SUWAblog

Since2006/3/10

キアヌ・リーブス

「全員殺す」ジョン・ウィック:チャプター24

待ちに待った続編!でも早かった気がする!笑


1.アクション
スケールアップしてアクション大作としてさらに凄味を増しました。
ノンストップアクションでキアヌが次々襲い掛かる敵を、
銃術と体術を駆使してバッタバッタと倒していきます。
爽快感抜群です。
前作はアクションのボリューム感に物足りなさを感じてましたが、
今回はその予想を超えるスケールで満腹でした。
キアヌって年いくつだっけ?
あのアクションを全て自分でやったのは本当にすごいです。


2.物語
続編という位置づけですが、
新たなキャラクターを迎えて新展開していくのが主なので、
この作品から見始めても楽しめると感じました。
ちゃんと主人公がどんなキャラクターか序盤にも描かれますし。
物語そのものとしては、よりアクションスパイ要素が強まり、
加速していく殺し屋の世界観って感じです。


3.人間ドラマ
前作のようなセンチメンタリックな部分はあまりなく、
目的のために全力を尽くすパワフルなジョン・ウィックでした。
前回みたいなのが良かったという人には残念ですが、
これも全然ありだと思いました。
規則と絆について考えさせられる面もかなりありました。


4.まとめ
スケールアップし力強い内容になって、
アクション大作としてかなり見応えがありました。
こんなキアヌが見たかった!が詰まってて満足でした。
人間ドラマ的な部分は抑え目で、
アクションエンターテイメントに仕上がってますが、
個人的には前作も今作も好きです。

「ただの車と犬だろ」ジョン・ウィック4

1年前くらいから知ってて、公開を待っていた映画でした!


1.アクション 
「スピード」「マトリックス」でアクションスターの独自の地位を持ったキアヌ。
今回は様々な格闘術が合わさった新しい銃術で、
敵を効率且つ確実に次々と撃ち倒していきます。
本当は有り得ない戦闘スタイルなんだけど、
凄くよく考えられた動き方と流れるような動作スピードは、
リアリティを感じるほどの説得力。
鮮やか過ぎる動作で次々と敵を撃ち倒し進んでいく姿は、
驚きと美しさを感じてしまいます。
リアリティと美しさを兼ね備えた新しいガンアクションは、
アクション好きは必見でしょう。

かと言ってキアヌが最強で人間離れしてるとかいうわけでもなく、
リアルなところはリアルに抑えられてます。
この絶妙なバランスが何とも言えない味になってるのかも。


2. 物語設定
物語の設定もユニークです。
殺し屋をサポートする様々な仕事人が登場したり、
殺しの掟があったりなど、
裏社会を保つための仕組みが描かれてます。
もちろんそんなものはないのですが、
もしかしたらあるかもと思わせてくれるリアリティ。
ここも見所の一つだと思いました。


3.人間ドラマ
壮絶な復讐劇。ですが映画全体が醸し出すのは、
美しくもどこか切ない世界観です。 
キアヌのアクションも、
怒りと悲しみを感じるものとなっていたかも。
ラストはちょっと良かったですね。


4.まとめ
「現実では有り得ないけどもしかしたら本当にあるかも 」
と思わせてくれるアクションと物語設定が面白い。
今後のアクション映画に影響を与えていくかもしれません。
アクション映画が好きな人は見るべし!
僕としては、マトリックスで敵をバタバタ倒すキアヌが好きだったので、
またそれが見れて良かったです。気分爽快! 

「刀を抜け」47RONIN3

予告編を見た時「どうなのよ?」と思ったけど、
どうしても気になったので観に行きました。
2D日本語吹き替え版で観ました。


1.日本語吹き替え版
キアヌ・リーブス以外のメインキャストは日本人。
今回の吹替え版は演者本人がその吹き替えを担当しています。
また、字幕や吹き替えの監修を「天地明察」の作家・沖方了が行い、
本物の時代劇と同じセリフ回しで楽しむことができます。
ちなみにキアヌの吹替えを担当したのは、
テレビ放送版「マトリックスシリーズ」 や、
「地球が静止する日」 「フェイク・シティ」など、
キアヌの声をいつも演じてる森川智之です。
日本語吹き替えだというのを忘れて安心して見れました。


