SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

タグ:ジブリ

4
完成披露試写会へ行ってきました!
舞台挨拶は生中継でした!意外と長かった!笑
ネタバレ回避で作品の雰囲気と感想が伝わればと思って書きます。


1.キャスト、演技
主人公メアリを演じるのは杉咲花。
声と表情と演技がマッチしてて、とても上手でした。
その他の豪華キャスト陣も役にピッタリで上手かったです。
遠憲さんだけは微妙だったかな・・・。


2.絵、世界観
ジブリを彷彿させる要素がこれでもかと散りばめられてます笑。
「あ!これは〇〇だ!」と場面場面で、
ジブリ作品のオマージュを探すのも、
この映画の楽しみ方になるかもしれません。
ですがただパクってるわけではなく、
それらを全て監督自身のものとしていると感じました。
デザイン性豊かな独特の世界観として統一されていましたし、
何よりオマージュ探しより話にのめり込んでしまいました笑。
これらもすべて監督の腕があったからこそなんだと思います。


3.物語
息もつかせぬ大冒険映画です。
近年のジブリはファンタジーがなく、
待ち望んている人には打って付けの物語になっています。
これまでにありそうでなかった物語で、
新鮮且つ王道な冒険ものとして楽しめました。


4.人間ドラマ
メアリの等身大の女の子として描く描写が凄く良かった。
顔の表情、演技もあってとても感情移入できました。
この辺は「思い出のマーニー」に通ずるものがあると思いました。
一人の女の子の成長物語がメインに描かれていますが、
その背景に倫理観や自己実現に関するメッセージが描かれてて、
簡単な冒険映画に終わっていない深みのある映画になっていました。
それらを短い物語でまとめ上げているのも凄いなと思いました。


5.まとめ
ジブリの息を感じる作品でありますが、パクリだなんて言語道断。
全ての経験を活かしオリジナル作品として見事に昇華された映画です。
個人的にはジブリと比べてどうのこうのではなく、
とても面白かったです。かなりクオリティ高いです。
頭空っぽにして誰もが楽しめる映画になっていたと思います。
スタジオポノックの次回作も期待したいです。

5
ジブリ=見に行くという単純思考になってる(笑)


1. キャスト、演技
主人公杏奈を演じたのは若手女優高月彩良。
声の雰囲気が杏奈の閉ざした心をよく表現できてたなって思いました。
マーニーを演じたのは有村架純。
なんというか、普通にうまいですね(笑)
松嶋菜々子の声もなかなか聞かない声なので新鮮でした。


2. 映像、美術
作画監督がもののけ姫の人というのを、
各所で伝わってるみたいなのですが、
さすが宣伝することはあるなと思いました(笑) 
CGと見間違えるかと思うくらい正確に動きますし、ブレてません。 
キャラクターの繊細な動きに注目です。
美術監督も実写畑の人 を起用したことを、
こちらも色んな所で宣伝してますね(笑)
それだけのことはあって、
空の色や景色が素晴らしくきれいです。
あとは監督の描き方や演出なんでしょうか。
キャラクターの表情、醸し出す雰囲気、
それらがエネルギッシュ且つ繊細に伝わってきます。
予告編で見てててすごいなっと思ってましたが、
本編を見てるとホント絵に心が入ってるという感じで、
知らぬ間に引き込まれてしまってました。


3.物語、人間ドラマ
最近じゃ予告編見ても何の話かさっぱり分からないジブリ映画ですが、
物語はすごくちゃんとしっかり作られてます。
ミステリアス且つファンタジーな独特の物語も見所の一つです。
あとは人間ドラマです。全部良くて言葉にできませんね(笑)
やはり全体から伝わってくる絵の力が強かったんだなと思います。


4.まとめ
個人的には近年のジブリ作品の中の群を抜くくらいの出来だったと思います。
かぐや姫の物語が個人的には最高だと思ってましたが、
それも超えちゃったかなって思いました。
原作や物語がしっかりしているのはもちろんですが、
絵から伝わってくるエネルギーや心が凄い。
表現の豊かさや細かが備わったうえで、
人間ドラマや面白さというのが生み出されてるんだなって思いました。
とにかく見てて感動、心が温まる映画でした。
全然説教臭くないし、
入り込みやすく受け入れられやすい映画で気に入りました。
個人的には色んな人に薦めたい映画でした。

5
最近映画と言ってもアニメ映画ぐらいしか観に行ってないよ。
そしてアニメ映画なのに、観客がおじさんおばさんばっかり。
僕の映画の趣味っておっさんっぽい??


1.声の演技
 かぐや姫の声を演じるのは朝倉あき。
NHK朝ドラ 「純と愛」に出てた可愛らしい女優さん。
繊細な演技でどれもよかったです。
一番良かったと思ったのは、竹取の翁を演じた故・地井武男さん。 
なんというか、熱いんですよね(笑)
他にも、子供や赤ちゃん声はホントにその歳の子どもを使ってたり、
物音は実際のものを使ってたりなど細部までこだわってるなと思いました。


2.映像
絵を見た人は「なにこれ?」 って思ったでしょう。
結構この絵に対しては抵抗がある人もいるみたいです。
実際に見たところ、悪いものではありません。
長編映画に相応しいものであります。
筆で描いたような生きた線と水彩画は、 
ときに暖かく、ときに激しい。
場面場面の感情や生き生きとした表現がすごく表れてて、
吸い込まれそうになってました。
また、全部手書きで描かれてるのかと思ってたら、
デジタルで絵を塗ったり、CGを使って立体的に動いたりなど、
表現の幅が広くて驚きました。
最近のアニメはどれも似たようなものなので、
明らかに違う絵柄にかなり新鮮さを感じました。


