SUWAblog

Since2006/3/10 映画の感想載せてます。

タグ:銀魂

3
銀魂という作品は一部だけ知っていてて、
今回描かれる最初の頃の話は知らないという程度の知識で、
観に行きました。


1.キャスト、演技
あんな豪華キャストが、あんなことや、
こんなことまでするなんて・・・です。
小栗旬の銀さんっぷりはかなりのものでした。
カッコいいカットがたくさんあって、
銀さん役が小栗旬でよかったねと思いました。
個人的には長澤まさみのお妙さんが最高でした。
美貌、演技すべて最高でした。MVPです。
あと佐藤二郎が面白すぎます。
銀魂とかは関係なく佐藤二郎だけ佐藤二郎でした。


2.コメディ演出
あの大きなスクリーンで、あの豪華キャストで、
こんなに予算も使って、
コントみたいなおバカなコメディをやります。
映画とは思えない、ドラマでもやらない、
コントでもここまでやらない、
そんなぶっ飛んだことをやってくれてます。
しかしこれは、銀魂でやっていたこと、
銀魂ならこうするだろうと思われることを、
ただただ再現しているに違いありません。
映像を再現するのに使っているものの豪華さと、
やっていることの馬鹿馬鹿しさのギャップがたまりませんでした。

あとどうしても感じてしまうコスプレ感、
実写化としてのしょっぱさも、
銀魂という世界なら許せてしまうのがずるいです。
むしろそれを逆手にとって面白くしてるまであります。
これはずるいです。


3.まとめ
キャラクターも、コメディも、アクションも、人間ドラマも、
銀魂という作品を真正面から作り上げている気迫、
原作への愛を感じる映画でした。
ここまでやると清々しいです。
豪華な食材を全部ごちゃ混ぜにしたカレーのような作品でした。
あとUVERworldの主題歌で作品の熱量とカッコよさが三割増しになってました。
UVERworldに感謝ですね。続きを読む

今日友達とカラオケに行ってきました。
用事の後ついで行ってきたので、歌いたい曲もなく困ってしまいました。
ちゃんと新しい曲を仕入れてこよう。
そして、最近の歌とボーカロイドの歌は全然わからん。
まだ若いのにね。

最近GREEのゲームにハマってます。特にガンダムマスターズ。
他のもやってますが、ほとんどガンマスをやってます。
ガンマスは僕が友だちへ誘ったので、
一番ハマッてるのはおかしな話じゃないです。
そしてスマホの電池の減りが普段の倍くらい早いです。
ほどほどにしときたいと思います。電池パックの為に。

今日の銀魂’はヒドかった。米堕卿の声がシャアの人って。
しかもカイエーンに合体とか、ライ×ィーンってことですかね?
そしてちょくちょくいい話を入れてくるから、
わけのわからないことになってます。
今まで銀魂って見たことなかったですが、見てよかったです。
それにしてもゴールデンタイムでやるには、
内容がやばすぎると思うんですけど。

ガンダムAGE。色々と突っ込みどころがありすぎて、
最後まで観ようか迷ってます。
でも次回ウルフさんの新機体「Gエグゼス」が出るようなので、
それだけを楽しみにしてます。それにしても、
新機体できるの早すぎ&ジェノアスカスタムの出番はもうないの!?
と思ってしまいます。
それにガンダムの性能を参考にせずに、
ホイホイ強いのを作れるんでしょうか。話の内容は別として、
理に適ってるちゃんとした設定にしてほしいものです。
あまりにも大雑把だと、
ターゲットである子どもからも見放されちゃいますよ。

っということで日記も交えた最近の趣味の話でした。
ではまた明日。続きを読む

↑このページのトップヘ