SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

タグ:清水富美加

3
原作コミック、アニメ共に観たことはなく、
なんとなくこんな作品なんだなぁ程度で観に行きました。
原作比較に捉われず新鮮な気持ちで書いていきます。


1.キャスト、演技
主演、窪田正孝。入り込んだ激しい演技でした。
大人しい時と、本性むき出しになった時の、
演技のギャップが凄いです。でもちょっとやりすぎ?笑
清水富美加のクールっぷりは清々しいもので、
もう彼女の演技が見られないのは残念です。
続編はないよなぁ。


2.アクション、CG
喰種の触手ともいえる赫子のCGは立派なものです。
実写や俳優の動きに違和感なく存在していて、
邦画のCGもここまで来たんだなって思いました。
それにワイヤーアクションを加え、
縦横無尽に動き回る独特のアクションになってました。
ですがクオリティが高かっただけに、
思った以上にシーンが少なかったと思いました。
もっとたっぷり楽しみたかったです。


3.物語
原作ものの宿命なのか、内容が要約された感じがして、
ちょっとさっぱりした印象を受けました。
原作にはもっと色々あっただろうに、
もっと描き出しても良かったんじゃないかと思います。
人間ドラマ的な部分は、
演技で魅せることを意識して丁寧に描かれていたと思いますが、
ここもまたなんか中途半端な感じを受けました。


4.まとめ
ヴィジュアル、CG、アクションは、
とても良いものを観れたなって思いました。
ただ物語的な旨味は薄味で、
映画館で見るものをしてはちょっと物足りないです。
もっとゴテゴテのてんこ盛りのものが見たかったです。
この物足りなさ、もしかして原作を誘っているのか!?
そういうことなのか!?

3
前作が凄く面白くて好きだったので、観に行きました。


1.キャスト
前作に引き続きの主演二人なのですが、
物語的にもう出ないと思われたムロツヨシと安田顕も出演。
前作と変わらないキャストなのに、
みんな有名になって活躍されてるので、
なかなかの豪華キャストになってます(笑)
柳楽優弥も加えて、キャストも演技もパワーアップです。


2.アクション
一流とまではいかないけど、本格的な変態アクションも見所も一つ。
今回は予算が増えたのか、VFXでアクションシーンがパワーアップ。
あのスパイ〇ーマンを彷彿とさせるような、
ダイナミックなCGアクションが見られます(笑)
キャラクターも技もスケールアップして、
とても見応えのあるシーンになってます。
内容と映像のギャップも笑えてしまいます。


3.物語
変態がテーマになってることは変わりはないのですが、
前作よりも軽く、より娯楽的な内容になってると思いました。 
何せ今回は全年齢対象です。
比較的誰でも楽しめるような話作りになってたのではないでしょうか。
あと他の映画のパロディも満載で、その意外性でまた笑わせてくれます。


4.人間ドラマ
前作は変態としての葛藤が描かれてたりしましたが、
今回はそのことも含みつつも、ラブストーリーメインで描かれてます。
それはまるで・・・おっともう言えない(笑)
なかなか正統派なヒーロー映画に近づいた内容だと思いました。


5.まとめ
前作と比べると、とても全年齢対象的でマイルドな仕上がりになってます。
もちろん相変わらずのコメディで笑わせてもらいましたし、
進化したアクションシーンも良かったです。
ですが前作みたいなアクの強さ、衝撃度には敵わなくて、
おもしろかったですが、若干の物足りなさを感じました。
初めて見る人でもわかる話作りがされてるので、
そのような人にはオススメかもしれませんね。 
三部作らしいので次回を楽しみにしていたいです。 

↑このページのトップヘ