SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

タグ:ジョン・ウィック

4
待ちに待った続編!でも早かった気がする!笑


1.アクション
スケールアップしてアクション大作としてさらに凄味を増しました。
ノンストップアクションでキアヌが次々襲い掛かる敵を、
銃術と体術を駆使してバッタバッタと倒していきます。
爽快感抜群です。
前作はアクションのボリューム感に物足りなさを感じてましたが、
今回はその予想を超えるスケールで満腹でした。
キアヌって年いくつだっけ?
あのアクションを全て自分でやったのは本当にすごいです。


2.物語
続編という位置づけですが、
新たなキャラクターを迎えて新展開していくのが主なので、
この作品から見始めても楽しめると感じました。
ちゃんと主人公がどんなキャラクターか序盤にも描かれますし。
物語そのものとしては、よりアクションスパイ要素が強まり、
加速していく殺し屋の世界観って感じです。


3.人間ドラマ
前作のようなセンチメンタリックな部分はあまりなく、
目的のために全力を尽くすパワフルなジョン・ウィックでした。
前回みたいなのが良かったという人には残念ですが、
これも全然ありだと思いました。
規則と絆について考えさせられる面もかなりありました。


4.まとめ
スケールアップし力強い内容になって、
アクション大作としてかなり見応えがありました。
こんなキアヌが見たかった!が詰まってて満足でした。
人間ドラマ的な部分は抑え目で、
アクションエンターテイメントに仕上がってますが、
個人的には前作も今作も好きです。

4
1年前くらいから知ってて、公開を待っていた映画でした!


1.アクション 
「スピード」「マトリックス」でアクションスターの独自の地位を持ったキアヌ。
今回は様々な格闘術が合わさった新しい銃術で、
敵を効率且つ確実に次々と撃ち倒していきます。
本当は有り得ない戦闘スタイルなんだけど、
凄くよく考えられた動き方と流れるような動作スピードは、
リアリティを感じるほどの説得力。
鮮やか過ぎる動作で次々と敵を撃ち倒し進んでいく姿は、
驚きと美しさを感じてしまいます。
リアリティと美しさを兼ね備えた新しいガンアクションは、
アクション好きは必見でしょう。

かと言ってキアヌが最強で人間離れしてるとかいうわけでもなく、
リアルなところはリアルに抑えられてます。
この絶妙なバランスが何とも言えない味になってるのかも。


2. 物語設定
物語の設定もユニークです。
殺し屋をサポートする様々な仕事人が登場したり、
殺しの掟があったりなど、
裏社会を保つための仕組みが描かれてます。
もちろんそんなものはないのですが、
もしかしたらあるかもと思わせてくれるリアリティ。
ここも見所の一つだと思いました。


3.人間ドラマ
壮絶な復讐劇。ですが映画全体が醸し出すのは、
美しくもどこか切ない世界観です。 
キアヌのアクションも、
怒りと悲しみを感じるものとなっていたかも。
ラストはちょっと良かったですね。


4.まとめ
「現実では有り得ないけどもしかしたら本当にあるかも 」
と思わせてくれるアクションと物語設定が面白い。
今後のアクション映画に影響を与えていくかもしれません。
アクション映画が好きな人は見るべし!
僕としては、マトリックスで敵をバタバタ倒すキアヌが好きだったので、
またそれが見れて良かったです。気分爽快! 

↑このページのトップヘ