、
前の方が凄かったなって僕は思います。

↑このページのトップヘ