2. ハリウッド映画
「忠臣蔵」に新たな解釈や大胆なアレンジを入れたハリウッド映画です。 
見どころはそのハリウッド映画らしさにあると思いました。
本当の日本じゃ有り得ない巨大なセット、豪華な衣装、
大勢のエキストラを連れたスケール感、
本格的CG、 激しいアクションシーン。
「こんなのありえない・・・」 なんて苦笑してしまうところもありますが、
そのギャップこそがこの映画の面白さだと僕は思いました。


3.物語
物語もホントの忠臣蔵じゃなくて、ファンタジーです。
史実とは全然違うところがあり、突っ込みどころ満載ですが、
そこも面白さの一つだと思いますね。
若い人が観ても楽しめる、わかりやすい娯楽映画としてしあがってます。


4.人間ドラマ
娯楽的なハリウッドアクション大作ではあるのですが、
忠臣蔵や侍魂を感じさせる人間ドラマも抑えてます。
時代劇に感じる日本人の魂、武士道や忠義はもちろん、
ラブロマンスも少し入ってます。
ホントの時代劇よりは軽いですが、
その武士道魂は十分に刻み込まれてると感じました。


5.まとめ
簡単に言えば、娯楽大衆向け侍映画です。
地味で堅苦しくてわかりにくい時代劇映画を、
派手なアクション、ファンタジー、
分かりやすい物語で作り直してあります。
本物の時代劇が好きな人には多分物足りないでしょうし、
好き嫌いも分かれそうです。
こんな上辺だけ繕ってる時代劇ごっこだ!なんてね(笑)
ですが本物の時代劇とは違うところがミソですので、
その違いを楽しんでください。
僕も頭空っぽにして観てたらなかなか面白かったです。
こういうのもありなんじゃないでしょうか。 
興味のある人は軽い気持ちで観に行ってみるべし(笑) 

「スピードを上げろ!」スピード4

スピードシリーズは初めて。
今まで気になっていたのでテレビ録画していたものを観ました。

主演、キアヌ・リーブスが若い(笑)
体を張ったスタントシーンに注目です。
そしてヒロインのサンドラ・ブロックも若い(笑)
今までアカデミーに縁がなかったと言われてましたが、
この映画でも良い演技してると思いました。

タイトルの通り、息つかせぬハラハラドキドキの物語でした。
その面白い設定と現実的に振りかかってくる問題、
犯人の戦略などほぼノンストップで進行していきます。
かなりの緊迫感とスリルでした。
でもたまに入るギャグがちょびっと面白く、
伏線を拾うような展開もなかなかナイスでした。

アクションシーンもハラハラドキドキもの。
カーチェイスやスタント、大爆発などがあり、
危ないっと思わず目を伏せてしまいそうな場面がいっぱいです。
ジェットコースターに乗っているような気分になってしまいます。
状況にもリアリティもあるので、ヒヤヒヤしながら観てました。
ただし、銃撃戦や格闘など戦うタイプのアクションではないので、
そこをご注意を。

その名の通りスピード感たっぷりの映画で、
今までにない新鮮なアクション映画でした。
銃撃や格闘などのアクション映画とは違うタイプなので、
そこらへんのが観飽きてる人にはお薦めの映画です。
とても面白くて良い映画だったけど、
中盤に入ってから疲れました(笑)
このスピードについて来れるかな?なって感じです。
そこを考えると、観る人を選んじゃうのかなと少し思いました。
でも質の高いアクション映画だとは言えるのではないでしょうか。

キャストが変わると見たくなくなる?

講義が休講ということで一日休みになりました。
映画を観ようということで「スピード2」を観ようと思ったのですが、
途中でやめました。キアヌがやっていた役が別の人が演じていて、
しかも彼がまた映画の主軸になるようだったので、
耐えられませんでした。なんでキアヌじゃねぇんだよ!ってね(笑)
キアヌ降板は知ってたのですが、
してた役自体が出ないと思ってたのです。
そしたら普通に出てくるから嫌になりました。
やっぱり主役のキャスト変更は大ダメージですね。
その良い例が「NANA2」かな?(笑)
アイアンマン2はキャスト変更あったらしいのですが、
全然気付かなかったです。やっぱ変わる役によるってことですかね。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: