SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

タグ:藤原竜也

3
藤原竜也のモノマネ芸人Gたかしが好きです。
今回の床はキンキンに冷えてませんでした。


1.演技
パニックシーンや取っ組み合いが多くて、
そのシーンの殺伐とした雰囲気がとても良かったです。
俳優の迫力の演技があってのもので、
演技合戦が見応えがありました。


2.物語
ノンストップサスペンスで、ハイテンポに展開していきます。
話の概要を知って観に行ってても、
後半は衝撃の連続で楽しめました。


3.人間ドラマ
法律では追えない問題を、
メディアの力がどこまで通用するのかが、
そこか一番魅力的で考えさせられました。
あと人の心の闇は恐ろしいなと思いました。
ネタバレ回避であまり書けなくてすみません。


4.まとめ
とても野心的な映画になっていましたが、
ハイテンポなゆえに心理描写に浅い部分があり、
悪い意味でもあっという間に終わった映画でした。
サスペンスエンターテイメントとしては良かったのですが、
深いテーマを持った作品なのでもっと掘り下げて重厚な感じの方が、
好きだったかもしれません。

4
藤原竜也「なんでだ・・・どうして・・・!
 どうして僕だけがいないんだよぉぉおおおお!!
 んあああああああああああああああああああ!!!!! 」
・・・映画を観る前はこんなイメージでした(笑)
僕は原作やアニメも知らなかったのですが、
まさかのネタバレをされてしまい、犯人を知ったまま観に行きました。
リバイバルしたい。


1.キャスト演技
藤原竜也、有村架純の旬と実力のあるキャスティング。
藤原竜也の相変わらずな演技、
有村架純の純粋で可愛らしい演技。
それぞれも見所なのですが、
一番よかったのは鈴木梨央ちゃん。
中に大人が入ってるんじゃないかと思うくらいの、
上手な演技にビックリです。


2.物語
非常にテンポよく進みますが、
それと同時に人間ドラマも丁寧に描かれてます。
行先の読めないタイムスリップものの面白さと、
犯人探しのミステリーの面白さが混ざり合い引き込まれました。
ですが、どこかシリアス過ぎない暖かい雰囲気もあります。


3.人間ドラマ
ミステリーの中に主人公の成長ドラマが描かれてます。
心を開かない冴えない主人公が、どのように変わっていくのか。
変わっていく主人公を通じて、様々なメッセージが描かれてて、
心に響くところもありました。心温まるものとなってます。


4.まとめ
タイムスリップものとミステリー、
そして成長物語が上手く混ざりあった、
クオリティの高いエンターテイメント映画になってます。 
行先のわからない物語に驚き、暖かい人間ドラマに感動。 
ミステリー好きでも、ドラマ好きでも楽しめる映画になってます。
両方好きな人は観に行くことをお薦めします。
あと、ネタバレはしない方が良いです(笑) 

3
最初はあまり興味なかったけど映像を見ておもしろそうだったので見に行きました。
あと、番宣でテレビに出てた山田孝之が面白かった(笑)


1. キャスト、演技
藤原竜也、山田孝之、石原さとみ。
特に主演の二人ですよね。
藤原竜也は相変わらずのハマリ役の演技でした(笑)
山田孝之はあまり見ない好青年っぷりが新鮮でした。
石原さとみの役もなんだか女子力高そうだった(笑)


2. 物語、描写
監督はJホラーブームを起こした「リング」 の中島秀夫。
スリリングな描写を得意とする演出はさすがです。
というのもこの映画ちょっと怖いです(笑)
ショッキングなシーンが結構あります。
サスペンススリラーっていうジャンルづけに近いと思います。
にしてもこの話が映画オリジナルだってのに驚きです。


3.人間ドラマ
ただ特殊能力を持ってる人間が戦う話ではありません。
彼らの過去や人物像がしっかり描かれてます。
見え隠れするテーマというのが深いところもあり、
映画を見た後は考えさせられます。
見る人にとっては意味不明に感じるかもしれませんが(笑)


4.まとめ
またまたユニークで新しい映画ができたなって思いました。
映像だけでも見応えがありますので劇場で見に行ってよかったです。
話としては多少わかりにくて突っ込みどころもいっぱいですが、
シリアスで深い味わいの映画だったと思います。
個人的には好みが割れそうな映画だと思いましたが、
僕はそんなに嫌いじゃないです。 

4
テレビ録画したものを観ました。
映画の最後に「インシテミル」の告知があったのですが、
藤原竜也ってこういうサスペンスばかり出てますね。
デスノートのイメージが強烈だったんでしょう。

がけっぷちに追い込まれた鬼気迫る演技に注目。
藤原竜也、松山ケンイチ、香川照之がいいです。
手の震え、目の動きなどの様子から、
怒鳴り散らす感情的な演技まで。
感情爆発の素晴らしい演技でした。
観てるこっちもハラハラドキドキしてしまいました。
役者は凄いと思った瞬間でした。

用意されるゲームが面白かったというより、
その過酷さが目立ってました。
負けたらおしまい。
騙し合い、いかさま当然の悪逆非道、
仁義なき戦いが過酷でした。
あまりにも非情なのですが、これが現実っと感じました。

過酷なゲーム運営者たちですが、
名言が続出していると思いました。
印象に残ったセリフを書き出したいところですが、
やめときます(笑)
感じたことは、世間はとても厳しいということ。
甘ったれるな!勝たなければ意味がない!命を張れ!
っと言ったところでしょうか。
ぬるぬると生きてきた僕としては、
心を改めなければならないと思いました。
世間のいい教科書だと僕は思いました。
これを観たら考え方変わりますよ。

良い映画だったのですが、
ちょっとカイジが優遇されすぎだと思いました。
観ればわかるのですが、チャンスに恵まれすぎ。
観てるこっちからするとちょっと白けちゃいます。
こりゃ実力だけじゃなく運も必要だなと思いました。

とても恵まれてる世の中で失われている、
我武者羅さを描いた映画だと思いました。
世間の厳しさや過酷さを教えてくれると同時に、
死にもの狂いで頑張ろうと思えてくる映画です。
元気を出したい人はぜひご覧あれ。

↑このページのトップヘ