3.物語
竹取物語を全部知ってるわけじゃないので、
どこがオリジナルなのか、原作なのかがわかりませんでした(笑)
ですがみんなが知ってるかぐや姫とは違うものが見れことは、
間違いないでしょう。 
古典の授業で習ったところが出てきたときには、
なんかニヤニヤしてしまいました(笑)


4. 人間ドラマ
今まで描かれなかったかぐや姫の心情や人間ドラマに迫ってます。
彼女の感情を知った時はなんかとても心に強く感じるものがあります。
あとすごく泣けました。切ないけど、強いメッセージ性を感じました。
物語だけじゃ伝わらなかったものがたくさん描かれてて、
胸が熱くなってきます。


5.まとめ
まず絵に抵抗があって観に行かないのはもったいないので、
興味がある人は是非観に行ってください。
細部までこだわり抜いた映画ですので、
高い満足を得ることが出来ました。
近年のジブリ映画の中では一番だと思います。
映像と人間ドラマの高い表現力で心に響くものがいっぱいありました。
久々にとても良い映画を観ることが出来ました。続きを読む

2
ジブリ結構好きなので、観に行きました。今回も期待してましたよ。


1.庵野監督が声優
主人公堀越二郎の声を演じるのは「エヴァンゲリオン」 の監督、
庵野秀明。声優初の素人です。 
最初は「下手だなぁ・・・」 って思ってましたが、
段々観てる側は慣れてきて、ちょっといいかもって感じてきました。
他の人はとても上手でした(笑)


2. 映像
映像は凄く良かったと思います。
古い時代が描かれていますが、色彩豊かに綺麗になっています。
時に非現実的で漫画チックな表現があったりして、
そこはとても意外でした。


3. 物語
実在の人物、堀辰雄さんと堀越二郎のふたりの人生を、
ごちゃまぜにして一人の人物に仕上げたフィクションです。
結構好みが分かれると思いますね。
飛行機について描かれてる場面がかなりありますが、
正直飛行機興味ないので面白くなかったです。
物語内容自体は地味で盛り上がらない分、
様々な演出をして盛り上げようとしている工夫がされていました。
頑張ってるなって思ったけど、
やはり物語がそうでない分、どこか退屈でした。
時間も突然飛ぶし、あっちこっち飛躍するのでわかりにくいところも。


3.人間ドラマ
人間ドラマについてはリアリティを重視してて、
逆に盛り上がりに欠けてたかなと思いました。
あと、主人公の感情がなかなか伝わってこなくて、
表情もあまりないので何考えてるかよくわからないです。
それでもクライマックスからラストまでは良かったし、最後は泣けました。 


4.まとめ
あまり面白くなかったというのが正直な感想です。 
ちょっと大人向けな感じはしますし、好みも分かれそうです。
あまり例のない物語設定や演出がされているので、
そこが受けるかどうか。
僕としては、作品全体がまとまりがないような感じがしてならなかったです。
色々意見あると思いますが、
近年のジブリ作品では良くない方かなぁって思いました。

スタジオジブリのドキュメンタリーを観るのは、
「スタジオジブリ物語」に次いで2度目です。

番組内容は、コクリコ坂から制作のドキュメンタリーと、
駿さんと吾朗さんの昔話。
コクリコ坂から制作での吾朗監督の苦労、
駿さんと吾朗さんが人生の中で、
どのように関わってきたのかが描かれてます。

わかりそうでわからなかった、
ふたりについてわかって面白かったです。
吾朗さんって以前からアニメの仕事をしてたわけじゃなくて、
全くの素人から監督デビューしたんですね。
よく鈴木プロデューサーはGOを出したなと思いました。
あと、素人のはずなのに、
ゲド戦記での絵がすごく上手かったのに驚きました。
まぁ、あれぐらい描けても、
監督は厳しい仕事なんだなと思い知りました。

駿さんはホント映画に対する情熱が熱いんだなと思いました。
ダメ出しするところ、
震災後でもすぐに映画制作を開始すべきと言うところでそう感じました。

それと面白かったのがアニメ映画作り。
コクリコ坂からがどんな風に出来上がっていくのか。
絵コンテ作りでの苦労、震災の影響があって、
ギリギリで完成したんだなと知りました。
だから予告映像やホームページが全然上がらなかったんですね(笑)
作業とか見てみても気が遠くなるような作業で、
イメージ力と気力体力のいるのがアニメ作りなんだなと思いました。

僕としてはアニメ業界の厳しさを一番に感じました。
何か作品を作り上げていくことって、
こんなにも苦労するんだと思いました。
だから出来上がった作品は、
もっと真剣に観るべきだなと思いました。
それと、やはり仕事というのは多少無理して、
自分を追い込むほどの覚悟がないとダメだなと思いました。
自分ってかなり甘い考えだったんだなと思い知りました。
僕個人としては、駿さんの「やりたいこととやれることは違う」
という発言にはグサッときました。
でも僕は吾朗監督のように、
やりたいことに飛びついていきたいですね。
・・・僕もまだまだ若いな(笑)

親子の物語に関しては、なんか作ったかのような親子の物語でした。
偉大な父親とそれを追いかける息子。
宮崎親子に限らず、どの親子でもそうだよなと思いながら観てました。

最後に私ごとになりますが、絵を描くのって大変ですね。
暇なときにペンタブで絵を描いてますが(主に映画や漫画のキャラを)、
一枚描くのにも時間がかかる。
形が崩れないように丁寧に描くことはできるのですが、
表現や表情が全然できなくて難しい。
そんな絵をあんなたくさん描いてるアニメって・・・。
ちなみに描いた絵をブログで上げる気はないです。
ブログ用の絵も描きましたが、下手で恥ずかしいのであげません。
あしからず・・・。

コクリコ坂から観ました。感想はこちら

続きを読む

↑このページのトップヘ