SUWAblog

Since2006/3/10

長澤まさみ

「宇宙一バカな侍だコノヤロー!!」銀魂3

銀魂という作品は一部だけ知っていてて、
今回描かれる最初の頃の話は知らないという程度の知識で、
観に行きました。


1.キャスト、演技
あんな豪華キャストが、あんなことや、
こんなことまでするなんて・・・です。
小栗旬の銀さんっぷりはかなりのものでした。
カッコいいカットがたくさんあって、
銀さん役が小栗旬でよかったねと思いました。
個人的には長澤まさみのお妙さんが最高でした。
美貌、演技すべて最高でした。MVPです。
あと佐藤二郎が面白すぎます。
銀魂とかは関係なく佐藤二郎だけ佐藤二郎でした。


2.コメディ演出
あの大きなスクリーンで、あの豪華キャストで、
こんなに予算も使って、
コントみたいなおバカなコメディをやります。
映画とは思えない、ドラマでもやらない、
コントでもここまでやらない、
そんなぶっ飛んだことをやってくれてます。
しかしこれは、銀魂でやっていたこと、
銀魂ならこうするだろうと思われることを、
ただただ再現しているに違いありません。
映像を再現するのに使っているものの豪華さと、
やっていることの馬鹿馬鹿しさのギャップがたまりませんでした。

あとどうしても感じてしまうコスプレ感、
実写化としてのしょっぱさも、
銀魂という世界なら許せてしまうのがずるいです。
むしろそれを逆手にとって面白くしてるまであります。
これはずるいです。


3.まとめ
キャラクターも、コメディも、アクションも、人間ドラマも、
銀魂という作品を真正面から作り上げている気迫、
原作への愛を感じる映画でした。
ここまでやると清々しいです。
豪華な食材を全部ごちゃ混ぜにしたカレーのような作品でした。
あとUVERworldの主題歌で作品の熱量とカッコよさが三割増しになってました。
UVERworldに感謝ですね。続きを読む

「裏切り御免」隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS2

講義休講の為、一日休みができたので観てみました。

長澤まさみが強い姫君の役なのですが、
演技はなかなかだったけど顔と声に合わない・・・。
やっぱり普通の女の子の役が一番ですよ。
それ以外のキャストも豪華でしたが、
キャラづけが薄っぺらいせいか、みんなぱっとしませんでした。
そして全体的にセリフがちょっと聞きとりにくかったなと思いました。
もっとはっきりしゃべるよう指示してほしかったです。

アクションシーンですが、まず映像は良かったです。
凝った大型セットとエキストラの数が壮大で、
大作だなと思わせてくれます。大爆発シーンもなかなかでしたが、
音の迫力はあんまりなかったです。
そして、殺陣などのアクションシーンはイマイチ。
スピード感はないし、カメラワークもシーンをとらえきってない。
シーン自体の数もそれほどないし、
アクションが売りな映画じゃないのかな?
っと思ってしまいました。

物語ですが、イマイチ分かりにくい。
説明や状況説明が下手なせいか、どうも筋がつかめなかったです。
もっとじっくり説明してほしかったなと思いました。
人間ドラマはそこそこ良かったと思います。
民とその上に立つ者の関係が良かったなと思いました。
ただし、それ以外のドラマ要素はほとんどないです(笑)

総じて「一体何だったんだろう」っと思った映画でした。
アクション、物語が微妙で、
強いて言うと人間ドラマぐらいが良かったです。
とても悪い映画じゃないんですが、内容のないカラッポな映画でした。
そしてここは個人的な感想ですが、
樋口真嗣監督は特撮監督に専念した方が良いと思います。
ん〜全体的に辛口になっちゃったな(笑)御免。

「助けてください!」世界の中心で、愛を叫ぶ4

超ベター、そしてちょっと時代遅れな映画でごめんなさい(笑)
何気に観たことなかったんです。

演技は、柴咲コウが上手いです。
涙を流すシーンは、なんであんな風に出るんだろうと思ってしまうくらいです。
それとセカチューのメインは長澤まさみなんだなと思いました。
こんなやつおらへんやろっと思うくらい、可愛いです。
その分、切なさも増してきます。

物語は正直言って突っ込みどころ満載。
リアリティを求めたら成り立たないくらいです。
でも恋愛映画ってだいたいそんなものですから、気にしちゃダメです。
突っ込みどころ満載なところ以外は、決して悪くないですから。
そして物語上、最後が大体わかるんですがそれがかえって切ないです。
現代の主人公が過去の思い出の場所を回るのが、
一掃切なさを増しています。これもまた演出の一つなんだなと思いました。

突っ込みどころ満載でも感動してしまいます。理由は、スタッフの底力。
まずは映像。切ないシーンでは青、懐かしい青春時代はセピア系、
それ以外は紫など映像の色合いを使い分けられてます。
光の色が物や人物にかぶさっている映像で、
カメラワークも写真に写したように綺麗です。
そして監督の演出。現代と過去を行き帰しながら進んでいくのですが、
現代と過去がリンクした映像の演出が上手いです。行定監督はすごいわ。

多少突っ込みどころのある物語でも、
キャストや演出のお陰でとても切ない、良い映画になっています。
思わずちょっと感動しました。
物語が映画の全てじゃないっと思わせてくれるような映画でした。
純愛物語が好きな人でまだ観てない人は、観た方がいいですよ。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: