SUWAblog

Since2006/3/10

福田雄一

「宇宙一バカな侍だコノヤロー!!」銀魂3

銀魂という作品は一部だけ知っていてて、
今回描かれる最初の頃の話は知らないという程度の知識で、
観に行きました。


1.キャスト、演技
あんな豪華キャストが、あんなことや、
こんなことまでするなんて・・・です。
小栗旬の銀さんっぷりはかなりのものでした。
カッコいいカットがたくさんあって、
銀さん役が小栗旬でよかったねと思いました。
個人的には長澤まさみのお妙さんが最高でした。
美貌、演技すべて最高でした。MVPです。
あと佐藤二郎が面白すぎます。
銀魂とかは関係なく佐藤二郎だけ佐藤二郎でした。


2.コメディ演出
あの大きなスクリーンで、あの豪華キャストで、
こんなに予算も使って、
コントみたいなおバカなコメディをやります。
映画とは思えない、ドラマでもやらない、
コントでもここまでやらない、
そんなぶっ飛んだことをやってくれてます。
しかしこれは、銀魂でやっていたこと、
銀魂ならこうするだろうと思われることを、
ただただ再現しているに違いありません。
映像を再現するのに使っているものの豪華さと、
やっていることの馬鹿馬鹿しさのギャップがたまりませんでした。

あとどうしても感じてしまうコスプレ感、
実写化としてのしょっぱさも、
銀魂という世界なら許せてしまうのがずるいです。
むしろそれを逆手にとって面白くしてるまであります。
これはずるいです。


3.まとめ
キャラクターも、コメディも、アクションも、人間ドラマも、
銀魂という作品を真正面から作り上げている気迫、
原作への愛を感じる映画でした。
ここまでやると清々しいです。
豪華な食材を全部ごちゃ混ぜにしたカレーのような作品でした。
あとUVERworldの主題歌で作品の熱量とカッコよさが三割増しになってました。
UVERworldに感謝ですね。続きを読む

「ただの変態じゃない」HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス3

前作が凄く面白くて好きだったので、観に行きました。


1.キャスト
前作に引き続きの主演二人なのですが、
物語的にもう出ないと思われたムロツヨシと安田顕も出演。
前作と変わらないキャストなのに、
みんな有名になって活躍されてるので、
なかなかの豪華キャストになってます(笑)
柳楽優弥も加えて、キャストも演技もパワーアップです。


2.アクション
一流とまではいかないけど、本格的な変態アクションも見所も一つ。
今回は予算が増えたのか、VFXでアクションシーンがパワーアップ。
あのスパイ〇ーマンを彷彿とさせるような、
ダイナミックなCGアクションが見られます(笑)
キャラクターも技もスケールアップして、
とても見応えのあるシーンになってます。
内容と映像のギャップも笑えてしまいます。


3.物語
変態がテーマになってることは変わりはないのですが、
前作よりも軽く、より娯楽的な内容になってると思いました。 
何せ今回は全年齢対象です。
比較的誰でも楽しめるような話作りになってたのではないでしょうか。
あと他の映画のパロディも満載で、その意外性でまた笑わせてくれます。


4.人間ドラマ
前作は変態としての葛藤が描かれてたりしましたが、
今回はそのことも含みつつも、ラブストーリーメインで描かれてます。
それはまるで・・・おっともう言えない(笑)
なかなか正統派なヒーロー映画に近づいた内容だと思いました。


5.まとめ
前作と比べると、とても全年齢対象的でマイルドな仕上がりになってます。
もちろん相変わらずのコメディで笑わせてもらいましたし、
進化したアクションシーンも良かったです。
ですが前作みたいなアクの強さ、衝撃度には敵わなくて、
おもしろかったですが、若干の物足りなさを感じました。
初めて見る人でもわかる話作りがされてるので、
そのような人にはオススメかもしれませんね。 
三部作らしいので次回を楽しみにしていたいです。 

「私は変わる」薔薇色のブー子4

友達と遊びに行くことになり、映画を見ようといことになりました。
何を見ようと選んでいて最初「青天の霹靂」 を見に行こうとしてたのですが、
評判がまあまあということもあり、
あえてこのあまり見る人がいなさそうな「薔薇色のブー子」 を見ることにしました。


1.キャスト
主演は指原莉乃。 彼女がホントに主人公です。
ちょっと演技が微妙なところもありますが、
体張ったりコメディ演技頑張ってました。
豪華キャストの無駄遣いっぷりも面白いです。
ユースケ・サンタマリア、鈴木福、 佐藤二郎、小嶋陽菜など、
見たことあるような人をじゃんじゃん使ってます。
内容に釣り合わないくらいの豪華さがまたいいですね。


2.コメディ
「変態仮面」 「俺はまだ本気出してないだけ」などのコメディ作品を得意として、
今乗りに乗っている福田雄一監督。
今回は多分どの作品をも超えるくらいのドタバタコメディです。
ホント漫画みたいな、コントみたいなコメディの連発で、
ずっと笑いっぱなしです。
芸能人イジリやパロディ要素もかなりあってホントくだたなくて笑いました。


3.人間ドラマ
しかしただのコメディで終わらないのがこの作品。
主人公の設定と成長物語、親子の絆なんてものが描かれてて、
ちょっといい感じでお話が終わります。
自分も変わる!頑張るぞ!っと元気をもらえる映画でした。
あと、主人公がいかにも指原莉乃らしいので入り込みやすかったです。 


4.まとめ
ホントくだらないコメディで笑える単純な映画ですので、
お気軽に見に行ってしまってください。
映画館で見に行っても満足できた面白い映画でした。
さすが福田監督ですね。なんて思っちゃいました。 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: