SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

タグ:小栗旬

3
銀魂という作品は一部だけ知っていてて、
今回描かれる最初の頃の話は知らないという程度の知識で、
観に行きました。


1.キャスト、演技
あんな豪華キャストが、あんなことや、
こんなことまでするなんて・・・です。
小栗旬の銀さんっぷりはかなりのものでした。
カッコいいカットがたくさんあって、
銀さん役が小栗旬でよかったねと思いました。
個人的には長澤まさみのお妙さんが最高でした。
美貌、演技すべて最高でした。MVPです。
あと佐藤二郎が面白すぎます。
銀魂とかは関係なく佐藤二郎だけ佐藤二郎でした。


2.コメディ演出
あの大きなスクリーンで、あの豪華キャストで、
こんなに予算も使って、
コントみたいなおバカなコメディをやります。
映画とは思えない、ドラマでもやらない、
コントでもここまでやらない、
そんなぶっ飛んだことをやってくれてます。
しかしこれは、銀魂でやっていたこと、
銀魂ならこうするだろうと思われることを、
ただただ再現しているに違いありません。
映像を再現するのに使っているものの豪華さと、
やっていることの馬鹿馬鹿しさのギャップがたまりませんでした。

あとどうしても感じてしまうコスプレ感、
実写化としてのしょっぱさも、
銀魂という世界なら許せてしまうのがずるいです。
むしろそれを逆手にとって面白くしてるまであります。
これはずるいです。


3.まとめ
キャラクターも、コメディも、アクションも、人間ドラマも、
銀魂という作品を真正面から作り上げている気迫、
原作への愛を感じる映画でした。
ここまでやると清々しいです。
豪華な食材を全部ごちゃ混ぜにしたカレーのような作品でした。
あとUVERworldの主題歌で作品の熱量とカッコよさが三割増しになってました。
UVERworldに感謝ですね。続きを読む

3

小栗旬監督作品と言うことで観てみました。
なにやら脚本を頑張って仕上げたということで、
そこらへんに期待しました。

主演、小出恵介、小西真奈美。
竹中直人、モト冬樹、遠藤憲一、岡村隆史、
大竹しのぶ、井上真央、上戸彩などなど、
小栗旬と交流のある豪華キャストがそろいました。
そこらへんの小栗旬の求心力は凄いなと思いました。

さてさて、大事なのは中身ですよ。
まず映像。ハイスピードになったりスローになったりする映像がユニーク。
回想シーンでは映像の色が、
場面の雰囲気ごとに変わっていくのが面白かったです。

続いて物語。
凄く練られててよかったと思います。
が!話のテンポとしてはあまりよくなかったのかも。
回想シーンがやたら長く、
盛り上がりどころがなくて淡々と進んでる感じがしました。
心にグッとくるような場面がなくて、
演出というところでは全然良くなかったなぁと思いました。
なのでここが面白い!ここがいい!っという場面がないです。
話の中身は良いと思うんだけどね。
僕としてはもっとハイテンポに展開してれば、
面白くなったのかなと思いました。

崖っぷちでも泥だらけでも最低でも、
とにかく突っ走っていけばいいじゃん!
っということを感じました。
過去なんて、結果なんて気にしない!
若者らしいエネルギーを感じました。
ですが登場人物一人ひとりの人間ドラマでは、
感じるものが全然なかったなぁ。
一体何が描きたかったのか、
一体何が言いたかったんだろうなと思いました。

脚本や物語は良いんだけど、活かしきれてない部分もあり、
いろんな意味で若々しい映画だと思いました。
逆を言えば、映画監督って大変だなぁと感じた映画でした。
芸能人なのに監督で活躍している人って、凄いなと思いますね。
いや、オグリンが悪いって言ってるわけじゃありませんよ?(笑)
ただこの映画のように、なんでもやってみればいいんです!
そこが大事なんです!
むしろレビューだけして何にもしない僕の方が最低ですよ!(笑)

ちなみにこの映画、製作費分を回収できず赤字を出したみたいです。
一部の若者向けだったから悪かったのか、
前評判で盛り上がらなかったからなのか・・・。

続きを読む

↑このページのトップヘ